CUCURU(ククル) > エンタメ > 竹内涼真が挑む本格ミステリー!日曜劇場『テセウスの船』第1話振り返り

竹内涼真が挑む本格ミステリー!日曜劇場『テセウスの船』第1話振り返り

『テセウスの船』第1話

画像:TBSテレビ『テセウスの船』

2020年1月19日(日)からスタートした、日曜劇場『テセウスの船』。東元俊哉さん原作の同名コミックスを、竹内涼真さんをはじめとする豪華キャスト陣が演じます。

そんな期待の最新ドラマ第1話を、さっそく振り返っていきましょう!

■令和から平成へタイムスリップ!

『テセウスの船』第1話

画像:TBSテレビ『テセウスの船』

時代を超えて家族の絆をつなぐ奇跡の物語。

主人公の田村心(たむらしん/竹内涼真さん)は、自分がまだ母親・佐野和子(榮倉奈々さん)のお腹の中にいたときに、警察官の父親・佐野文吾(鈴木亮平さん)が殺人事件の容疑者として逮捕されたことで世間からののしられ、身を隠すように生きてきました。

2020年(令和2年)のある日、最愛の妻・田村由紀(上野樹里さん)から「お父さんを信じてみて。そもそもお父さんが犯人なのか知りたい」と、佐野文吾が犯した殺人事件にまつわる不可解な事故を集めたノートを手渡された心。そこには由紀が集めた新聞記事の切り抜きとともに、「佐野文吾 冤罪の可能性アリ?」と書かれた赤い文字が……。

心は、生まれたばかりの子どものためにも事件と向き合う決心をします。

しかし、事件現場の音臼村を訪れると、突然、濃い霧に包まれて目の前が真っ白に……! なんと、過去にタイムスリップしてしまいます!

しかも、タイムスリップしたのは事件が起こる直前の1989年(平成元年)、31年前の音臼村。

心が目にした光景は、意外にも父、母、姉、兄の笑顔いっぱいの日常でした。

「父の殺人事件を阻止すれば家族の笑顔が守れる」と確信した心は、“過去を変える”というタブーに踏み出します。

そう、家族の幸せを取り戻すために動き出した心の、時代を超えた奇跡の物語が始まりました!

 

■犯人は本当に父・文吾なの?

『テセウスの船』第1話

画像:TBSテレビ『テセウスの船』

『テセウスの船』第1話

画像:TBSテレビ『テセウスの船』

気になる登場人物や見逃せない描写。

“やはり『本番』は、あの薬でいこう。
計画通り、次はもっと大きい人間で試してみる”

“誰だろうと邪魔はさせない。
計画は完璧だ”

“次のモルモットを決めた。
いよいよ『本番』に向けてカウントダウンだ。”

など、度々ストーリーに出てくるワープロの文字。これを打っているのは、父・文吾?

それから、2020年のシーンでは大人になった姉・鈴(貫地谷しほりさん)がちらっと映ったのに対し、兄の姿を見ることはありませんでした。鈴と一緒にいる車椅子の男性(安藤政信さん)が兄? いや、そうでもなさそうな雰囲気……。

そして、心は2020年に戻ることができるのか心配になるとともに、子ども時代の兄・慎吾(番家天嵩さん)が「24時間戦えますか?ビジネスマ〜ン♪」と昭和のCMをおどけて真似する姿が今後も出てくるのかも気になります!

重い空気のドラマだと思って覚悟していましたが、タイムスリップした先の佐野一家は底抜けに明るい!

光と闇がスリリングに交錯する展開と、心を演じる竹内涼真さんの好青年ぷりやナレーションでの誠実で甘い声にぐいぐい引き込まれていきました!

 

次回は村の人たちの裏の顔が次々に? 真犯人あらわる? 心が音臼小学校の教員に?

探偵気分でドラマを楽しみたいと思います!

(早川ひろみ)

【おすすめ記事】

大須『フルッタジフルッタ』のフルーツクレープ

女性の心を掴む伊勢市『ダリ』のスイーツとは

タレをからめるだけ!「お餅アレンジ」3つ

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【画像】
※ TBSテレビ『テセウスの船』