CUCURU(ククル) > グルメ > 甘いのはどれ?野菜のプロが「旬の国産柑橘」5種食べ比べ

甘いのはどれ?野菜のプロが「旬の国産柑橘」5種食べ比べ

今が旬の国産柑橘5種食べ比べ

画像:大橋千珠

スーパーには伊予柑をはじめ、さまざまな国産柑橘が出回っていますよね。それぞれどんな味がするのか、甘いのか酸っぱいのか、みなさんは分かりますか?

今が旬の国産柑橘5種食べ比べ

画像:大橋千珠

そこで今回は、スーパーや八百屋でよく見かける国産柑橘を5種類集めてみました。野菜ソムリエの大橋千珠さんが、それぞれの特徴をご紹介します。

■1:味が濃い!近年人気の『甘平(かんぺい)』

1:味が濃い!近年人気の『甘平(かんぺい)』

画像:大橋千珠

『甘平(かんぺい)』は、愛媛県のオリジナルブランドで、濃いオレンジ色。

1:味が濃い!近年人気の『甘平(かんぺい)』

画像:大橋千珠

皮が薄く手で気軽にむけます。甘みの中にほんのり酸味があり、味が濃いですよ。

果肉がしっかりしてて、薄皮も食べられるほど柔らかく、種はほぼありません。八百屋さんのフルーツサンドにも使われている人気の柑橘です。

 

■2:酸味控えめ、優しい甘さ『はれひめ』

2:酸味控えめ、優しい甘さを求める方には『はれひめ』

画像:大橋千珠

やや皮は厚めですが手でむきやすいです。オレンジとみかんを合わせたような風味を味わえますよ。

2:酸味控えめ、優しい甘さを求める方には『はれひめ』

画像:大橋千珠

若干種は入っていますが、大きめなので取り除きやすいです。ジューシーで酸味は少なく優しい甘みを感じられます。

 

■3:甘みと酸味のバランスがいい『津之輝(つのかがやき)』

3:甘みと酸味のバランスがいい『津之輝(つのかがやき)』

画像:大橋千珠

綺麗なオレンジ色の柑橘です。皮は薄いし、むきやすいので、近年人気の品種ですよ。

3:甘みと酸味のバランスがいい『津之輝(つのかがやき)』

画像:大橋千珠

甘みもしっかりあり、優しい酸味もあるので、味が濃いです。香りもよく、すっきりした後味ですよ。薄皮もとても薄いので、食べやすいのも魅力的ですね。

 

■4:甘みと酸味がありはっきりした味の『デコポン』

4:甘みと酸味がありはっきりした味わいの『デコポン』

画像:大橋千珠

デコポンの品種名は『不知火(しらぬいorしらぬひ)』。

デコっとヘタの部分が盛り上がってるのが特徴的な柑橘です。手で皮をむくときは出っ張りを先に取り除くとむきやすいですよ。

4:甘みと酸味がありはっきりした味わいの『デコポン』

画像:大橋千珠

糖度が高いですが酸味もあるので、すっきりした味わいです。果肉もしっかりしてて皮も薄いので、手でむきやすいし食べやすいですよ。

 

■5:酸味が恋しい方には『はっさく』

5:酸味が恋しい方には『はっさく』

画像:大橋千珠

はっさくは上の4つとは分類が違って文旦の系統と言われています。爽やかな香りと優しい甘み、酸味もしっかりあるので日持ちもするのが魅力的。

5:酸味が恋しい方には『はっさく』

画像:大橋千珠

薄皮は硬めなのでむいて食べますが、実がしっかりしているのでむきやすいのが特徴的。種も入っているのですが、少しなので取り除くのは簡単ですよ。

 

いかがですか?

同じ柑橘でも甘みや酸味、皮の薄さや厚さ、食感、香りなどが違います。味が濃くて甘いのが好きな方は『甘平』、酸味が好きな方は『はっさく』がおすすめ。

いろいろ食べてみてお気に入りを見つけてみてくださいね。

【おすすめ記事】

名古屋・中村区の激安八百屋『安兵衛青果』

名東区『エイトサンド』の具材ぎっしりサンド

ダイソー「メイクパフ」最後まで使い倒す方法

プライムツリー赤池にご当地プリン大集結(AD

【画像】
※大橋千珠

※ 記事の情報は公開日時点のものです。最新の情報は販売元へお問い合わせください。