CUCURU(ククル) > グルメ > 激辛もうま辛に変わる!? インスタント麺の「ちょい足しアレンジ」3つ

激辛もうま辛に変わる!? インスタント麺の「ちょい足しアレンジ」3つ

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

激辛ファンといえども、「ひとくち食べてみたら自分のキャパを超えていた!」という経験があると思います。

辛いだけじゃなく“旨みを感じる余裕”がほしいとき、ちょい足ししたい食材を3つご紹介します。

■今、注目の「辛~いインスタント麺」はこれ!

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

韓国映画の中に登場して話題になったのが“チャパグリ”。袋麺の『チャパゲティ』と『ノグリ』をミックスさせて作ったのをチャパグリと呼びます。

これらは韓国食材を扱う店などで入手でき、筆者が通う業務スーパーでは『ノグリ』が品切れ続きです。

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

肉みそ麺のようなコクのあるチャパゲティと、赤い粉末スープのノグリが合わさって、程よい辛味。牛肉を使うのが特徴ですが、各家庭でさまざまなアレンジを楽しむことができるようですよ。

 

■アレンジ食材1:とろけるチーズ

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

辛味をオフするのに、とろけるチーズは有効です。カップ麺なら湯を注いだ麺にポンと乗せるだけ。

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

とろけたチーズがからまって、刺激をまろやかにしてくれます。種類によっては塩味が強いチーズもあるので、なるべく減塩タイプかモッツァレラチーズが役立つでしょう。

 

■アレンジ食材2:追い豆腐

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

おなじみになった『蒙古タンメン 中本』では、麺に激辛の麻婆豆腐がかかっています。家で辛味オフする場合は、絹ごし豆腐をレンジで温めて後入れ。

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

“追い飯”は辛い汁を吸収するだけであまり辛味オフになりませんが、一口大に切った豆腐なら中まで辛味が浸透せず、癒してくれるでしょう。

 

■アレンジ食材3:たまご

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

鍋で調理する場合は、たまごを落とし入れるのもいいですよ。

先にご紹介したチャパグリに目玉焼きを乗せている人もいれば、ラーメンにはよく“味玉”やゆでたまごが添えられているとおり、相性は抜群。

激辛麺をうま辛に変える「ちょい足しアレンジ」3つ

画像:野村純子

お好みですが、半熟くらいがちょうどいいですよ。

 

いかがですか?

調味料を加えて味付けを変えるのではなく、辛味をオフする食材を足してみました。ぜひお試しくださいね。

【おすすめ記事】

栄『カフェエル』のふわとろショートケーキ

名古屋・緑区の激安スーパー『ウオダイPLUS+』

5ステップで簡単!「スイートポテト」レシピ

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD

【画像】
※ 野村純子

※この情報は公開日時点のものです。