CUCURU(ククル) > グルメ > 大福とどら焼きが一体化!? セブン-イレブンの「もちもちスイーツ」特集

大福とどら焼きが一体化!? セブン-イレブンの「もちもちスイーツ」特集

セブンの「もちもちスイーツ」特集

画像:野村純子

みんな大好きな“もちもち食感”のスイーツ、各コンビニから多数販売されています。

今回はセブン-イレブンのスイーツから4つおすすめのものをご紹介します。

■1:ボリューム感が最強!『大福生どら』

ボリューム感が最強!『大福生どら』

画像:野村純子

どら焼きも大福も人気の和菓子ですが、一体化するとこんなにインパクトがあるのですね!

ボリューム感が最強!『大福生どら』

画像:野村純子

しっとりしたどら焼き生地、ふわふわの牛皮に包まれたバニラホイップ、甘さ控えめのつぶあん、それぞれ単独で食べても、ひと息に食べても味わい深いもの。

ボリューム感が最強!『大福生どら』

画像:野村純子

どら焼きとおもちのマッチング、他の方が評価するほど意外性を感じなかったのには理由があります。

それは、東海エリアの人々にはなじみのある銘菓……岐阜県の“あゆ菓子”に通じるものがあり、むしろ懐かしささえ感じたからです。

カロリーに関しては、ボリュームどおりの518kcalなので、食べ過ぎにはご注意を。

 

■2:『凍らせてもおいしい 苺わらび』

『凍らせてもおいしい 苺わらび』

画像:野村純子

とろけるような柔らかさのわらび餅の中に、苺果肉の粒が入ったホイップクリームが入っています。

『凍らせてもおいしい 苺わらび』

画像:野村純子

凍らせるとおいしいと書いてありますが、凍らせてもお餅部分はカチカチになりませんでした。こぼれそうなので筆者はスプーンを用意しました。

『凍らせてもおいしい 苺わらび』

画像:野村純子

つぶつぶ苺のクリームが、ちょうどよい甘酸っぱさです。小ぶりだけどなかなか満足感のあるひと品でした。

 

■3:生地が特徴的!『ちょこもちたい焼き』

生地が特徴的!『ちょこもちたい焼き』

画像:野村純子

たい焼きに関しては、端っこがカリッとした焼きたてが好きなのですが、今回は“もちもち食感”を求めて購入。

生地が特徴的!『ちょこもちたい焼き』

画像:野村純子

大きさは一般的なたい焼きと同じくらい。

生地が特徴的!『ちょこもちたい焼き』

画像:野村純子

あたためてもいいそうなので、500wの電子レンジで30秒加熱。チョコクリームがとろーんとして、わらびもちのようなもちもち食感になりました。

さらに、先ほどの『苺わらび』と同じように冷凍してみましたが、こちらもカチカチにはならず、おいしくいただけました。

 

■4:低カロリー『もっちりわらび餅 苺ミルク』

低カロリー『もっちりわらび餅 苺ミルク』

画像:野村純子

2020年1月に低カロリースイーツとして紹介した商品(画像は当時のもの)ですが、また最近再販されています。

低カロリー『もっちりわらび餅 苺ミルク』

画像:野村純子

苺果肉のソースがかかった、名の通りもっちりしたわらび餅。苺とわらび餅の組み合わせは、不動の人気のようです。

 

いかがでしたか?

もちもち食感スイーツはまだまだ登場しそうです。品ぞろえは店舗により異なる場合がありますので、お店でチェックしてみてくださいね。

【おすすめ記事】

鶴舞の人気ビストロ『ルボ飯』のテイクアウト

コンビニ各社「サンドイッチ」食べ比べ!

材料は5つ!「簡単スフレパンケーキ」レシピ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※野村純子

※ この記事は、公開日時点の情報です。