CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 甘みも酸味もまるで違う!? 野菜のプロが教える「苺」品種の違いとは

甘みも酸味もまるで違う!? 野菜のプロが教える「苺」品種の違いとは

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

12月〜5月と出荷時期が長いいちご。春がいちごの旬と思われている方も多いですが、実は、冬が一番おいしい時期です。寒さも残る今、まだまだいちごはおいしいうえに、価格も少し落ち着いてきて手に取りやすくなってきました。

いちごはそのまま食べるのも良いし、いちごスイーツにするのも楽しいですよね。もしスイーツにするときもいちごの特徴を知っているとどんないちごを使って調理しようかと、考えるのも楽しいと思います。

さて、今回はスーパーで手に入れやすい品種『紅ほっぺ』、『ゆうべに』、『章姫』、『あまおう』をご紹介したいと思います。品種それぞれ特徴が違うので、味わいの違いを楽しむのも良いですよ。

■香りがよく、断面がきれいな『紅ほっぺ』

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

紅ほっぺは静岡県で誕生した品種のいちごです。香りがよく、甘みと程よい酸味もあってコク深い味わいです。果肉もしっかりしているのでほかのいちごと比較すると日持ちが良いのも特徴的。

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

断面の赤色と白色のコントラストがきれいなので、カフェやパティスリーなどでパフェやフルーツサンドに使われることも多い人気の品種です。

 

■甘みと酸味のバランスが良い『ゆうべに』

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

熊本県で誕生したゆうべには甘みと酸味のバランスが良いいちご。

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

半分に切ると切り口は白っぽいのが印象的です。果汁たっぷりでジューシーです。

 

■酸味が苦手な方におすすめの『章姫』

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

章姫は静岡県で多く栽培されており、細長い形のいちご。

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

酸味は穏やかで甘みをしっかり味わえる品種です。また、果肉はやわらかで舌触りがなめらかなのも特徴的です。

 

■福岡県といえば『あまおう』

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

福岡県のブランド『あまおう』。福岡駅に行くとあまおうを使用したお土産が多く売っていますよね。

「いちご」4品種食べ比べ

画像:大橋千珠

赤くて、丸くて、大きくて、うまいということであまおうに名付けられたのだとか。中まで真っ赤でしっかりとした甘みがあり、名古屋でもあまおうのファンの方は多いように感じます。

 

いかがですか?

いちごはさまざまな品種が出回っています。それぞれ味も香りも食感も違うので、いろいろ食べてお好みのいちごを見つけてみてくださいね。

【おすすめ記事】

いちごのクロワッサンサンドが絶品の『ヨッコ』

名古屋・緑区の激安スーパー『ウオダイPLUS+』

名古屋めしで作る「スガキヤカップ麺炒飯」

『税込1,000万円の家』に潜入取材!(AD)

【画像】
※ 大橋千珠

※ この記事は、公開日時点の情報です。