CUCURU(ククル) > グルメ > おうち飲みにおすすめ!「お手軽おつまみレシピ」特集

おうち飲みにおすすめ!「お手軽おつまみレシピ」特集

「お手軽おつまみレシピ」特集

画像:大橋千珠

一日の終わり、頑張った自分へのご褒美の一杯。お酒に合うおいしいおつまみをパパッと作って、おうちで居酒屋気分を味わってみるのもおすすめですよ。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介した記事の中から、おつまみレシピをまとめてピックアップしました。それでは、ご紹介します!

■1:豚バラの豪快ネギ巻き

豚バラの豪快ネギ巻き

画像:大橋千珠

まずは、豚バラ肉のスライスを使ったおつまみレシピをご紹介します。

<材料>

ネギの白い部分・・・3本

豚バラスライス肉・・・6枚

塩胡椒・・・適量

豚バラの豪快ネギ巻き

画像:大橋千珠

手順は簡単! まず、ネギ1本に付き豚バラスライス肉を2枚巻きます。お肉を巻いたものにフライパンでこんがり焼き目をつけたら、蓋をして約15分弱火で蒸し焼きにし、最後に塩胡椒をふれば完成です。

豚バラスライスをいろんなものに巻いて焼いてみると、いつもと違った料理になって面白いですよ。

■2:ジャガイモとウインナーのカレー炒め

ジャガイモとウインナーのカレー炒め

画像:大橋千珠

続いては、子どもも大好きな食材である“ウインナーとカレー粉”を使ったおつまみレシピ。

<材料>

ジャガイモ・・・1個(約250g)

ウインナー・・・3本

塩胡椒・・・適量

カレー粉・・・小さじ1

オリーブオイル・・・大さじ1

ジャガイモとウインナーのカレー炒め

画像:大橋千珠

ジャガイモは皮をむき、細切りに。ウインナーは縦半分に切り、斜めに切りましょう。切り終えたら、フライパンにオリーブオイルをひいて、ジャガイモから炒めます。

ジャガイモに透明感が出てきたら、ウインナーも入れて炒めましょう。最後に、塩胡椒とカレー粉で味付けをしたら出来上がりです。

いつもはシンプルに塩胡椒で味付けをする炒め物も、カレー粉をプラスすると風味もよくなりガラッと雰囲気が変わりますよ。

■3:ブロッコリー入りピリ辛ポテトサラダ

続いてはブロッコリーを使ったおつまみを、2つご紹介します。

ブロッコリー入りピリ辛ポテトサラダ

画像:大橋千珠

まずはポテサラ!

ジャガイモは皮付きのままやわらかくなるまで茹でます。茹で終えたら、熱いうちに皮を剥いて、マッシュにしましょう。

その後、一口大に切ったベーコンを炒めたら、先ほどのマッシュポテトに、炒めたベーコン、牛乳、マヨネーズ、粒マスタードを加えて混ぜていきます。

その際に、刻んだブロッコリーも一緒に混ぜてくださいね。最後は、塩胡椒で味を整えれば完成です。

いつものポテトサラダでも、ブロッコリーを入れれば彩りよく変身します。黒胡椒をきかせるのが大人向けにするポイントですよ。

■4:ブロッコリーのオイル炒め

ブロッコリーを使ったおつまみ2つ目は、オイル炒め!

ブロッコリーのオイル炒め

画像:大橋千珠

まずは、むきエビ、ウインナー、舞茸をオリーブオイルで炒めます。

それらがしんなりしてきたら、硬めに茹でたブロッコリーをざっと混ぜて、塩胡椒で味を調整するだけで完成です。

ブロッコリーは油とも相性が良いので、硬めに茹でてオイル炒めにするのもいいですよ。今回使用したような、エビやウインナー、舞茸などの旨味の強い食材と合わせるのがポイントです。

■5:無限ささみ

無限ささみ

画像:野村純子

続いては、ささみを使ってお酒に合う“ジャーキー”を作りましょう。

<材料>

ささみ・・・適量

塩・・・少々

無限ささみ

画像:野村純子

ささみを包丁の背で厚みが2~3ミリになるまで薄くたたいて伸ばし、塩を振ります。それを、オーブントースターなどで様子を見ながら、15分ほど焼きます。

取り出したら、天板に乗せたまま、しっかり冷めるまで待ちましょう。

カラカラに焼いたささみは、まるでエイヒレのような歯ごたえで、ダイエッターさんにもおすすめ! スパイスやハーブとの相性も抜群なので、いろいろなフレーバーを試してみるのも楽しいですよ。

■6:おうちで燻製にチャレンジ

おうちで燻製にチャレンジ

画像:野村純子

自宅で、しかも室内で簡単に“燻製”ができるのをご存じですか? モクモクと煙が出たり、時間がかかったりしそうなイメージですが、初心者さんでも失敗しない方法があります。

おうちで燻製にチャレンジ

画像:野村純子

それが、市販の燻製鍋を使うこと。燻製鍋は、ホームセンターや通販で2,000円台から買うことができますよ。燻製だけでなく、蒸し焼き料理にも使えます。

おうちで燻製にチャレンジ

画像:野村純子

調理時間は、約20分!

まず、鍋にウッドチップを軽くひと握り乗せ、金網にはあらかじめ下ゆでをしておいた鶏むね肉をのせて蓋をします。コンロの中火で5~10分ほど加熱すると、甘く香ばしい木の香りとともにうっすら煙が立ち始めますよ。

そこから約5分、火を消して約10分放置しましょう。その間、換気扇は使用しますが、部屋中がモクモクになるということはありませんのでご安心を。

そうやって燻しおえた鶏むね肉は、赤ワインに合うお手軽スモークに大変身! キッチンで手軽に始めるなら、ウインナー、既製品ベーコン、ゆで卵、ちくわ、チーズ、刺身などがおすすめです。ぜひ色々な食材で試してみてくださいね。

いかがですか。

ご紹介したレシピは、冷蔵庫にある食材でできるものばかり。お店のおつまみのような出来栄えで、家飲みがもっと楽しくなりますね。好きなお酒を用意して、さあ、おうち居酒屋の開店です!

【おすすめ記事】

新作続々登場!コンビニ各社「フラッペ」3つ

1人1食200円以下!簡単「節約レシピ」1日分

美のプロ直伝「太りにくい人の生活習慣」3つ

注文住宅「わきよし建築」のこだわり(AD

【画像】
※大橋千珠、野村純子

※この記事は、2018年11月~2020年5月の情報です。