CUCURU(ククル) > エンタメ > 竹内涼真を疑うのはやめて!日曜劇場『テセウスの船』第2話振り返り

竹内涼真を疑うのはやめて!日曜劇場『テセウスの船』第2話振り返り

『テセウスの船』第2話振り返り

画像:TBSテレビ『テセウスの船』

毎週21:00から放送中の日曜劇場『テセウスの船』。東元俊哉さん原作の同名コミックスを、竹内涼真さんをはじめとする豪華キャスト陣が演じます。

ミステリーの中にも感動的なシーンが見えた注目の第2話を、さっそく振り返っていきましょう!

■これを読めば大丈夫!第1話のおさらい

警察官の父・佐野文吾(鈴木亮平さん)が逮捕されたことで世間から身を隠すような日々を過ごし、平成の時代はまさに暗闇だった主人公の田村心(たむらしん/竹内涼真さん)。

父・文吾の事件の真相を探るために訪れた殺人現場の舞台・音臼村で、突然濃い霧に包まれ、気がつくと令和2年(2020年)から平成元年(1989年)へタイムスリップ!

目にした光景は、まだ若い父、母、姉、兄の笑顔いっぱいの日常でした。

「この人たちの未来を守るために、絶対に事件は起こさせない」と決意した心は、妻・由紀(上野樹里さん)が調べた父の殺人事件にまつわる不可解な出来事を集めたノートをもとに、これから起こるであろう事件を全力で阻止するという“過去を変える”タブーに踏み出しました……!

※ 番組HPに竹内涼真さんが「テセウス30秒チャレンジ!!(第1弾)」として、30秒で第1話を説明する動画が上がっていました。ぜひ、そちらもチェックしてみてください。かわいいです!

 

■子どもたちから「人殺し!」コールを浴びる心

前回、妻・由紀が遺したノートから、メッキ工場の社長を雪崩から救うことに成功した心。その娘で教師のさつき(麻生祐未さん)のはからいで、心は臨時教員として音臼小学校で働くことになりました。

出勤した朝、子どもたちがかわいがっていたウサギが死んでいるのを見つけた心。田中義男(仲本工事さん)の家で見た、不気味なウサギの絵と重なります……。

その絵を描いたのは長谷川翼(竜星涼さん)で、ウサギを毒物で殺したのも翼だと推測した心でしたが、翼のことが大好な子どもたちは「心先生が怪しい。犯人なのでは?」と言い出し、「人殺し!人殺し!」と騒ぎ出してしまいました。

 

■心が密かに疑っていた翼が死亡

翌日、ノートに記された火災を防ぐために田中(仲本工事さん)の家を訪れ、見回りをする心と父・文吾。

すると、母・和子(榮倉奈々さん)から「鈴(白鳥玉季さん)が明音ちゃん(あんなさん)と会うと言って出かけたきり帰って来ない」と電話がありました。

心と父・文吾は、田中の息子・正志(せいやさん/霜降り明星)に「火の用心!」と言い残し、急いで姉の鈴(白鳥玉季さん)と明音(あんなさん)を探しに出かけます。

心は、田中の家で見たウサギの絵と同じタッチで描かれた“2人の女の子が並ぶ不気味な絵”を思い出し、やはり翼を疑います。

父・文吾は、手がかりを見つけるために心が持っているノートを見せてほしいと迫りますが、心はそれを拒否。すると、文吾は心を殴ってしまい二人の仲に亀裂が入ります。

鈴と明音は見つかりましたが、心が疑っていた翼が遺体で発見され真犯人探しは闇の中へ……。

 

■母の本心を知り、家族の絆を実感

心は、子どもの頃に母・和子から言われた「あなたたちに父親はいない。そう思いなさい」の言葉が、実は愛にあふれたものだったと気づく。父・文吾は、心が鈴に佐野家の家族写真を渡していたことを知り、心に謝罪します。佐野家のみんなと手をぎゅっとつないで夜空を見上げる姿は、事件発生や犯人探しでピリピリした展開の中で、涙が込み上げてくるほど感動的な時間でした。

 

『テセウスの船』第2話振り返り

画像:TBSテレビ『テセウスの船』

次回は、心が父・文吾に音臼小殺人事件を告白!?

すべての事件が書かれた心のノートが奪われる!?

真犯人は誰なのか……登場人物全員が怪しく見えてしまいます。

刑事・金丸(ユースケ・サンタマリア)の心を疑う眼差しや、100円ライターでチャッチャッと音を立てる癖にイライラしつつも、竹内涼真さんが心と溶け合って雪深い真っ白な音臼村に存在する姿は、ドラマだということを忘れてしまうほど、息づかいとともにリアルに胸に飛び込んできます。

(早川ひろみ)

【おすすめ記事】

BOXもおしゃれ!『ソルデリ』のヘルシー総菜

花のような肉!?『キャメルダイナー』のランチ丼

「ホイップ入りメロンパン」4社食べ比べレポ

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【画像】
※ TBSテレビ『テセウスの船』