CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 実は手足の冷えより…怖っ!「腸冷え」が体に与える悪影響あれこれ

実は手足の冷えより…怖っ!「腸冷え」が体に与える悪影響あれこれ

日増しに寒さが厳しくなる季節は、足先や手先などの末端が冷たくなりすぎないように、さまざまな冷え性対策している方が多いのではないでしょうか。でも、冷え対策で忘れちゃいけないのが……“腸”です。

では、腸が冷えきってしまうと体にどのような影響が起こるのでしょうか。

 

■血行が悪くなる

体の中心部分にある腸が冷えてしまうということは、体全体にも影響を及ぼします。全身に巡っている血液まで冷えてしまい、血行が悪くなっていくことも。血行が悪くなれば、当然手足の先まで血液がよく巡らなくなるため、全身の冷えが増すという悪循環に陥ってしまいます。

 

■腸内環境が悪化する

腸自体が冷たくなってしまうことは、腸内環境にとってもいいことはありません。腸内には悪玉菌と善玉菌がいて、そのバランス(腸内フローラ)が大事。でも、腸冷えしているとバランスのいい食事を摂るなどの腸活を行っていても、善玉菌は増えにくく悪玉菌が多くなり、腸内環境が悪くなることがあるのです。

 

■免疫力が落ちる

腸と免疫は密接な関係にあり、腸が冷えていると免疫細胞も本来の働きをしてくれません。風邪になりやすい、疲れやすいと感じているのなら、腸が冷えて免疫力が落ちている可能性があります。

 

■代謝が悪くなる

腸に限らずほかの臓器でも同じことがいえますが、臓器が冷えてしまうとどうしても働きが鈍くなってきます。すると同じ食事をとっていても、消費されるカロリーが少なくなり、代謝の低下につながります。

 

■腸冷えを予防する方法は?

では、そんな腸冷えを予防するために、どうしたらよいでしょうか? やはり一般的に体を冷やすといわれる飲み物や食べ物は避け、体を温めるものを摂るようにしましょう。

朝起きたときに便秘予防で水を飲む方もいるかもしれませんが、それは腸が冷えてしまうためアウト! 『美レンジャー』の過去記事「飲むだけの“温めケア”で代謝アップ!冷えない女の毎日ドリンク5つ」で体を温める飲み物を紹介していますので、参考にしてみてください。

また腹巻を活用して、外側から腸冷え対策を行うことも大切です。

 

これまで手先の冷えばかり気にしていて、腸の冷えは考えたことがなかったという方も少なくないのでは。

しかし、腸は女性の健康にとても大事なパーツです。今回ご紹介したような悪影響を引き起こさないためにも、今年の冬は腸冷え対策もお忘れなく!