CUCURU(ククル) > グルメ > えびせんも作れる!? 真似したい「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

えびせんも作れる!? 真似したい「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

自宅で餃子を作ると、微妙な枚数が残りがちな“皮”。「今度作るときに」と思っていると、いつの間にか冷蔵庫の隅で干からびていることも。

そこで今回は、筆者のおすすめの“餃子の皮リメイクレシピ”を3つご紹介します。

■1:パイより簡単!『ポットパイスープ風』

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

耐熱容器に調理済みの温かいスープを注ぎます。通常はパイシートを伸ばしてフタをするのですが、餃子の皮を使いましょう。

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

ふちに水を付けて、ぎゅっと押さえ、表面に溶き卵をうっすらと塗ります。

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

オーブントースターで数分、こんがりきつね色に焼けばできあがり。

パイ生地よりもカリッとしていて、バターを使っていないからあっさり!

 

■2:いろいろ試してみよう!『おやつ餃子』

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

餃子の皮そのものはクセがなく、小麦粉主体でできているので、たいていのものは餃子の皮で包んで焼いたり、揚げたりすることができます。

最近のヒットは和菓子。なかでも、くずもちや大福などがあればベスト。

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

具材はわざわざ準備しなくても、残り物のたまごサラダや、カボチャサラダの他、ペースト状だと使いやすいですよ。

溶けるチーズやカマンベールチーズは、すぐ溶けて流出しやすいので注意! きっちり包むか、溶けないプロセスチーズを入れてみてください。溶けないプロセスチーズは、加熱すれば柔らかくなるのでおすすめです。

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

通常の餃子は、立てた状態で蒸し焼きにすることが多いですが、今回はぺったんこにして、少ない油で揚げ焼きにしてみました。

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

外側がカリッカリで中身がとろ~り! 熱いので気をつけて食べましょう。

 

■3:使うのは調味料だけ!『クラッカー風』

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

お次は、「使えそうな具材が本当にない!」、「すでに乾燥して包めない」というときのお助けリメイク。

薄く油をひいたフライパンに、1枚ずつ並べて焼きます。ナンのようにプクプク膨らんで、こんがりしてきますよ。

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

左から、ステーキスパイス、カレー塩、パルメザンチーズとパセリ、エビ油。あるもので何でも試してみると、食べたことがあるスナック菓子のような味に出会えることがあります。

あっと驚く「餃子の皮のリメイクレシピ」特集

画像:野村純子

エビ油は、業務用のスーパーやカルディなどでも最近人気の調味油。数滴たらせば、まるでエビせんですよ!

 

いかがですか?

これからは「残っちゃった」じゃなくて、「数枚残してアレを作ろう!」って思えたらいいですよね。ぜひお試しください。

【おすすめ記事】

 三重・津『一汁一飯』のこだわりおにぎりが美味

「下腹ぽっこり」が目立ちやすいファッション3つ

コンビニ「高カロリー&絶品菓子パン」4選

注文住宅「わきよし建築」のこだわり(AD

【画像】
※野村純子

※ この記事は、公開日時点の情報です。