CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ウエストが気になる方は注意!「下腹ぽっこり」が目立ちやすいファッション3つ

ウエストが気になる方は注意!「下腹ぽっこり」が目立ちやすいファッション3つ

注意したい「下腹ぽっこりが目立ちやすい服」3つ

画像:栗木史乃

年齢と共に気になってくる下腹ぽっこり。最近は運動不足で、気になってきたという方も多いのではないでしょうか。これから薄着になるとますます隠しにくくなりますよね。

今回は、スタイリストの栗木史乃さんが、これから着るときに避けたい“下腹ぽっこりが目立つNGアイテム”をご紹介します。

■1:ハイウエストパンツ

ハイウエストパンツ

画像:栗木史乃

ウエスト位置が上がることで脚長に見えると人気のハイウエストパンツ。でも、ウエストにタックの入ってないものは、お腹が目立ち太って見えてしまう場合も。

タックが入っておらずウエストや腰周りがピッタリしたパンツは、身体のラインに沿い下腹が目立ちやすくなります。タックなしなら、ウエストはジャストサイズでも、腰周りやヒップは少しゆとりがあるものを選ぶと、下腹ぽっこりも目立ちにくくなります。

タック入りのものならウエストから下にタック分のゆとりがあるので、下腹のぽっこりがカモフラージュできます。これから購入するならタック入りパンツがおすすめですよ。

手持ちのボトムを履いたときにお腹が目立って気になる場合は、長めのペンダントやスカーフで目線を逸らすのも有効です。

 

■2:タイトスカート

タイトスカート

画像:栗木史乃

ここ数年のスカート人気で、久しぶりにスカートが履きたくなったという方も多いのではないでしょうか。

ロングのタイトスカートもたくさん出ていますよね。でも、腰周りのぴったりしたタイトスカートはぽっこり下腹が目立ちやすいアイテム。

タイトスカートなら合わせるトップスを少しゆとりのあるものを選び、下腹の膨らみの上部にふんわりかかる程度に裾を出しながら中にインすると、お腹が気になりにくくなりスッキリ着られます。

他にもペプラムトップスと合わせるとさりげなく下腹や腰周りがカバーできます。

薄い生地は肉感を拾いやすいので、身体に沿ったデザインのものは生地の厚みがあるものを選ぶのがポイントですよ。

 

■3:リブトップス

リブトップス

画像:栗木史乃

リブトップスは、リブの縦線でスッキリ見せができると言われていますね。でも、リブ素材は伸縮するので体にフィットし下腹が目立つアイテムでもあるんです。

リブトップス

画像:栗木史乃

リブトップスは、裾まで全て伸ばして着ると下腹を包み込みぽっこりを強調してしまいます。裾は全て出さないで、内側に折り込みましょう。

ボトムに入れるとトップスの裾の厚みでさらにお腹がぽっこりと見えてしまうこともあります。リブ素材ならボトムに入れずに内側に折り込んでも落ちて来にくく、折り込む方がスッキリ見せられますよ。

 

いかがでしたか?

手持ちのアイテムでも気こなし次第でお腹が目立って見えたり、痩せて見えたりします。

お家の鏡の前で裾を出したり入れたり、小物をプラスしたりなどいろんな着こなしを試してみると、意外な発見があるかもしれませんよ。ぜひ試してみて下さいね。

【おすすめ記事】

材料3つで誰でも簡単「フルーツ飴」レシピ

昭和区『ファニーズカフェ』のゆめかわサンド

ファミマで見つけた「新作パン」3選

快適でおしゃれな『わきよし建築』の注文住宅(AD

【画像】
※ 栗木史乃

※ 記事の情報は公開日時点のものです。