CUCURU(ククル) > ライフスタイル > コツはダイソーグッズ!? 意外と困る「小物のおしゃれ整理術」7つ

コツはダイソーグッズ!? 意外と困る「小物のおしゃれ整理術」7つ

意外と困る「小物のおしゃれ整理術」7つ

画像:八田和子

型崩れが気になる帽子やカバン。どうやって収納したらよいのか困りますよね。

そこで今回は、おしゃれアイテムである帽子やカバンの収納術をご紹介します。

■1:クローゼットにS字フックで収納

クローゼットにS字フックで収納

画像:八田和子

やはり帽子はお洋服と一緒に収納するのが1番使いやすいもの。

大きめのS字フックでクローゼットに吊るしましょう。注意点として、小さめのS字フックだと、ハンガーバーに掛からないので、大きめを用意してください。

今回使用したものはダイソーの『アルミニウムS字フック11cm・2個入』(税別100円)。

クローゼットにS字フックで収納

画像:八田和子

こちらは、帽子だけではなく、カバンを吊るすのにも使えますよ。

 

■2:突っ張り棒で収納

突っ張り棒で収納

画像:八田和子

突っ張り棒を使って、帽子のつばを差し込めば、しっかりと帽子を収納することができます。

これなら隙間スペースを使えるので、うれしいですね。ただ、帽子の形状によっては、上手に収まらないものもありますのでご注意を。

 

■3:壁にディスプレイ

壁にディスプレイ

画像:八田和子

いっそのこと、壁にディスプレイしてみるのもおすすめ。

壁にひもを取り付け、ピンチで帽子をとめるだけ。帽子好きの方は、お気に入りの帽子をいつも眺めることができて、ワクワクしますよ。

 

■4:ワイヤーラックを使ってカバンを収納

ワイヤーラックを使ってカバンを収納

画像:八田和子

ダイソーの『引っかけマガジンラックフック付 約幅20×奥行11×高さ21.5cm』(税別100円)を使えば、小さなカバンが収納できます。

ただ、厚さのあるものや大きめのかばんは収まりませんので、注意が必要です。

 

■5:クラッチバッグはブックエンドを使って収納

クラッチバッグはブックエンドを使って収納

画像:八田和子

クラッチバッグなど、自立しないバッグは、ブックエンドを使うとスッキリしますよ。

バッグの厚みにあわせて、自由にブックエンドを置けば、クラッチバッグも立てて収納できます。

これなら、お目当てのバッグをパッと手にすることができるはず。

 

■6:カゴやファイルボックスに入れて収納

カゴやファイルボックスに入れて収納

画像:八田和子

クラッチバッグ同様、自立しないカバンなどは、カゴやファイルボックスにいれて収納するとスッキリしますよ。

 

■7:ハンガーに引っ掛けて収納

ハンガーに引っ掛けて収納

画像:八田和子

筆者の子どもたちは、洋服と同じハンガーを使ってクローゼットに掛けています。

夏になるとスイミングバッグもハンガーに掛けて吊るしています。ここならすぐに取り出せるし、しまうのも簡単。ハンガーならお家にすでにあるので、あえて準備する必要もなく、簡単ですよ。

 

いかがでしたか?

よく使うモノを収納するときに大切なことは、どこに何があるのか、パッと見てわかる状態にしておくこと。よく使うカバンや帽子は、すぐに取り出せるようにしておきましょう。

【おすすめ記事】

中村区『Cafe Blue』でパフェのテイクアウト

脱マンネリ!超簡単「食パンアレンジ」特集

セブンで買える「300円以下冷凍食品」3つ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※八田和子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。