CUCURU(ククル) > ライフスタイル > 着やせ効果も期待できる!低身長さんの「ロングコート着こなし」テクニック3つ

着やせ効果も期待できる!低身長さんの「ロングコート着こなし」テクニック3つ

コートのスタイルアップテクニック3つ

画像:栗木史乃

すっかり寒さが厳しい季節になりましたね。

ここ数年ロング丈ブームですが、毎年丈が長くなって今年は膝下丈のコートが人気です。

今までのコートよりも暖かく着られるのはうれしいですが、低身長さんだとバランスが取りにくくコーディネートが難しいなと思っていませんか?

そこで今回は、自身も低身長のスタイリストの筆者が、ロングコートでもスタイルアップできる着こなしのコツを、スタイリストの栗木史乃さんがお教えします。

■1:トップスとボトムを同色に

■1:トップスとボトムを同色に

画像:栗木史乃

コートの中に着るトップスと、ボトムスを同じ色でコーディネートします。

そこにロングコートの前を開けて着ることで、縦のラインが強調されてスタイルアップが可能。前を開けて着ると、身長が高く見えるだけでなく、身幅も細く見えるので着痩せも期待できます。

ですが、コートの前を開けて着ても、トップスとボトムスの色が同じでないと、ウエストで区切られてスタイルアップ効果が半減してしまいますのでご注意を。

トップスのVネックは着痩せも期待できますが、ハイネックなどの襟が高いアイテムの方が、スッキリ見せながら縦に長く見せられるため、背も高く見えやすいです。

トップスとボトムスの色を揃えるワンカラーコーデは、コートを引き立てる効果もあるので、お気に入りのコートを着る際にも使えますよ!

 

■2:ストールで重心を上にあげる

■2:ストールで重心を上にあげる

画像:栗木史乃

ロングコートは、長さがあるため、重心が下に見えがちです。特に裾の広がったロングスカート合わせたときは、低身長さんがそのまま着ると余計小さく見えてしまう場合も。

そんなときには、マフラーやストールを首に巻いて重心を上にしましょう。ストールの場合は肩にかけるだけよりも、首回りにボリュームを持たせて巻く方が、スタイルアップしてバランス良く着こなせます。

首元にボリュームがある事で、小顔に見えやすいですよ。

髪の毛が長い方は、アップスタイルにするとさらにバランス良く着こなせるかと思います。

 

■3:帽子で目線を上げる

■3:帽子で目線を上げる

画像:栗木史乃

先程も着丈の長いロングコートは重心が下がることをお伝えしましたが、帽子を被ることで目線を上げることができ、重心が上げられます。

例えば、カラーパンツなどボトムに目立つ色をコーディネートに使う際は目線が下がりますが、帽子はそんなときのスタイルアップにも使えます。

冬は寒いので、帽子は寒さ対策としてもいいですよね。写真はベレー帽で合わせていますが、ニット帽だと帽子の高さでさらに背を大きく見せることが可能。

帽子はオシャレのハードルが高いと思う方も多いですが、最初はコーディネートの中の一色を取り入れると洋服とも合わせやすくなりますよ。

 

いかがでしたか?

着こなしのバランス次第で、低身長さんでもロングコートは着られますよ。ぜひ試してみて下さいね。

【おすすめ記事】

『Clock 9 CAFE』の大人フレンチトースト!

栄の高級食パン店『京』のレアな絶品ラスク!

スタイリストの「アクセサリー収納テク」3つ

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【画像】
※ 栗木史乃

※ 記事の情報は2019年12月時点のものです。