CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 無造作でもおしゃれ!「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

無造作でもおしゃれ!「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

画像:八田和子

デザイン性が高いワイヤーバスケットを収納用品として使いたい方は多いと思います。

ただ、中が丸見えなので、イマイチ使う自信がないという方へ、今回は“ワイヤーバスケット”を上手に活用するためのテクニックを、収納プランナーの八田和子さんがご紹介します。

■収納するアイテムの色数は少なく!

「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

画像:八田和子

ワイヤーバスケットの良いところは、中身が見えるので、何が入っているのか一目瞭然。

だからといって、何も考えずしまってしまうと、ごちゃついた印象になってしまいます。できるだけ色数は少なめにして、落ち着いたトーンにするとおしゃれにまとまります。

 

■空間を大切に!

「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

画像:八田和子

ワイヤーバスケットを使うと、圧迫感がなく、隠す収納よりすっきりと見えます。もちろん、すべて同じ収納ケースを並べて置くのも統一感があって良いのですが、ワイヤーバスケットをプラスすることで、かなりすっきりして見えます。

ただ、バスケットの中身をギューギュー詰めにしてしまうと窮屈な印象になるので、詰め込みすぎず、空間を作ってあげてくださいね。また、洗面所など水回りで使うときは、濡れてしまう可能性があるので、ステンレス素材のものを選びましょう。

 

■目隠しを活用

「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

画像:八田和子

ダイソーには目隠しの布がはられた『ワイヤーバスケット(35×25×18cm)』が、300円(税別)で売られています。これなら中身が見えないので、CDやDVDを入れて置いても良いですね。

 

■ラウンド型ならさらにおしゃれ!

「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

画像:八田和子

いろいろな種類のワイヤーバスケットがありますが、なかでもラウンド型は置いておくだけでも絵になります。

ブランケットなど、無造作に入れた方がおしゃれに見えます。ちなみにこちらのラウンド型ワイヤーバスケット(30×20×30cm)は、ダイソーの300円(税別)商品です。これで300円とは驚きです。

 

■アイテムを放り込むだけでOK

「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

画像:八田和子

読みかけの雑誌や新聞を適当にカゴにいれ、床にポンと置いておいても、ごちゃつきを感じず、おしゃれにまとまって見えます。

「ワイヤーバスケット」活用の収納テク

画像:八田和子

トイレットペーパーも無造作に放り込んでしまうだけで、トイレがおしゃれ空間に変わります。

 

いかがでしたか?

ワイヤーバスケットは水回りだけでなく、リビングなどさまざまな場所で使えるアイテムです。あちこちに散乱してしまう細々としたものもワイヤーバスケットに入れておくだけで、おしゃれにまとまって見えます。ぜひ、お試しください。

【おすすめ記事】

ローソンの「おすすめ新作パン」3つ

ダイエッターを支える「ヘルシーレシピ」4選

詰めても乗せても!「油揚げ」活用レシピまとめ

注文住宅「わきよし建築」のこだわり(AD

【画像】
※ 八田和子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。