CUCURU(ククル) > 美容・健康 > ティッシュオフは必要?メイクのりが悪い人がやりがちなこと

ティッシュオフは必要?メイクのりが悪い人がやりがちなこと

メイクはスキンケアから始まっているという意識、ありましたか? 実はメイクの良し悪しはお肌の調子だけではなく、メイク前のスキンケアがカギを握っていたんです!そこで今回はメイクのノリが劇的によくなるメイク前のスキンケアを、コスメコンシェルジュで美肌研究家の筆者がご紹介します。

 

スキンケアの前に

まずは産毛はきれいに剃っておきましょう。これだけでもメイクのノリはかなり変わってきます。でもカミソリなどでお肌を傷つけないように十分注意してください。不安な方はサロンなどでプロにお任せするのもいいかもしれません。

ではメイク前のスキンケアについてです。

 

ちょっとずつ重ねづけを

化粧水をつけるとき、一度にたっぷりの量を手にひらに出して顔全体に塗り広げていませんか?これだと保湿にムラが出てしまったりする場合があるので、少量を手のひらに出して何度か重ねづけをするようにしましょう。

少しずつ何度も重ねづけすることで角質層にしっかり水分を届けることができ、保湿にムラができるのを防ぐことにも繋がります。お肌が光を放つようにツヤやかになるのがOKサインです!

 

素早くフタをして水分を閉じ込める

化粧水でしっかりお肌に水分を与えたら、クリームなどの油分で素早くフタをしましょう。お肌につけた化粧水が乾く前にフタをしないと水分が蒸発するときの気化熱により、お肌の内部の水分まで一緒に蒸発させてしまい乾燥を招いてしまいます。1秒でも早く水分を閉じ込めるスピーディーな保湿を心がけましょう。

 

シンプルがベスト

最近はシンプルなケアが見直されていますが、メイク前は特に化粧水とクリームの水分+油分といった最低限の2アイテムでも十分! メイクアップアイテムは油分が多い配合の商品が多く、スキンケアでも油分を過剰にしてしまうとメイク崩れの原因や皮脂詰まりを起こしてしまう場合も。メイク前のスキンケアは油分を控えめくらいにするのが丁度いいでしょう。

さらにワンランク上の美肌メイクを目指すなら化粧水を保湿効果の高いものを選んでみてください。メイクのノリも持続するのでおすすめですよ!

 

仕上げに軽めにティッシュOFF

メイク前のスキンケアを化粧水とクリームなどの2ステップにしてもべたつく感じでちょっと油分が多いかも……という時は軽くティッシュで押さえて油分をOFFしましょう。このひと手間がメイク崩れのないツヤのある美肌メイクを作るポイントにもなりますよ!

 

いかがでしたか? メイクのノリが良い日と悪い日、一日の気分が全然違いますよね! メイク崩れの原因はもちろん、メイクのノリが劇的に良くなるのも直前に行うスキンケアがとっても大切だったんです。明日からのメイク、劇的にノリを良くするために是非参考にしてみてください。

【画像】

※ SvetlanaFedoseyeva / shutterstock