CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 夏でもお弁当を安心して持ち運べる!保冷剤が一体化したお弁当箱に注目

夏でもお弁当を安心して持ち運べる!保冷剤が一体化したお弁当箱に注目

緊急事態宣言が解除され、在宅ワークから出社スタイルに戻るのに合わせて、お弁当生活を再開した人も多いのでは?そこで今回ご紹介するのは、保冷剤が一体化したランチボックス「GEL-COOL(ジェルクール)」です。気温が高い今の時期でも、安心してお弁当を持ち歩けますよ。

蓋と保冷剤が一体化したランチボックス

「GEL-COOL(ジェルクール)」は、蓋が保冷剤になっているランチボックスです。生まれたきっかけは、お母さんの「夏場でも食中毒を心配せず子供にお弁当を食べて欲しい」という愛情からでした。

蓋の内部には保冷ジェルが封入されています。凍らせて使用することで蓋そのものが保冷材の役割を果たしてくれるため、暖かい日でも安心してお弁当を持ち運びできますよ。蓋は冷凍庫で一晩凍らせればOK。厚みが薄いので冷凍庫の狭い隙間にすっきりと収納でき、保冷剤がグニャリと曲がったまま凍ってしまうことがありません。
朝、冷ましたお料理を詰めたら、凍らせた蓋をセットするだけ。4時間後も15度以下をキープしてくれる効果があるそう。※冷蔵庫で冷やした食材(5度)を入れた場合、外気温25度で4時間程度
食べる際、蓋を外せばレンジで温めることもできます。

GEL-COOLシリーズは、形やサイズ展開・カラーバリエーションが豊富なのも魅力。きっと自分にぴったりのものが見つかりますよ。

カラーバリエーション20色の「square L」

こちらはシンプルなスクエア型のランチボックス。留め具付きで、バンドなしでも蓋がずれにくいのが嬉しいですね。
カラーはなんと20色展開。鮮やかな色を選べば、ランチタイムに元気がもらえそう。

GEL-COOL square L 2,090円(税込)

ペットボトルも一緒に「Fitシリーズ PECO」

こちらは、蓋の上部がペコっと凹んだ変わったフォルム。この溝には、丸型のペットボトルやマグボトルがぴったりとフィットします。バンドで一緒に留めれば、バッグの中でもズレにくく、スマートに持ち運べますよ。

GEL-COOL Fitシリーズ PECO  2,200円(税込)

木の風合いが魅力「mWood ランチボックス SG」

和の雰囲気がお好きなら、こちらはいかがでしょう。高知県産の土佐古代杉を使ったランチボックス。木の蓋と保冷蓋の2つがセットになっているので、夏場は保冷蓋、冬場は木の蓋、と季節やシーンによって使い分けができます。

mWood ランチボックス SG 保冷蓋付 9,900円(税込)

夏のお弁当生活を快適に楽しく

GEL-COOLシリーズは、公式オンラインストアにて購入できます。ご紹介したランチボックスの他にも、選ぶのに迷ってしまうほど種類が豊富。ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

日本には、四季があります。季節ごとの素晴らしさを味わえると同時に、湿度や気温の高い過酷な気候を乗り越えなくてはならず、古来から快適に夏を過ごす工夫を凝らしてきました。そんな環境を持つ日本で生まれた「GEL-COOL」。暮らしに取り入れ、暑い季節を楽しみながら、安心して快適に過ごしてくださいね。
writer / NIKO photo / GEL-COOL

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。