CUCURU(ククル) > ライフスタイル > あたたかくて安心・省エネ!こだわりの注文住宅「わきよし建築」の魅力とは?

あたたかくて安心・省エネ!こだわりの注文住宅「わきよし建築」の魅力とは?

画像:南谷有美

外出が難しく、家で過ごす時間が増えている方が多いのではないでしょうか? あらためて自宅を見ていると、おしゃれで、快適で、丈夫で……など、「こうしたい」という思いを抱いたこともきっとあるはず。

今回は、家づくり経験者の筆者が、そんないいところが詰まった『わきよし建築』のモデルハウスに潜入! あたたかくて安心なこだわりのお家を、一緒にみていきましょう。

 

■一宮でこだわりの家づくり

画像:わきよし建築

おうちカンパニーわきよし建築とは、愛知・岐阜県(対象地域はホームページでご確認ください)で“木の家”をモットーに、自然素材と最先端の技術を組み合わせたこだわりの家づくりをしている工務店です。

 

■さっそく、モデルハウス見学!

画像:わきよし建築

外観から目を引く、オシャレな佇まい。さっそく、お邪魔しましょう!

画像:南谷有美

今回は、わきよし建築の脇田社長にお話を伺いました。

脇田社長は、「温かい家」「省エネ」をあいまいな定義ではなく、ちゃんと数字であらわせる“きちんとした家”をつくりたい! と、理想の家づくりを追及しています。

―1階の土間とLDK

画像:わきよし建築

画像:南谷有美

家に入ると、そこは広い土間玄関! 外とのつながりを意識したデザインは一体感があり開放的。家族やお客様を気持ちよく出迎えられます。

画像:南谷有美

玄関の横には、ベビーカーやアウトドア用品などを収納できます。見せたくないものは、スライドドアでサッと隠せちゃいます。

画像:南谷有美

こちらは広々としたリビングとダイニングキッチン。ダークブラウンの木と黒を基調とした内装がオシャレ! シックでかっこいい大人の雰囲気です。

天井までのハイドア、あらわし梁は解放感があり、実際以上に広く感じます!

画像:南谷有美

回遊式で導線のよい、憧れのアイランドキッチン。ワークトップも広くて高級感あり。いつもの家事もモチベーションが上がりそうです。

画像:南谷有美

家族の会話を楽しみながらご飯を作り、そのまま隣のダイニングテーブルへ。配膳も楽ちんです!

画像:南谷有美

画像:南谷有美

テレビのうしろはエコカラットを使い、調湿しながら空気をきれいに。

画像:南谷有美

1階のトイレは、デッドスペースになりやすい階段下を有効活用。段差はデザインの一部となっています。落ち着いた雰囲気で、こもりたくなっちゃいます!

 

―木の質感が心地よい

画像:わきよし建築

階段手すりには、北欧フィンランドの集成材をつかっています。木目が美しいですね。

床は無垢の木をみがき、年輪を浮き上がらせた『うづくり』加工。はだしで歩くと、足の裏に感じる凸凹が心地いい!  健康にやさしい自然素材で、赤ちゃんでも安心できそうです。

 

―2階の子ども部屋と寝室

画像:わきよし建築

広い子ども部屋はドアが2つ。子どもが小さい時は同室で、将来子どもが大きくなったら間仕切りをして2部屋に区切るなど柔軟に使えるのがポイント。

画像:わきよし建築

あえてふぞろいにしたという窓の位置もおしゃれ。外からも目を引くようで、ご近所から注目されているのだとか。

画像:南谷有美

寝室は、間接照明の柔らかい光で質のよい睡眠を。

画像:南谷有美

寝室には、無垢の木で作ったカウンターがあり、書斎としても、お化粧台としても使えます。

画像:南谷有美

カウンターはコンセント完備でとても便利ですね。

カウンター横には大収納のウォークインクローゼットがあります。こちらに用途をふまえて収納棚などを設けていくそうです。

画像:南谷有美

画像:南谷有美

洗面とお風呂は2階にあります。これにより入浴から就寝まで、夜の導線が楽に! 清潔感のあるモノトーンも惹かれます。

 

―収納が少ない?そのメリットとは

画像:南谷有美

お家を見ていて、収納が少ないと感じたのですが……。

実はそれには理由があります。なぜなら、つくりつけの収納は後で変えることが難しいから。家族の成長にあわせて、収納も可変性をもたせているのだそう。

実際の家づくりでは、お客様が何をどこに置きたいか丁寧にヒアリングし、オーダーで作っていくそう。このように、壁紙一枚から収納までアドバイスを交えながらすべて説明し、住む人にとって一番いいものを採用していくのがわきよし建築のこだわりです。

 

■家も人間も、化粧より中身が大事!

さて、お家の魅力はデザインだけではありません!

家を人間に例えると、骨や筋肉にあたるのが柱・梁・断熱材。服や化粧にあたるのが壁紙・デザインなど。

「外見はいくらでも変えられるが、上にどんなものを着ようとも、大事なのは基本的な中身!」そう説明する脇田さんに熱が入り、心なしか部屋の温度がグッと上がった気がしました。

デザイン性もさることながら、この中身こそが、わきよし建設の家の魅力なのです。

例えば、耐震性や耐久性。間取りが広い分、心配になるかもしれませんがご安心を。ウッドワンのワンズキューボを採用し、標準で耐震等級3!

脇田さんも、震度7クラスの地震が10回きても大丈夫なくらいの耐震性があるのでは、と太鼓判を押します。

 

■まるで冷蔵庫と潜水艦?『FPの家』

外壁・床には高気密・高断熱な家を実現するために『FPウレタン断熱パネル』というものを使っています。その特徴を教えていただきました。

―冷蔵庫のような断熱性

画像:南谷有美

こちらは冷蔵庫にも使われている断熱材『硬質ウレタン』です。冷蔵庫が外の温度に関わらず、中の冷たさをキープできるのは、この硬質ウレタンのおかげなのだそう。そしてその厚みは冷蔵庫よりも分厚い105㎜。

手をのせてみると、じんわり温かい! それは、手の熱が逃げずにとどまっているから。断熱性能を表すUA値は平均を超える0.3W/㎡・K。床に寝転んでもひやっとしない、床暖いらずのお家。快適に過ごせそうですね。

―潜水艦のような気密性

FPパネルに加え、サッシの隙間をなくす技術などを組み合わせ、気密性を表すC値は0.1㎠/㎡以下に。なお、一般的な家では測れたとしても2.0㎠/㎡程だそうです。気密性が高いことで、結露が発生しづらくカビの発生を防ぎやすくなるそう。

また、防音も優れていて、そばを通る車の音も聞こえないほど静かでした。

画像:南谷有美

そこで、24時間換気システムを採用。壁の吸気口から常に新鮮な空気が必要な分だけ入ってきて、ダクトファンから空気を外に出しています。こうすることで、ほこりがたまりづらかったり、嫌な臭いを家に残しづらい、というメリットもあるそうです。

 

■省エネで家計と環境に優しい!

画像:わきよし建築

ZEH(ゼッチ)=ネット・ゼロ・エネルギーハウスへの取り組みもしています。太陽光発電を組み合わせたエネルギー収支は105%。つまり、エネルギー消費が実質ゼロに!

また、未来を見据えてEV車の充電にも対応しています。

また、高断熱・高気密で屋内の快適さを保ちやすいため、冷暖房にかけるコストもおさえることができそうですね。

 

■快適性と強さをいいとこどり

わきよし建築では、デザインだけでなく、快適性と強さを兼ね備えた高性能なお家を建てることができます。これだけよくばりなお家ですが、土地や予算にあわせて柔軟に対応してもらえるので安心です。

既にお家を建ててしまった筆者としては、もう少し早く知っていれば‥と悔やまれます。

これからマイホームを建てようとお考えの方は、おうちカンパニーわきよし建築を、検討してみてはいかがでしょうか?

<取材協力>
有限会社わきよし建築
住所:〒491-0141 愛知県一宮市浅井町黒岩字石刀塚27
ホームページ:http://wakiyoshi.com/

Sponsored by わきよし建築