CUCURU(ククル) > グルメ > ブームを先取り!愛知県の「わらび餅が絶品のお店」5選

ブームを先取り!愛知県の「わらび餅が絶品のお店」5選

画像:CUCURU編集部

ネクストブームはこれ!と噂されているスイーツ、“わらび餅”。とろとろであま~いお味や、アレンジされた新しい食べ方が人気を集めているんです。

そこで今回は、愛知にある“わらび餅がおいしいお店”をまとめてご紹介します。

■1:わらび屋本舗

画像:近藤淳子

“名物とろとろわらび餅”が評判の『わらび屋本舗 BENKEI(ベンケイ)長久手店』。とろとろ食感のわらび餅は一度食べるとやみつきに! リピートする人続出と大人気です。

『わらび屋本舗』は、遠方から訪れるほどおいしいパンが人気の『ベンケイ長久手店』の駐車場の一角にあります。

サイズは大・中・小の3種類あり、味はプレーンとよもぎの2種類あるのでそれぞれ味わうのも楽しみです。

画像:近藤淳子

お箸で持つにもやわらかすぎて、なかなかつかめないわらび餅! 口の中に入れたとたんやわらかくとろけて、炊きあがったときと同じ状態に戻ったようにとろとろに!

練り込まれた小豆と、たっぷりのきな粉が口の中のとろとろ感と絡まって、極限の新食感に包まれました。

ほかにも『純正クリームわらび餅』と『塩豆大福』なども人気なのだとか! ぜひ食べてみてくださいね。

<店舗情報>
わらび屋本舗 BENKEI 長久手店
住所:愛知県長久手市桜作903(BENKEI 長久手店敷地内)
電話:0561-63-6309
営業時間:10:00~18:00
定休日:なし
駐車場:BENKEI駐車場

 

■2:OHAGI3

画像:木村純子

ネクストブームと噂の“わらび餅ドリンク”。名古屋のおはぎ専門店『OHAGI3(おはぎさん)』に新登場したわらび餅ドリンクが「衝撃のおいしさ!」と話題になっているそう。

わらび餅ドリンクを提供しているのは市内に3店舗ある『OHAGI3(おはぎさん)』でも、名古屋市北区のSAKUMACHI(サクマチ)商店街内の尼ヶ坂(あまがさか)店のみ。

お店では、黒糖の自家製シロップの『黒糖みるく』と、きび糖を使った抹茶シロップ『抹茶みるく』の2つのフレーバーを提供。

画像:OHAGI3

やわらかなわらび餅は刻んでくっつかないよう、きな粉をまぶしてあるそう。気遣いがうれしいですよね。

なめらかなでやわらかなわらび餅はつるんとのどごしがよく、ドリンクと一緒に飲んでも違和感ありません。

『抹茶みるく』は上質なお抹茶とほんのりきな粉の風味。もちろん抹茶ラテもとってもおいしいですよ!

<店舗情報>
OHAGI3 尼ヶ坂店
住所:愛知県名古屋市北区大杉1-19-10 SAKUMACHI商店街内
電話:052-898-2888
営業時間:10:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:無

 

■3:ふる~つ果フェ

画像:木村純子

フルーツサンドが人気の名古屋市南区築地口『ぜんめいや』。そのお店が営むカフェ『ふる~つ果フェ』では、自慢のフルーツを贅沢に使ったパフェ風ソフトや、かき氷が人気です。

そして最近では、わらび餅ドリンクが話題になっています!

お店の場所は地下鉄名港線築地口駅から歩いて3分ほど、大通り沿いにあるのでわかりやすいですよ。

画像:ふる~つ果ふぇ

こちらが名古屋ではまだ珍しい『わらび餅ドリンク』。“ミルクティー”と“抹茶ラテ”、2つのフレーバーからチョイスできます。

ミルクティーは定番のお味。黒糖を使用した粒状のわらび餅の見た目は、タピオカに似ていますね。

食べてみるとタピオカよりやわらかくモチッとなめらか。そんな新食感にハマる人が続出なんだとか!

<店舗情報>
ふる~つ果ふぇ
住所:愛知県名古屋市港区名港1-18-12
営業時間:10:00〜17:00(L.O.16:15)、火のみ10:00〜16:00(L.O.15:30)
定休日:水曜日、日曜日
駐車場:なし(近隣に有料コインパーキングあり)

 

■4:覚王山茶寮

画像:近藤淳子

地下鉄東山線 覚王山から徒歩2分という近さにある『覚王山茶寮』。『うなぎ 四代目 菊川』の2階にあるお店です。

1階と2階は連動しているため、覚王山茶寮でもうなぎを食べることができるんです。

また、『うなぎ 四代目 菊川』でも甘味メニューをいただくことが可能なので、さまざまな楽しみ方ができますよ。

画像:近藤淳子

覚王山茶寮、自家製の上品なお味がおいしいわらび餅です。うなぎを召し上がったあとに頼むデザートの中では、一番人気とのこと。

やわらかくて大きいわらび餅のもっちり感と、京挽ききなこ、黒蜜の甘さが重なって、いつまでも口の中に留めておきたいおいしさです。

豆乳ソフトと生クリームの層をはさんで、ベースには抹茶のスポンジと白玉のような麩まんじゅうと小豆が敷き詰められた『覚王山パフェ』も人気ですよ!

<店舗情報>
覚王山茶寮
住所:愛知県名古屋市千種区山門町2-53-2
電話:052-759-4499
営業時間:11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:無休
駐車場:なし(近隣コインパーキングあり)

 

■5:芳光

画像:野村純子

東区にある『御菓子所 芳光』には、開店時間の9時を回った頃、絶え間なくお客さんが来店しはじめます。そして男女問わず必ず買っていくのが、わらび餅。

芳光のわらび餅が購入できるのは6月末までです。平日でも午後3時半を過ぎると完売覚悟ですが、電話注文による受け付けもあります。

また、名古屋市内の百貨店内でも購入可能です。それぞれ曜日と限定数が異なりますので、お店で配布されている販売スケジュール表を参考にしてくださいね。

画像:野村純子

材料は蕨粉、砂糖、小豆、きな粉といたってシンプルですが、中央にこしあんを包んだわらび餅は、夏のおやつというより上生菓子といった風格です。

半分に切ろうとすると崩れてしまいそうなくらいやわらかいため、夏場は品質を保つことが難しく、10月から翌年6月末までの期間限定で販売されています。

名古屋出身の著名人が番組でたびたび紹介しているだけでなく、女優の竹内結子さんが著書『たけうちマルシェ 心に届くおいしいさしいれ102』の中で芳光のわらび餅を紹介しています。差し入れに絶対よろこばれるお菓子のひとつですよ!

<店舗情報>
御菓子所 芳光(よしみつ)
住所:愛知県名古屋市東区新出来1-9-1
電話:052-931-4432
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日、1/1~1/3・8月に臨時休業日あり
駐車場:有

 

いかがですか?

最近人気の“わらび餅ドリンク”から、老舗のわらび餅までいろいろありました! ぜひ食べてみてくださいね。

【おすすめ記事】

BOXもおしゃれ!『ソルデリ』のヘルシー総菜

花のような肉!?『キャメルダイナー』のランチ丼

「ホイップ入りメロンパン」4社食べ比べレポ

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【画像】
※ 近藤淳子、木村純子、OHAGI3、ふる~つ果ふぇ、野村純子、CUCURU編集部

※この記事は、2017年5月~2019年11月に取材した情報です