CUCURU(ククル) > スポット一覧 > , , , > コッペパンとコーヒー 三ツ山猫ストア【名古屋市・千種区】

コッペパンとコーヒー 三ツ山猫ストア【名古屋市・千種区】

2019年4月13日に愛知県名古屋市千種区にオープンした『覚王山にコッペパンとコーヒー「三ツ山猫ストア」』は、覚王山・本山・東山・猫洞エリアの人気店をメインにしたコラボサンドとスペシャリティーコーヒーを楽しめるお店。週に3日間、土・日・月だけ営業されています。

広々とした店内は陽射しがたっぷり入り、開放的な雰囲気。そんなリラックス空間の中でいただける『コッペパンサンド』は、注文を受けてから作られるのだそう。覚王山・本山・東山・猫洞エリアを愛するオーナーが開いたお店だからこそ、同エリアの人気店とコラボしたメニューが!

中でもおすすめなのが、覚王山エリアのフルーツサンドの人気店『ボンマテリエル』の生クリームを使った『フルーツ&生クリーム』(税別420円)。小麦の香るコッペパンには、甘すぎない生クリームと旬のフルーツがたっぷり挟み込まれています。

そして、卵好きは常滑『デイリーファーム』のおいしい『米たまご』を使っただし巻き卵とたまごサラダの両方を挟んでいる『だし巻き卵とたまごサラダの玉子』(税別350円)をチェック。王道の人気たまごメニューのダブルサンドは、ありそうでなかったおいしさ。

店内には他にも、『メツゲライ イノウエ』のベーコンを使った『IFFA世界金賞受賞!覚王山ベーコン』(税別470円)や、同じく覚王山の人気店『和菓子菓寮ocoboのアイスコッペ(きな粉or抹茶)』(税別450円)、愛知県・日進町の『葡萄のふくおかさんのジャム(いちごorみかん)』(税別350円)など、こだわりのサンドが12種類も勢ぞろい。

コッペパンはテイクアウトもOK。保冷剤も入れてくれるので、安心して持ち帰れます。

また、絶品コッペパンはお店で飲める、本山のコーヒー専門店『ブラックバードコーヒー』の『スペシャルティコーヒーG#』(税別450円)と共に楽しむのも◎

さっぱりしたい時は和菓子菓寮ocoboで使用している岐阜県恵那市の『水野寒天』を使った『クリームソーダ』(税別550円)もおすすめです。

なお、『コッペパンとコーヒー 三ツ山猫ストア』では、個人で活動している作家さんの展示即売イベントも不定期で開催。詳しいイベント情報はお店のインスタグラムでチェックしてみてくださいね。

スポット情報

スポット名 コッペパンとコーヒー 三ツ山猫ストア
住所 愛知県名古屋市千種区田代町四観音道東 116-11 丸美ビル2F
営業時間 10:00~18:00(LO:17:00)
定休日 土日月(イベント時は臨時営業)
HP https://www.instagram.com/mituyamaneko/

地図