CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > デジタルアートが幻想的!名古屋・東別院で「年越しイベント」開催

デジタルアートが幻想的!名古屋・東別院で「年越しイベント」開催

画像:真宗大谷派名古屋別院

画像:真宗大谷派名古屋別院

愛知県名古屋市中区『真宗大谷派名古屋別院』は、2019年大晦日から元旦にかけて、光のアートと日本伝統文化の共演、『初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸』を開催します。

デジタルアートの先駆者“長谷川章”氏が作り出す幻想的なデジタル映像を背景に、“辰巳満次郎”氏の創作能舞の舞や和太鼓、日本古来の楽器三曲が鳴り響く、そんな特別な空間を楽しめるのはこの日だけ!

というわけで今回は、そんな特別な年越しイベントについてご紹介いたします。

■デジタル掛け軸が繰り広げる幻想的な光!

名古屋・東別院『初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸』

画像:真宗大谷派名古屋別院

名古屋の東別院で催される『初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸』は、和太鼓がその始まりを告げます。

“山田純平×熱響打楽”による和楽総合芸術集団が織りなす日本古来の伝統的な音色の演奏は、第一部が18:50~19:20で、第二部が19:40~20:10です。

名古屋・東別院『初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸』

画像:真宗大谷派名古屋別院

『D-K デジタル掛け軸』は、デジタルアートの先端を走り続けた長谷川章さんが手がけます。

伝統的な建造物でもある東別院に最先端のデジタルアートを重ねる姿は、まさに時空を超えた芸術。

投影する複数のプロジェクターで作り出す幻想的な空間は、もはや一期一会のアートといえるでしょう。

 

■日本伝統の舞も必見!

名古屋・東別院『初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸』

画像:真宗大谷派名古屋別院

この年越しイベントでは、日本の伝統の神髄、能楽師“辰巳満次郎”氏の創作能舞の舞がコラボします。

舞壱『勿忘之舞』は、21:15〜21:45、舞弐『領受之舞』は、22:15〜22:45、舞参『望年之舞』は、23:15〜23:45とそれぞれ違った演目が楽しめます。

少し楽しむもよし、すべて楽しむもよし! いろんな楽しみ方ができそうですね。

名古屋・東別院『初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸』

画像:真宗大谷派名古屋別院

日本古来の楽器である三曲(さんきょく)は、箏・三絃を佐藤亜衣さんが、胡弓を佐藤功さんが、尺八を加藤奏山さんが、箏を加藤かず穂さんが担当。

『八千代獅子・春の海』を披露します。時間は20:40~21:05です。

なかなか聞くことができない“三曲”が聴けるいいチャンスですね。

名古屋・東別院『初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸』

画像:真宗大谷派名古屋別院

山門・手水舎にはフラワーアーティストの丹羽恵子さんが、華が彩る令和の夜明けとして『迎春華』を創作。

大晦日の日には大焚き火も催されます。火が高々と燃え上がる姿はきっと鮮やかなことでしょう。

 

いかがでしたか?

大晦日からお正月にかけて、夜市や屋台、キッチンカーも出ているので、お正月までの時間も乗り越えられそう。

腹ごしらえをしながら、思い出に残るお正月を迎えましょう。

 

<イベント情報>
初鐘×D-K Liveデジタル掛け軸
開催日時:2019年12月31日(火)18:30~2020年1月1日(水・祝)1:30
会場:名古屋東別院境内
アクセス:地下鉄名城線『東別院』駅下車、4番出口より西に徒歩5分
電話:052-321-9201

【おすすめ記事】

『My tea』の「モリンガ」入りドリンクが話題

『カフェ リエッコ』の激かわいちごドルチェ

ローソンのとろけるスイーツ2選を徹底比較

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【参考】
東別院 初鐘×D-K Live デジタル掛け軸-真宗大谷派名古屋別院

【画像】
※ 真宗大谷派名古屋別院

※ この記事は公開日時点の情報です。