CUCURU(ククル) > エンタメ > やられたらやり返す…ことはしない木村拓哉!日曜劇場『グランメゾン東京』第9話振り返り

やられたらやり返す…ことはしない木村拓哉!日曜劇場『グランメゾン東京』第9話振り返り

画像:TBSテレビ『グランメゾン東京』

第9話は、これまで謎だった“ナッツ混入事故”と栞奈(中村アンさん)の父親との関係が明らかに! 尾花(木村拓哉さん)や元エスコフィユのスタッフらに復讐するためにグランメゾン東京で働いたことを激白しました。

■倒れる萌絵、怪しい動きをする栞奈

画像:TBSテレビ『グランメゾン東京』

グランメゾン東京のスタッフミーティングで栞奈が店を辞めることが発表されました。

続いて、倫子(鈴木京香さん)から「ミシュランの審査開始に合わせてコース料理を新しくする」、尾花(木村拓哉さん)からは「日本産のワインを取り入れたい」と提案があり、尾花はソムリエの資格を持つ栞奈に最後の仕事としてワインのチョイスを命じます。

店で行われた試飲会では栞奈が選んだ日本産ワインを絶賛する尾花と倫子。相沢(及川光博さん)らとともにワインに合う新メニュー話に花を咲かせていると、突然、萌絵(吉谷彩子さん)が倒れてしまいます。原因はノロウィルスでした。

栞奈の怪しい行動に気づいた相沢は、訝しげな表情を浮かべます……。

 

■グランメゾン東京と祥平を追い詰めようとするリンダ

画像:TBSテレビ『グランメゾン東京』

栞奈は萌絵のノロウィルス感染を早速リンダ(冨永愛さん)に報告。「飲食店でノロウィルスは致命的」と、リンダはグランメゾン東京の風評被害をたくらみます。

さらに、祥平(玉森裕太さん・Kis-My-Ft2)を呼び出したリンダは、“ナッツ混入事故”の犯人を祥平に認めさせることに成功。それによって祥平はgakuを辞めざるをえなくなりました。

 

■やられたらやり返すことはしない尾花たち

一方、ノロウィルスの原因がわかるまで店を休業することにした尾花と倫子は、栞奈に案内を頼んでワイナリーを訪れます。

水を得た魚のようにブドウを育てる土壌から丁寧にワインの魅力を説明する栞奈。この生き生きとした表情を尾花と倫子が見逃すわけがありません。

物語後半で「みんなを騙して働くのは楽しかった」と憎々しい口調で尾花への恨みをぶちまけた栞奈に対し、本当の気持ちを見抜いていた尾花たちは「店の正式なソムリエールになってほしい」と栞奈に提案します。

この展開があまりにも愛にあふれていてうれしくて心が晴れやかになりました!

恨みながら生きるのって本当につらい。

まとわりついていた不穏な空気を捨て、本来の輝きを取り戻した栞奈と、三つ星獲得のためにさらに強い味方を得たグランメゾン東京。

尾花が栞奈に激しくダメ出しをされた“白子のポッシェ”の完成も楽しみです!

 

■グランメゾン東京のスタッフになる!? 気がかりな祥平

いよいよ最終章!

果たして尾花の「グランメゾンに来い」の言葉に対して祥平の返事は?

予告で流れた尾花・祥平・京野(沢村一樹さん)が川の字で寝ているシーンも気になります!

両手を両脇に挟んで尾花のマネをする芹田(寛一郎さん)。尾花に「おばさん」と呼ばれてもいちいち反応しなくなった倫子。名前を呼ぶのではなく指をパチパチさせて栞奈を呼び寄せる尾花など、相変わらず細かいところで楽しませてくれる『グランメゾン東京』。

尾花が本気を出して料理に取り組むときに必ず流れる“ギュイ〜ンギュイ〜ンのギター”と、“ベンベンはじけるグルーヴ感たっぷりのベース”が印象的なハードロックサウンドが耳から離れないまま、第10話の放送を迎えられそうです!

文/早川ひろみ

【おすすめ記事】

『My tea』の「モリンガ」入りドリンクが話題

『カフェ リエッコ』の激かわいちごドルチェ

ローソンのとろけるスイーツ2選を徹底比較

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【画像】
※ TBSテレビ『グランメゾン東京』