CUCURU(ククル) > グルメ > スーパーでもう迷わない!「定番野菜の見分け方」4選

スーパーでもう迷わない!「定番野菜の見分け方」4選

「定番野菜の見分け方」4選

画像:大橋千珠

スーパーで野菜を選ぶとき、迷うことはありませんか? より新鮮でよりおいしい野菜を見分けられたら、うれしいですよね。

CUCURUの記事では、野菜のプロが教えるおいしい野菜の見分け方をいくつかご紹介しています。そこで今回は、定番野菜の見分け方を4つまとめてピックアップしました。それでは、ご紹介します。

■1:レタス

レタスの見分け方

画像:大橋千珠

まずは、レタスの見分け方をご紹介しましょう。

結球タイプのレタスは、みずみずしくハリのあるものを選ぶと良いですよ。切り口は10円玉くらいが理想です。

レタスの見分け方

画像:大橋千珠

まるごと保存する場合は、芯を薄く切り、濡れたキッチンペーパーを当てるか小麦粉をまぶすかして、袋に入れ野菜室で保管します。

サラダの他、サンドイッチやスープ、炒め物など様々なレシピに活用してくださいね。

■2:人参

おいしい人参の選び方

画像:大橋千珠

次は、人参です。おいしい人参を見分けるポイントは2つあります。

まず見るのは、皮と形。皮にハリがあって、先までずんぐりしたものを選んでください。果皮の色が鮮やかなものがいいですね。

おいしい人参の選び方

画像:大橋千珠

そして、芯にも注目! 芯は細いほうが中まで柔らかいと言われています。

人参は加熱すると甘みが増しますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

■3:ブロッコリー

ブロッコリーの見分け方

画像:大橋千珠

続いては、ブロッコリー。おいしいブロッコリーを選ぶときのポイントも2つ!

ブロッコリーの見分け方

画像:大橋千珠

まずは花蕾(からい)を見ましょう。ブロッコリーは蕾がたくさん集まっていますが、緑色でぎゅっとしまっているものが良品です。

軸は太くてハリのあるものを選んでください。さらに空洞の空いていないものがおすすめ。軸も甘みがあっておいしいですよ。

ブロッコリーはオイル炒めにしたり、ポテトサラダに入れたりするのもおすすめです。

■4:大根

大根の選び方

画像:freeangle / PIXTA(ピクスタ)

最後は、大根。煮込んでもおいしいし、サラダやすりおろして生で食べてもおいしいので重宝しますよね。

そんな大根は、硬くてハリのあるものを選ぶと良いですよ。

葉っぱ付きで販売されている場合は、葉っぱが生き生きした濃い緑色、しんなりしていなくハリのあるものを選んでください。

大根の選び方

画像:大橋千珠

葉付きの大根を購入した場合は、すぐ葉っぱと根を切り離してくださいね。葉っぱはベーコンと炒めたり、チャーハンに加えたりしてもおいしいですよ。菜飯もおすすめ!

大根は千切りにして、醤油・砂糖・米酢などで甘酸っぱく味付けすれば、簡単サラダの完成です。ぜひお試しくださいね。

いかがですか。

注目すべきポイントをしっかり押さえれば、今日からあなたも野菜の目利きの達人! ぜひ参考にしてくださいね。

【画像】
※大橋千珠、freeangle / PIXTA(ピクスタ)

※この記事は、2020年1月~2020年4月の情報です。