CUCURU(ククル) > ライフスタイル > ぽっこりお腹をカバー!着やせして見えるファッションアイテム3選

ぽっこりお腹をカバー!着やせして見えるファッションアイテム3選

ぽっこりお腹をカバーするアイテム3選

画像:栗木史乃

自宅で過ごす時間が増え、身体を動かす機会が減っていると、気づいたら太ってしまった!という方も多いのではないでしょうか。

いざオシャレしたいときになって、ぽっこりお腹が気になると困りますよね。そこで今回は、そんなときに使えるおすすめの“お腹カバーアイテム”をご紹介します。

■1:ペプラムデザイン

ペプラムデザイン

画像:栗木史乃

ぽっこりお腹を隠すには、胸下に切替があり裾がフレアーなどで広がった“ペプラムデザイン”がおすすめ。

裾のボリュームでお腹を隠しながら、胸下の切り替えはハイウエストで脚長に見えるので身長の小さい方にも最適。お腹いっぱい食べたときでも、フレアーでお腹が目立ちにくいのは嬉しいですよね。

ただ、胸の大きな方は首元が詰まった物は太って見えてしまうことも。Vネックやカシュクールデザインの物を選ぶとスッキリ着られます。

ゆとりのあるシルエットのトップスにベルトをしても、“ペプラムデザイン”と同じ効果があります。ベルトから上を少しだけふんわり出して着てみましょう。

 

■2:スカーフやストール

スカーフやストール

画像:栗木史乃

ぽっこりお腹が目立ってしまって、お腹ばかり注目されるのは避けたいですよね。そんなときは首元にスカーフやストールをすることで、目線をそらしてお腹を目立たなくさせましょう。

スカーフなら大きめのサイズを選ぶと縦長のラインが生まれ、着痩せ効果もあります。(写真は90cm角の物を使用)

ストールを巻くときは、首に全て巻き付けるのではなく、端を垂らして縦のラインを生かした巻き方がおすすめです。お腹が少し隠れるか隠れないか位の長さだとバランス良く使えますよ。

今季なら、ピスタチオグリーンやスモーキーブルーなどのトレンドカラーを使ってコーディネートのポイントにするのもいいですね。

 

■3:サロペット

サロペット

画像:栗木史乃

子どもっぽく太って見えがちなサロペットも、デザインを選べば体型カバーしながらスッキリ大人っぽく着られます。肩紐が細く、前立てのカットがV字になっていて、お腹回りがゆったりした物を選びましょう。

インナーは首元が詰まった物を合わせるなら腕まくりを。襟ぐりの開いたバレエネックなどもおすすめです。どこかで少し肌見せをして女性らしさをプラスすることを意識すると、少年っぽく見えにくくなります。

肩紐はあまり短くせず少し長めに股上にゆとり与えて着こなすようにすると、お腹も目立ちにくくなり大人のこなれ感も生まれますよ。

 

いかがでしたか?

洋服によっても痩せて見える物と太って見える物がありますよね。手持ちの服でもベルトを使ったり肩紐の長さを変えるだけでも見た目が変わりますよ。いろいろ試してみて下さいね。

【おすすめ記事】

栄『タイペイズ』で台湾グルメをテイクアウト

プロ直伝「デッドスペース」を活かす収納テク5つ

ダイエットにも!野菜たっぷり大皿料理レシピ3つ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※ 栗木史乃

※ 記事の情報は公開日時点のものです。