CUCURU(ククル) > 美容・健康 > たった5ステップ!目から鱗の「化粧が崩れにくくなる」メイクテク

たった5ステップ!目から鱗の「化粧が崩れにくくなる」メイクテク

目から鱗の化粧が崩れにくくなるメイクテク

画像:Pangaea / PIXTA(ピクスタ)

春になり気温が上がり、メイク崩れがいつもよりひどくなったという方はいませんか? そうならないためにも、崩れを防ぐメイク術を身につけておきたいところですよね。

というわけで今回は、美容家の継田理恵さんが、5つのメイク崩れ防止テクをご紹介します。5つすべて取り入れれば、メイクの崩れた顔を鏡で見て、ギョッとすることはなくなるはずですよ!

■○○するだけ!メイク崩れを防ぐテク5つ

目から鱗の化粧が崩れにくくなるメイクテク

画像:Fast&Slow / PIXTA(ピクスタ)

Tゾーンなどのメイクが崩れる原因は、主に汗や皮脂などの水分や油分。

メイク崩れを防止するためには、肌の保湿に必要な分は奪いすぎず、メイクに影響する肌表面の余分な水分・油分を抑えることがポイントです。

そのためにも次の5つのテクを取り入れて、しっかりメイク崩れを防止しましょう!

(1)スキンケアのあとは、肌になじむまで待つ

スキンケアのあと、すぐにメイクを始めるのはNG。肌にスキンケアの水分や油分が多く残っていると、ベースメイクが肌にフィットしにくく、崩れやすくなってしまいます。

スキンケアをしたら、しっかり手のひらで顔を包み込んで軽く押さえ、肌になじんだのを確認してからメイクに取り掛かりましょう! スキンケア後に着替えをするなど、他の身支度を挟むのがおすすめです。

(2)ティッシュで押さえるだけ!余分な油分をオフ

ドタバタの朝は、(1)のようにスキンケアの浸透をじっくり待てないこともあるでしょう。そんなときは、ティッシュを顔にのせて軽く押さえてみてください。

やりすぎるとうるおいを奪ってしまうので、“軽く”がポイントですよ。

(3)下地を変えるだけ!メイク直しいらずに

崩れを防ぎたいなら、“皮脂崩れ防止”をうたっている下地を使うのが基本。まずは素肌につける下地で対策するとよいでしょう。

乾燥が気になる方は、崩れやすいTゾーンには崩れ防止下地、Uゾーンには保湿下地と使い分けるのがおすすめです。

(4)パウダーをのせるだけ!目の下パンダを防ぐ

マスカラやアイラインが落ちていないか、いつも気になる方は多いはず。目もとは涙や表情の影響を受けやすく、ウォータープルーフでも摩擦の影響で落ちてしまうことがあります。

アイメイクが崩れて“目の下パンダ”になるのを防ぐには、アイラインの上とまぶたの下に、そっと仕上げパウダーをのせるといいですよ。パウダーのヴェールで包むことで、涙や摩擦が直接アイメイクに響くのを防ぐことができます。

パフや大きめのブラシではなく、アイシャドウ用の小さめのブラシを使い、つけすぎないようにすることが大切。パウダーをつけすぎてしまうと、乾燥小じわが出やすくなったり、不自然にツヤが消えたりする恐れがあるので要注意です。

(5)ファンデをパウダーに変えるだけ!

せっかくリキッドやクリームファンデーションでツヤ肌に仕上げても、崩れが気になるあまり、上から仕上げパウダーをはたきすぎてツヤを消してしまっている人がいます。

また、崩れ防止下地を使っても崩れてしまう場合は、思い切ってパウダーファンデーションに切り替えるのもおすすめです。

筆者の経験では、リキッドやクリームと比べて、水分や油分が少ないパウダーファンデーションは、もっとも崩れにくいファンデーションだと思います。

リキッドやクリームファンデーションの上から仕上げパウダーを重ねるより、パウダーファンデーションで仕上げパウダーなしにした方が、自らの皮脂を活かしてツヤ肌に見えることもありますよ。

メイク崩れでお困りの方は、この機会に一度、ファンデーションの見直しをしてみてくださいね。

 

■おすすめの皮脂崩れ防止下地

先ほど紹介した皮脂崩れ防止下地ですが、せっかくなので筆者のお気に入りを2つご紹介します。

(1)セザンヌ『皮脂テカリ防止下地』

セザンヌ『皮脂テカリ防止下地』

画像:継田理恵

コスパを重視するなら、コントロールカラーの役割も果たす、セザンヌの『皮脂テカリ防止下地』がイチオシ! 皮脂崩れ対応下地にありがちなツッパリを感じにくいのが魅力です。

なりたい肌のイメージや悩みに合わせて、透明感が上がるライトブルー、自然な血色感を与えるピンクベージュ、大人肌にぴったりの保湿タイプ・オレンジベージュの3つから選べますよ。

皮脂の分泌がしっかりあり、テカりが目立つ方はライトブルーかピンクベージュがおすすめ。くすみや小鼻の赤みやニキビ跡など、色素沈着が気になる方はライトブルーを。

頬に赤みがあり、さりげなく色白に見せたい方にはピンクベージュが似合うでしょう。また、保湿タイプのオレンジベージュは、シミや色ムラ、毛穴で悩む方におすすめです。

いずれのタイプも、使用前にしっかり振るのを忘れずに!

(2)アリマピュアの『スムージングプライマー』

アリマピュアの『スムージングプライマー』

画像:継田理恵

ナチュラルコスメのアリマピュア『スムージングプライマー』は、毛穴で悩む方、肌の水分と油分のバランスを整えたい方にぴったり。

スキンケア感覚で皮脂崩れ対策ができますよ。メイクの仕上がりと日中の快適さに、きっとハマるはず!

 

メイク崩れを防ぐ方法を5つと、おすすめの皮脂崩れ防止下地を2つご紹介しました。

ぜひこの機会に、(1)から順にチェックして、キレイな仕上がりを長時間キープさせましょう。

【おすすめ記事】

『ラボビン』で絶品ガレットをテイクアウト!

野菜・果物が激安!名東区『八百屋の壮』

「スーパーで買える食パン」食べ比べ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※ 継田理恵

※ この記事は、公開日時点の情報です。