CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 料理のストレスも軽減されるかも!? プロが教える「食器の収納術」5つ

料理のストレスも軽減されるかも!? プロが教える「食器の収納術」5つ

料理のストレスが軽減される「食器の収納術」5つ

画像:八田和子

みなさんの食器棚の中はどんな状態でしょうか?

料理をするたびに、食器を取り出すのに苦労してはいませんか? 食器棚が乱れていると、キッチンに立つたびにストレスを感じてしまいますよね。

そこで今回は、収納プランナーである八田和子さん、キッチンの食器の収納術をご紹介します。

■1:同じ種類の食器は縦に並べて置く

料理のストレスが軽減される「食器の収納術」5つ

画像:八田和子

グラスやマグカップをしまうとき、同じ種類の食器を横に並べてしまっていませんか?

これだと、奥のグラスを取り出すのが面倒で、手前に置いてあるグラスばかり使ってしまいます。

同じ種類のモノは横ではなく、縦に並べてみてください。縦に並べると、ぱっと見てすぐに何がどこにあるかわかります。そのため、食器を手に取るのが楽になりますよ。

 

■2:収納棚を増やす

料理のストレスが軽減される「食器の収納術」5つ

画像:八田和子

ついつい食器をたくさん重ねてしまいたくなりますが、重ねすぎると、1番下の食器が取り出しにくい!なんてことも。

上の食器をどかしてからでないと取り出せないなんて、かなりのストレスですよね。

そこで、食器を重ねるとしても2、3種類までにしておくのがおすすめ。とはいえ、重ねることができないと、なかなか食器が収まりきらないと思います。

そんなときは、ぜひ棚板を増やしてみましょう。筆者は、ホームセンターでダボとちょうどよいサイズに切った棚板を購入し、1段棚を増やしました。これで収納力もアップしますよ。

 

■3:食器棚の中にゆとりをつくる

料理のストレスが軽減される「食器の収納術」5つ

画像:八田和子

食器棚に食器をしまうとき、よく使う食器を手前に、あまり使わない食器を奥にしまいます。

ただ、手前に食器をつみあげてしまうと、奥まで手が届かず、取り出すのが大変に……。

食器と食器との隙間は、横だけでなく、上にも手が入るだけの余裕をもたせておきましょう。

 

■4:よく使う食器は片側で揃える

料理のストレスが軽減される「食器の収納術」5つ

画像:八田和子

よく使う食器は片側の列にそろえておけば、片側の扉を開けるだけで必要な食器を取り出すことができます。

これなら片手で一瞬にして準備できますよ。

 

■5:子どもがお手伝いできる食器棚をつくる

料理のストレスが軽減される「食器の収納術」5つ

画像:八田和子

小さいお子さんがいらっしゃるママは、とっても大変。

少しでもお子さんに手伝ってもらえたら、うれしいですよね。そんなときは、お子さんが使う食器を低い位置に置いてあげるとお手伝いしてくれますよ。

筆者の家では、子どもが小さい頃、よく「コップとって」と言われていましたが、子どもの手に届く場所にコップを置くようにしてからは、自分で取ってくれるようになりました。

 

いかがでしたか?

ストレスなく使いやすい食器棚を作るために1番大切なのは、「どこに何があるのか、ひと目見てわかること」です。ぜひ、食器棚の中に“ゆとり”をたもたせてくださいね。

【おすすめ記事】

鶴舞の人気ビストロ『ルボ飯』のテイクアウト

コンビニ各社「サンドイッチ」食べ比べ!

材料は5つ!「簡単スフレパンケーキ」レシピ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※八田和子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。