CUCURU(ククル) > グルメ > 和の心を楽しもう!愛知で出会える「濃厚抹茶スイーツ」5選

和の心を楽しもう!愛知で出会える「濃厚抹茶スイーツ」5選

「愛知県の抹茶スイーツ」5選

画像:CUCURU編集部

みなさん“抹茶スイーツ”は好きですか? ほろ苦さと甘さのハーモニーがおいしいですよね。

お抹茶自体を飲むのはなかなかハードルが高いですが、“抹茶スイーツ”なら気軽に食べられるのも魅力の1つ。

そこで今回は、愛知県にある抹茶スイーツのおすすめ店をいくつかご紹介いたします。

■1:松鶴園 茶房茶遊

1:松鶴園 茶房茶遊

画像:花井ゆり

“日本一の抹茶の里”と呼ばれる抹茶の本場、愛知県西尾市にある『松鶴園 茶房茶遊』。とても立派な建物にワクワクしますね。

こちらでは、抹茶を使ったメニューは甘味をはじめ、さまざまなラインナップを展開。お茶を使ったものは、すべて自家製のお茶・抹茶を使用したこだわりのひと品ばかりです。

1:松鶴園 茶房茶遊

画像:花井ゆり

こちらは『松遊ランチ』についている抹茶パフェ。このランチは平日限定20食なのでご注文はお早めに!

抹茶ソフト、抹茶カステラ、抹茶ソースと、もちろん抹茶づくしです。

ミニサイズですがソフトクリームもたっぷり入っていて、しっかりとボリュームがあるんですよ! ぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
松鶴園 茶房茶遊
住所:愛知県西尾市上町南荒子50-2
アクセス:名鉄西尾線桜町前駅から徒歩21分
電話番号:0563-54-3360
営業時間:10:00~L.O.18:00 ※火曜日ソフトクリーム関係メニューL.O.17:00
定休日:水曜日

 

■2:珈琲ぶりこ

2:珈琲ぶりこ

画像:木村純子

愛知県名古屋市中区・大須商店街で、平日でも開店から人の絶えない人気のカフェ『珈琲ぶりこ』。築70年の古民家を活かしたお店は、どこか懐かしくほっこりとしてしまう不思議な魅力のお店なんだとか。

そんな『珈琲ぶりこ』は珈琲だけでなく、本格的な抹茶ドリンクのメニューも力を入れているんだそう。

おすすめは1杯ずつお抹茶を点てて淹れる本格的な『抹茶ラテ』。砂糖を使わずミルクと抹茶だけの本格的な抹茶ラテは、甘くなく、スイーツとの相性もばっちりと好評なんだそう。

2:珈琲ぶりこ

画像:木村純子

スイーツのおすすめはこちらの『抹茶のレアチーズケーキ』。とろけるようなチーズクリームの下には柑橘クランブル、トップには抹茶クランブルを敷き詰めており、食感も楽しめるひと品なんだとか!

大須に訪れた際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

<店舗情報>
珈琲ぶりこ (コーヒー ブリコ)
住所:愛知県名古屋市中区大須3-35-22
電話:052-238-2789
営業時間:平日11:00~20:00 土日祝10:00~20:00
定休日:無
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■3:茶縁

3:茶縁

画像:大橋千珠

こだわりの日本茶をいただくことのできるお店、愛知県名古屋市東区にある『日本茶喫茶 茶縁(ちゃえん)』でも抹茶スイーツが味わえます。

挽きたての抹茶はもちろん、抹茶をたっぷり配合した“抹茶スイーツ”が絶品と評判なんだそう。

お店の1番人気のメニュー『抹茶の七福神』です。茶縁で人気の抹茶スイーツを1度に7種類も食べられる抹茶づくしのプレートですよ。

3:茶縁

画像:大橋千珠

お店で挽いた抹茶をたっぷり配合しているため、味がとっても濃厚! 甘さは控えめなのでしつこくなく、全種類ペロッと食べられます。

そのなかでも『葵大福』は、濃厚な抹茶クリームが求肥(ぎゅうひ)に包まれていて、一口食べると口の中いっぱいに抹茶の風味が広がります。

『抹茶の七福神』は超人気メニューなので、土日は14:00に売り切れることもあるそうです。食べたい方は早めに行ってくださいね。

<店舗情報>
日本茶喫茶 茶縁(ちゃえん)
住所:愛知県名古屋市東区葵2-9-15
アクセス:地下鉄 東山線 千種駅1番出口、地下鉄 桜通線 車道駅4番出口
電話:052-936-3353
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

 

■4:正林堂茶舗

4:正林堂茶舗

画像:夏目佳代

名古屋市北区大曽根にある『正林堂茶舗』は、地域の人に愛され続けている老舗の日本茶専門店。お茶はもちろんのこと、大人気なのが、お店で毎日作られている抹茶ソフトクリーム。

正林堂茶舗の『抹茶ソフト』は、期間限定で販売されます。ファンが多く、毎年発売を心待ちにしているそう。

昨年は4月1日から10月中旬ごろまで販売されていたそう。期間限定なので要チェックですよ。※『抹茶ソフト』の販売時期に関しては、お店にお問い合わせください。

4:正林堂茶舗

画像:夏目佳代

社長自ら、お店の奥で毎日手作りしている抹茶ソフトは、30年前から販売され、多くの人を魅了してきました。

試行を重ね、西尾の農家から直接買い付けて厳選した抹茶のみを、独自の配合で使っているそう。見ただけでも、その色合いから抹茶の濃さがうかがえますが、一口食べると濃厚な抹茶の味と香りが広がります。

抹茶の味そのものを味わえる、まさに本物の『抹茶ソフト』といえるでしょう! ぜひご賞味あれ。

<店舗情報>
正林堂茶舗
住所:愛知県名古屋市北区大曽根2-3-21
電話:052-981-0341
営業時間:9:00~18:30
定休日:日、祝
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■5:花の茶屋

5:花の茶屋

画像:両口屋是清

名古屋駅・JR セントラルタワーズ『花の茶屋』の、かわいらしい和パフェが話題になっているとのこと!

『花の茶屋』は、尾張が誇る創業380年余の和菓子所『両口屋是清』が営む和カフェ。上品な和スイーツや軽食を、“茶屋”を思わせるほっこりとした和空間でいただけますよ。

カウンター席もあり、ショッピングの合間に女性1人でも気軽に入れます。自慢の和スイーツはもちろん、毎朝お店で出汁を取って作るきしめんなど軽食もいただけますよ。

5:花の茶屋

画像:木村純子

今回ご紹介するのは、昨年の夏の時期に発売されていた、こちらの『花茶パフェ』。花瓶に花を生けていくイメージで考えたパフェなんだそう。※『花茶パフェ』の販売時期に関しては、お店にお問い合わせください。

細長いトッピングは最中の皮、このまま持ち上げて丹波大納言の粒あんとイチゴのコラボを味わってみてくださいね。

下には和三盆を使った“わらび餅”、“抹茶のシフォンケーキ”、“栗の甘露煮”も隠れています。ぜひ食べてみてください!

<店舗情報>
花の茶屋
住所:愛知県名古屋市中村区名駅1-1-4 JRセントラルタワーズ タワーズプラザ レストラン街13F
電話:052-551-3113
営業時間:11:00~21:00
定休日:無休

 

いかがですか?

こだわりの抹茶スイーツを提供してくれるお店ばかりでした!

これからの季節にもぴったりな“抹茶スイーツ”を食べに、ぜひ足を運んでみてくださいね。

【おすすめ記事】

名古屋・中村区の激安八百屋『安兵衛青果』

名東区『エイトサンド』の具材ぎっしりサンド

ダイソー「メイクパフ」最後まで使い倒す方法

プライムツリー赤池にご当地プリン大集結(AD

【画像】
※ 花井ゆり、夏目佳代、大橋千珠、木村純子、両口屋是清

※この記事は、2018年3月~2019年8月に取材した情報です。最新の情報は店舗へお問い合わせください。