CUCURU(ククル) > グルメ > 外出自粛で体重が気になる人必見!お手軽「ダイエットレシピ」3選

外出自粛で体重が気になる人必見!お手軽「ダイエットレシピ」3選

お手軽「ダイエットレシピ」3選

画像:shisu_ka / Shutterstock

在宅勤務の方や主婦のみなさん、なかなか外に出たり運動したりできないために、つい体重が増えてしまった……という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、CUCURUで紹介した記事の中から“ダイエット中におすすめのレシピ”を3つピックアップしました! ぜひダイエットしたい方は、参考にしてみてくださいね。

■1:チアシードプリン

チアシードプリン

画像:野村純子

美意識高め女子の間で一躍有名になったスーパーフード“チアシード”。数年前はオーガニック食品店など、限られたお店でしか入手できませんでしたが、今や100均やスーパーでも安価で販売されています。

ちなみにチア(Chia、チーア)はミント属のハーブで、その種子(シード)なのです。健康によいオメガ3系、オメガ6系、オメガ9系の脂肪酸と、食物繊維が豊富なんですよ。

水に浸すとみるみるうちに吸収し、周りに水をまとったようになります。これが少量でも満腹感を得られるポイント! これで簡単プリンを作っちゃいましょう。

チアシードプリン

画像:野村純子

材料はチアシード、お好みのドリンク(チアシード大さじ1に対し約60CC(多ければゆるめになります)の割合)、フルーツだけ! コクのあるココナッツミルクや豆乳がおすすめです。

手順はとっても簡単。ドリンクにチアシードを入れ、冷蔵庫で放置するだけ! 30分ほどでもふやけてきますが、より‘‘プリンっぽく’’するには一晩くらい放置してもいいでしょう。

チアシードは、水に浸しただけの場合、特に味がないので、味のあるドリンクと混ぜることで食べやすくなりますよ。

■2:ところてん酸辣湯

ところてん酸辣湯

画像:野村純子

夏になるにつれてよく見かける“ところてん”はとっても低カロリー。なんと1食あたり1.5kcalほど! つるっとなめらかなのどごしもおいしいですよね。

ところてんは寒天の原料にもなっている“天草”を煮立てて作られるため、食物繊維も豊富なんですよ。

ちなみに愛知県内のスーパーでよく売られているのは、“三杯酢”と“黒みつ”の2種類。“酢じょうゆ(二杯酢)”で食べるところもあるのだとか。

ところてん酸辣湯

画像:野村純子

三杯酢以外に食べやすいところてんのアレンジは、中華料理で人気の“酸辣湯(サンラータン)麺風”。

スープの素を使えば、作り方は鍋で温めるだけ。ところてんはぐつぐつ煮たり、かきまぜたりしないよう、最後にサッと温める程度に投入しましょう。

ゴマとラー油の風味と、酸っぱ辛いのが特徴のスープなので、ところてん特有の香りも気になりません。ラーメンを入れるよりカロリーは大幅にカットできますよ!

■3:パスタソース×豆腐

パスタソース×豆腐

画像:野村純子

ヘルシーな食材代表である‘‘豆腐’’と、手間暇かけなくてもおいしい“即席パスタソース”の組み合わせで、家族みんなが満足できるひと品ができるってご存知でしたか?

こちらは豆腐ステーキに“たらこクリーム”をかけただけの簡単アレンジですが、パスタをタンパク質豊富な豆腐に変えることで、夕食の糖質を控えたいママや、お酒が進む“おつまみ”が欲しいパパも大満足!

また同じ要領で“和風きのこ”を使って、冷蔵庫にあるきのこや薬味を足すのもおすすめ。ニンニクやスパイスを利かせれば、低カロリーで地味なおかずから脱出できそうですね。

パスタソース×豆腐

画像:野村純子

こちらは、ご飯ではなく水切りした豆腐に“ミートソース”と溶けるチーズをのせて焼いただけのミートドリアもどき。おなかがすいたらすぐにできちゃいますよ!

「ミートソースは高カロリーなのでは?」と思われがちですが、商品の表示をよく見れば1人前120kcal程度のものが多いんです。

しかも、パスタにかけるときのように絡まないので、ソースは半分でも多いくらいですよ。ヘルシーなだけでなく、お財布にも優しいですね!

いかがですか?

“食べない”ダイエットはつらいですし、なかなか続かないもの。ヘルシーレシピをうまく利用して、おいしいダイエット生活を楽しみましょう!

【おすすめ記事】

千種区『ばかたれ家』のお惣菜テイクアウト

簡単手間いらず!「新玉ねぎが主役のレシピ」2つ

どれも300円以下!「ファミマの冷凍食品」3つ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※ 野村純子、shisu_ka / Shutterstock

※ この記事は、2017年10月~2018年10月の記事情報です。