CUCURU(ククル) > グルメ > 余りものが大活躍!野菜・果物を「使い切る」便利テク4選

余りものが大活躍!野菜・果物を「使い切る」便利テク4選

画像:CUCURU編集部

スーパーで買いすぎてしまった野菜や果物。使いきれずにダメにしてしまったこと、ありませんか?

そこで今回はCUCURUでご紹介した記事の中から、“野菜・果物を使い切るテク”をピックアップしました!

■1:白菜

画像:大橋千珠

白菜をまるごと1玉買うと、割安ですが大きすぎて調理が面倒……という声もしばしば聞きます。しかし、下ごしらえは実はとっても簡単なんですよ!

まず丸ごとの白菜を手に入れたら、とりあえず4等分にしましょう。半分に切ったら、さらに半分に切ります。4等分したら芯を切り、葉がバラバラになればOKです。

あとは1枚1枚にバラして、茎と葉を分けます。茎を3等分します。ここまでできたら下ごしらえは終わりです。

画像:大橋千珠

まるごと食べられる白菜のレシピとしておすすめなのは、簡単すぎる白菜の中華炒め。切り方がポイントなんですよ!

上でご紹介したように、下ごしらえした白菜を使い、繊維に沿ってスライスします。こうすることで食感が良い白菜料理ができます。

あとはお好みの野菜(人参、ピーマンなど)を同じように縦長になるよう切ります。フライパンで炒めて、鶏がらスープの素を入れて全体になじませればOKです!

■2:大根

画像:大橋千珠

おでん、ふろふき大根、おろし鍋、大根おろし……というイメージの大根ですが、おすすめの食べ方に“大根もち”があります。

おろして混ぜて、焼くだけで大根がもっちりした食感になりますよ。

材料は大根(400g)、片栗粉(大さじ2)、小麦粉(大さじ2)、塩昆布(大さじ1〜2)だけ!

画像:大橋千珠

まずは大根の皮を剥いてすりおろします。軽く絞って水分を切ります。水分を絞ると、400gの大根が180gほどになります。

ボウルに大根おろし、片栗粉、小麦粉、塩昆布をしっかり混ぜて4等分します。油をひいたフライパンで弱火でじっくり焼きます。火が通ったら完成!

これが大根!?と驚いてしまうほど、シャキシャキの大根からは想像がつかないもっちりとした食感を楽しめます。味付けは塩昆布だけですが、物足りない方はゆずポン酢をつけて食べみてくださいね。

■3:みかんの皮

画像:藤波久仁子

実だけ食べて捨ててしまいがちなみかんの“皮”。実はいろいろな使い方がありますが、なかでもとっても簡単に活用できるアイデアをご紹介。

みかんの皮にも、ミカンと同じく甘酸っぱい香りが残っています。その皮がバスタイムに使える“入浴剤”にぴったりなんです!

1回分の材料はみかん4、5個分の皮のみ。まずは皮を洗ってください。ワックスが付いているものもあるため、入念に洗いましょうね。

画像:藤波久仁子

次に皮をむき、小さくちぎってザルに広げ、風通しが良く陽が当たる場所で1週間程度、しっかりと乾燥させます。

乾燥させたら洗濯ネットに入れて使うだけ! 洗濯ネットごとお風呂に浮かべると、みかんの香りが浴室にふんわり広がり、幸せな気分に。

本来は捨ててしまう部分でも、ひと工夫加えるだけでリラックスタイムを演出してくれますよ!

■4:ブロッコリー

画像:大橋千珠

ブロッコリーの茎だけで食べるのはちょっと味気ない……という方におすすめなのが“チャーハン”。

子どもにもウケが良いチャーハンで、ブロッコリーやほかの野菜もぜーんぶ食べてしまいましょう!

3人前の材料はブロッコリー(1/2株)、玉ねぎ(1/2個)、人参(1/3本)、コーン(大さじ2)、ベーコン(2枚)、ご飯(300g)、コンソメキューブ(1個)。

画像:大橋千珠

玉ねぎ、人参、ブロッコリーをみじん切りにします。ブロッコリーは生のまま、つぼみの方から切っていきます。茎の部分は皮が固いので皮をむいて細かく切ります。

フライパンに油をひいて玉ねぎ、人参、ブロッコリーを炒めます。続いてベーコンを5mm角に切り加えて炒めましょう。

火が通ったらコーン、ご飯を入れて混ぜます。コンソメキューブは砕いておいてフライパンに入れ、全体に混ざればできあがり!

いかがですか?

今回は余りがちな野菜や果物を使ったレシピをご紹介しました。たくさん買ってしまったときはぜひ試してみてくださいね!

【おすすめ記事】

栄『カフェエル』のふわとろショートケーキ

名古屋・緑区の激安スーパー『ウオダイPLUS+』

5ステップで簡単!「スイートポテト」レシピ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※ 大橋千珠、藤波久仁子、CUCURU編集部

※ この記事は、2017年11月~2019年5月の記事情報です。