CUCURU(ククル) > グルメ > 絶対食べたい!京都のスパイスと野菜をたっぷり使ったこだわりカレー

絶対食べたい!京都のスパイスと野菜をたっぷり使ったこだわりカレー

昨年12月初旬、京都府亀岡市に「京FUJIHARUカレー(きょうフジハルカレー)」がオープンしました。実はこちら、工業製品を扱う地元の会社が開いたカレーショップです。なぜそんな会社がカレーのお店を?どんなカレーが食べられるの?気になる方は、ぜひチェックしてください。

長年共に働いた仲間同士で飲食店に挑戦

亀岡市のJR並河駅付近を歩いていると出合う、カフェのような外観の建物。こちらが、カレーショップ「京FUJIHARUカレー(きょうフジハルカレー)」です。電子部品の検査や組立を行う会社「藤大(ふじはる)」が開店しました。

電子部品に携わる会社がなぜ飲食店を始めたのか、気になりませんか?藤大は、約25年前に内職から始まった会社で、従業員の80%は女性。創業から苦楽を共にしてきた社員が今も働いていますが、年齢による視力低下で精密機器の検査をする業務が難しくなり、退職志願者も出てきました。そこで、仲間がいつまでも働き続けられる場所を作ろうと始めたのがカレーショップでした。

1年かけて作り上げた、みんなに愛されるカレー

「せっかく作るならこだわりぬいたカレーを提供したい。」そんな思いで、全国各地のカレーを食べ比べ、スパイス選びから調合の研究を行うこと1年。多くの人が慣れ親しむ欧風カレーを、オリジナルのレシピで完成させました。ルウを使わずに1から作られるカレーは、お客さんの口に入るまでに3日が費やされるほど手間暇がかけられます。
また、スパイスや野菜など、素材はできる限り亀岡のものを使用。地産地消で、人にも環境にもやさしいカレーなのです。一口食べてみると、玉ねぎの甘さとスパイスの辛さが口の中に広がります。けれどその辛さは、お店を出るときまで引きずるようなものではありません。スパイスをしっかりと感じさせながらも、優しい味わいでホッとする。そんな、多くの人が好きになるようなカレーが味わえます。

メニューにはベーシックなプレーンカレーのほか、ビーフカレーやカツカレーもあります。季節のサラダや手作りのジンジャーエールなどのドリンクと一緒に楽しんでください。

スタッフの方が生き生きと働き、笑顔があふれる店内でカレーを食べれば、なんだか元気が湧いてきそう。お近くの方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。
writer / 凪 photo / 株式会社藤大

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。