CUCURU(ククル) > ライフスタイル > もう失敗しない!プロ直伝の「ネットで服を買うポイント」3つ

もう失敗しない!プロ直伝の「ネットで服を買うポイント」3つ

画像:ヤシの木 / PIXTA(ピクスタ)

新しい洋服が購入したくても店舗に行けないとき、ネット通販だとおうちで時間も選ばずゆっくりお買い物ができて便利ですよね。でも、ネット通販は実際に商品が届いてみたら「思っていたのと違った」などと失敗した経験がある人も多いのでは?

今回は、スタイリストの栗木史乃さんが、ネット通販を購入する際に気を付けたいポイントをご紹介します。

■商品の実寸サイズをチェック

画像:FotoDuets / Shutterstock

ブランドやデザインが異なれば、いつものサイズと変わることがあります。いつもMサイズだからと言って実寸サイズを確認しないで購入するのは失敗の元。気になる洋服を見つけたら実寸サイズをチェックして、手持ち服と寸法を比べてみましょう。

ワイドパンツが気になるアイテムなら、手持ちのスキニーパンツのようなタイトなシルエットの物よりは同じように少しゆとりのあるアイテムと比べてみるとさらに分かりやすくなります。手持ちのアイテムと比べることで、商品のサイズを実感しやすくなりますよ。

あとはサイトで着用しているモデル身長もチェックしてみましょう。身長を確認することで着たときの丈感が自分の身長での着用時とどの位変わるか参考になりますよ。

 

■口コミや他のサイトをチェック

画像:Greyscale / PIXTA(ピクスタ)

口コミがある場合は、口コミをチェックしてみましょう。自分と同じ位の身長や体重の人の口コミを中心に見てみると、サイズ感も分かりやすいですよね。

サイズ以外にも、色や素材のことも要チェック。思っていたよりも色が暗かった、生地が薄かった、しわになりやすかったなどの情報が掲載されていることもあります。色は、モデル着用画像と商品画像の色では違って見えることも。モデル着用画像は、太陽光の下やライトで色を飛ばした環境で撮影するので、商品画像とよく見比べてみましょう。

他にもブランドや商品名を検索してみると、他のサイトで同じアイテムが見つかることも。サイトが変わるとアングルの違う写真や商品についての追加情報が掲載されている場合もあります。見ていたサイトよりも価格が安いアイテムもあるので、購入前に他のサイトも検索してみては。

 

■素材や洗濯方法をチェック

画像:Syda Productions / Shutterstock

デザインが気に入って購入しても、伸びない生地で着心地が悪かったり洗濯したらしわだらけになってしまったりで、結局着なくなってしまった経験はありませんか? 素材や洗濯方法をチェックすることで、購入前に失敗することが少なくなります。

綿や麻はしわになりやすいので、100%の物よりはポリエステルなどが含まれた物だとしわになりにくくなり、洗濯も乾きやすくなります。ブラウスやシャツはポリエステル混紡を選ぶとアイロンも少なくて済みますよ。

パンツなどはストレッチの効いている方が生地が伸びて履きやすくなります。その場合は、ポリウレタンが3%ほど入っている物を選びましょう。ただ、生地が薄いと身体の肉感を拾ってしまうこともあるので生地の厚みにも注意を。

洗濯方法は、クリーニングのみやドライオンリーの物もあります。クリーニングのみだと着なくなってしまったり、ドライオンリーなのに普通に洗濯して生地が傷んでしまったりすることがないように、購入前にチェックしておくと安心ですよ。

 

いかがでしたか?

購入を決める前に、チェックポイントを確認しておくとネット通販でも失敗が少なくなりますよ。参考にしてみて下さいね。

【おすすめ記事】

鶴舞の人気ビストロ『ルボ飯』のテイクアウト

コンビニ各社「サンドイッチ」食べ比べ!

材料は5つ!「簡単スフレパンケーキ」レシピ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※ FotoDuets、Syda Productions / Shutterstock、ヤシの木、Greyscale / PIXTA(ピクスタ)

※ 記事の情報は公開日時点のものです。