CUCURU(ククル) > ライフスタイル > インスタグラマーやオカザえもんが審査!愛知県・岡崎市のプレミアムみやげ品第二弾をご紹介

インスタグラマーやオカザえもんが審査!愛知県・岡崎市のプレミアムみやげ品第二弾をご紹介

画像:岡崎市

東海エリアでも人気のおでかけスポットである愛知県・岡崎市。2018年度には、岡崎市の魅力をさらにPRしていくために、『岡崎観光お土産品づくり推進プロジェクト』がはじまりました。

昨年度には7品が認定され、今回は第二弾として5品のお土産を認定するため、昨年度も審査員を務めたnagoya.mさんが審査会に参加するとのことで、CUCURU編集部も取材に行ってきました!

■第二弾として認定されたお土産は?

岡崎観光お土産品づくり推進プロジェクトとは、岡崎市特有の「歴史」「文化」「食」「自然」といった資産を活かした商品を、『岡崎プレミアムみやげ品』に認証する取り組みです。岡崎市ならではのお土産があることで、岡崎に訪れた思い出が振り返りやすくもなりますね。

今回の第二弾の審査員には、東海エリアで活躍中のインスタグラマーnagoya.mさんや、東海エリアの女性誌の副編集長さんなどがあたりました。

画像:岡崎市

また、特別審査員には、岡崎市のご当地キャラクター『オカザえもん』が! 審査員はそれぞれの専門性と、一消費者としての視点で審査。岡崎市の顔となりうる“地域性”や、ついつい手に取ってしまいたくなるような“デザイン性”などの項目をもとに、認定する5品を決めていきます。

画像:CUCURU編集部

応募があった約30のうち、会場に集まった商品を実際に手に取り、味わい、「これはコスパ的に満足度高そう!」「自分が貰って嬉しいのはこっちかな」「市の推奨品とするのであれば、もう少し工夫があるとよいかも」というような意見が出ていました。

食品はもちろん味も大事! グルメ大好きなnagoya.mさん。じっくり味わっています。

画像:CUCURU編集部

認定の候補が絞れてきたところで、各自感じた意見をもとに話し合います。そして、ついに5品が決定!

画像:CUCURU編集部

決定したお土産5品を手に取って、審査員チームで記念撮影! 認定された商品をそれぞれ詳しく見ていきます。

まずは、お土産の定番である“お菓子”を2つご紹介します。

(1)玄米入り味噌せんべい/合資会社八丁味噌

画像:岡崎市

お米の粒をそのままに特製みそだれにつけて焼き上げました。玄米のおせんべいらしい「軽くて後に残らない味付け」が新鮮です! 個包装なので、配りやすいのが嬉しいですね。

(2)芋やの芋けんぴ/sweets potato 芋や

画像:岡崎市

「女性はきっと好きだと思う!」と、nagoya.mさんお気に入りの一品。岡崎市の芋スイーツ専門店「sweets potato 芋や」の芋けんぴに、こだわりの蜜と八丁味噌パウダーを絡めました。女性好みのあと引くおいしさ!

続いてご紹介するのは、お食事におすすめの2品。

(3)家康公が愛したうどん/大正庵釜春

画像:岡崎市

「慶長17年8月20日、家康公が作らせたうどん」を再現。生姜をポイントに全粒粉、愛知県産小麦「きぬあかり」を使用しました。

(4)焼肉屋さんの黒カレー/プラザ観光

画像:岡崎市

岡崎市の焼肉店「焼肉 けんたま家」でうまれた黒カレー。八丁味噌のコクとスパイシーな辛さは、これぞ大人のカレー!と言える味わいです。オカザえもんが映った可愛らしいパッケージも岡崎らしくていいですね。

最後は食べ物ではなく、普段使いできる“もの”をご紹介します。

(5)ルネデザインクリーニングクロス/岡崎殖産

画像:岡崎市

岡崎市出身のマルチクリエイター「内藤ルネ」のイラストが目を引く、メガネやスマホの画面を綺麗に拭く事が出来るクロスです!

 

■第一弾認定品もおさらい!

第一弾として認定された7品もあらためておさらいしておきましょう。

―SABLE33/COARSE STARS(ザラメ)

画像:岡崎市

地元の人気カフェ「ZARAME」発の新名物は、看板メニューのドーナツのように穴が開いた形状が特徴。地元産の原料にもこだわりました。

―八丁味噌のカステラシフォン/春華堂

画像:岡崎市

シフォンケーキのようにふんわり軽い生地と八丁味噌の深い味わいがマッチ 。江戸時代から続く「カクキュー」の伝統が感じられます。

―たまかざり/麩屋万商店

画像:丸山武久

前回の審査会で、nagoya.mさんがイチオシだった麩屋万商店の『たまかざり』。岡崎で100年以上の歴史を誇る「麩屋万」の麩まんじゅう。9色9味の華やかな涼菓は、つるんとした舌触りとモチモチした食感です。

―矢作大豆使用八丁味噌(ヴィンテージ)/カクキュー

画像:岡崎市

創業当時の味を求め「カクキュー」が8年の歳月をかけて商品化。地元の在来種「矢作大豆」を復活させ、木桶で5年間熟成させた力作です。

―オカザえもん「八丁味噌」ラーメン・オカザえもん味噌煮込みうどん/小笠原製粉

画像:岡崎市

西三河のご当地「キリマルラーメン」とオカザえもんがコラボ! 国産小麦と八丁味噌で、モチモチ食感とまろやかな風味が味わえます!

―岡崎ぎゅーっと肉味噌/スマイルリンク

画像:岡崎市

八丁味噌を使用した濃厚で極旨なご飯のお供。岡崎商業高等学校の生徒たちが開発した売上10万個以上のヒット商品!

―三河布史(みかわぶし)/ファナビス

画像:岡崎市

かつては三河木綿の一大産地で、岡崎市で盛んだった「がら紡」。その糸を丁寧に織り上げた木綿タオルは、肌触りもふんわり柔らか。

 

■気になる「岡崎プレミアムみやげ品」が購入できる場所は?

今回ご紹介した岡崎プレミアムみやげ品12品は、以下の7か所でお買い求めができます。近くに行った際にはぜひ立ち寄ってみてくださいね。

(1)岡崎公園 観光みやげ店「おかざき屋」

住所:愛知県県岡崎市康生町561-1(岡崎公園内)
営業時間:9:30~16:30

(2)道の駅藤川宿「きらり岡崎コーナー」

住所:愛知県岡崎市藤川町字東沖田44
営業時間:9:00~18:00

(3)NEOPASA岡崎「お土産処 三州 岡崎宿」

住所:愛知県岡崎市宮石町字六ッ田10-4
営業時間:三州 岡崎宿は24時間営業(施設により異なる)

(4)名鉄東岡崎駅「サンコス岡崎北口店」

住所:愛知県岡崎市明大寺町本町4-70 名鉄東岡崎駅構内
営業時間:月~金曜日 7:00~19:00、土日祝 8:00~19:00

(5)岡崎ニューグランドホテル

住所:愛知県岡崎市康生町515‐33

(6)イオン岡崎南店

住所:愛知県岡崎市戸崎町字ばら山1-1
営業時間:8:00~23:00

(7)西武岡崎店1階特設会場「岡崎プレミアムコーナー」(2020年8月末まで)

住所:愛知県岡崎市戸崎町字外山38-5
営業時間:10:00~20:00 ※金・土と祝前日は21:00まで

 

■カレーパンに和菓子も!春は岡崎グルメ巡りを楽しもう

「岡崎プレミアムみやげ品」の他にもおすすめしたい“岡崎グルメ”の企画をご紹介します!

―めぐる岡崎!春の“WA”菓子まつり

画像:岡崎市

岡崎市には桜で有名な岡崎公園がありますが、桜を見るだけではなく、老舗和菓子屋が作る春にちなんだ和菓子を食べることでも、春を感じることができます。

お店で対象商品を購入すると、1店舗につきスタンプを1つGETできます。スタンプを3つ集めて応募すると、JTB旅行券10,000円分や、和菓子詰合せなどが抽選で当たるスタンプラリーも実施中。

対象店舗や賞品については、こちらからご確認ください!

―岡崎の新名物!おかざきカレーパンを販売

画像:岡崎市

岡崎でしか食べられない個性豊かな“おかざきカレーパン”が盛り上がりを見せているのを知っていましたか?

きっかけは「第5回ふるさと甲子園」で、おかざきカレーパンが「世界に誇る逸品対象(ごはん・パン・麺類部門)」グランプリを獲得したことから。

今では20を超える店舗がおかざきカレーパンMAP企画に参加をしています。いろいろなお店のカレーパンをぜひ食べ比べてみてくださいね!

 

【画像】

※岡崎市
※ 丸山武久
※ CUCURU編集部

Sponsored by 岡崎市