CUCURU(ククル) > グルメ > お弁当のおにぎりにも!旨み広がる「混ぜご飯」レシピ集

お弁当のおにぎりにも!旨み広がる「混ぜご飯」レシピ集

画像:大橋千珠

白米だけでも十分おいしいのですが、香りや見た目、食感を一度に楽しめる混ぜご飯も魅力的ですよね。

そこで今回は、CUCURUで過去に紹介した記事の中からいくつかピックアップして、おにぎりにしてもおいしい“混ぜご飯のレシピ”をご紹介します。

■1:たけのこご飯

画像:大橋千珠

まずは定番のたけのこご飯。作ったことがあるという方も多いのでしょうか?

今回はある“モノ”を使ってより簡単においしく仕上げるレシピをご紹介します。

画像:大橋千珠

<材料>

米・・・4合

人参・・・1/2本

茹でたけのこ・・・200g

お吸い物の素・・・4袋

米を研いだ後に分量の水に2時間浸水させます。そして、切ったたけのこ、そぎ切りにした人参、お吸い物の素を入れて炊飯します。

完成したたけのこご飯は香りも味わいもよく、早く食べたいと思うこと間違いなし! 土鍋を使う場合は強火で10分、中火〜弱火で10分、余熱10分で炊いてみてくださいね。

 

■2:アスパラの混ぜご飯

画像:大橋千珠

続いてはアスパラの混ぜご飯。鮮やかな緑と食感の心地よさを楽しめそうですね。

ポイントはアスパラを別茹ですること! ご飯と一緒に炊いてしまうと、アスパラの緑がくすんで色合いのよさが失われてしまいます。

画像:大橋千珠

<材料>

ご飯・・・1膳分

アスパラ・・・1本

コーン・・・大さじ1

岩塩・・・適量

まずは硬いアスパラの下の部分をピーラーで皮を取り除きます。そして、沸騰したお湯に下の部分だけ20秒間浸けた後、今度は全部入れて2分ほど茹でます。時間はアスパラの太さによって調整してくださいね。

茹で終わったらすぐに冷水で洗うことで鮮やかな緑色を出すことができます。

アスパラ1本分を細かく切り、コーン大さじ1、岩塩と一緒にご飯1膳分に混ぜたらできあがり!

 

■3:白菜混ぜご飯

画像:大橋千珠

次は白菜を使った混ぜご飯。

オレンジ色の白菜を使うとより色が映えるのでおすすめ。

画像:大橋千珠

オレンジ白菜は塩もみして30分くらい置き、水分が出てきたら絞って水分を切ります。

トースターで7〜8分焼いてほぐした鮭、ピザ用チーズをご飯に混ぜてブラックペッパーをふったら完成。おにぎりにしてお弁当に入れてもいいですよ。

 

■4:大根の炊き込みご飯

画像:大橋千珠

最後は大根の炊き込みご飯。和風の味付けで食べやすく仕上げるレシピをご紹介します。

食感も失わずにおいしく食べられますよ。

画像:大橋千珠

<材料(4人分)>

米・・・2合

だいこん・・・3cm

人参・・・5cm

油あげ・・・1枚

ツナ缶・・・1缶

砂糖・・・大さじ1

みりん・・・大さじ1

醤油・・・・大さじ1

5mm角に切った大根、人参を、ツナ缶の油を入れたフライパンで炒めます。大根は炊いても煮てもおいしい真ん中の部分を使うのがおすすめ。そこにツナも加えてさらに炒めます。

米は調味料と分量より少なめの水、炒めた具材を入れて炊飯し、あとは炊き上がるのを待つだけ! 定番の野菜でできるので試しやすいですよ。

 

いかがですか?

いくつかの野菜を使った混ぜご飯をご紹介しました。皆さんもぜひ作ってみてくださいね。

【おすすめ記事】

現役主婦が教える「時短料理レシピ」3品

はさんで焼くだけ「ホットサンド」レシピ5つ

セブンイレブンで見つけた「もっちりパン」3つ

注文住宅「わきよし建築」のこだわり(AD

【画像】
※ 大橋千珠

※この記事は、2017年12月~2020年5月に記事化した内容です。