CUCURU(ククル) > スポット一覧 > , , , , > 豊田市和紙のふるさと工芸館【愛知県・豊田市】

豊田市和紙のふるさと工芸館【愛知県・豊田市】

小原地区にある、『豊田市和紙のふるさと工芸館』。

およそ500年前の室町時代から続いている伝統的な和紙作りを、体験することができます。

和紙の原料は、“コウゾ”という植物の皮。コウゾの皮を煮て、つぶした繊維をムラなく水の中に広げるために入れるのが、“トロロアオイ”をつぶした粘液。それらを合わせたものが、和紙になります。

液体を専用の道具で水をこし、ベースとなる和紙ができたら、染料で染めた5色のコウゾで、好きなデザインに色付けすることが可能。

また、水を落としたりスプレーで吹きかけたりすることで、水玉や波の模様を付けることができます。

『和紙のLEDキャンドル作り体験』(1,500円、リモコン別売り600円)は、おすすめの体験。紙すきした和紙をLEDキャンドルに貼り付けて電気を付ければ、和紙を通してやわらかな光があたりを照らします。

お子さんでも簡単にできる紙すき、ぜひみなさんも体験してみてくださいね。

スポット情報

スポット名 豊田市和紙のふるさと工芸館
住所 愛知県豊田市永太郎町洞216-1
電話番号 0565-65-2953

地図