CUCURU(ククル) > グルメ > 野菜のプロが教える!今が旬「おいしい大根」の見分け方

野菜のプロが教える!今が旬「おいしい大根」の見分け方

選び方と簡単にできる「大根&葉っぱの活用法」

画像:freeangle / PIXTA(ピクスタ)

冬においしさを増す大根。愛知県でも大根の収穫が増えますよね。

さて今回は、大根のおいしい見分け方、葉っぱ付きの大根の場合の葉っぱの活用法、そして、おいしい大根料理を、野菜ソムリエの大橋千珠さんがご紹介します。

■鮮度良い大根の選び方

鮮度良い大根の選び方

画像:大橋千珠

大根はスーパーでは葉っぱの先端を切り落として販売されているケースも多いですが、冬の時期は葉っぱ付きの大根をよく見かけます。

葉っぱ付きの大根の見分け方は、葉っぱが生き生きした濃い緑色、しんなりしていなくハリのあるものを選んでください。もちろん、白い根の部分も硬くてハリのあるものを選ぶと良いです。

ここで注意ですが、葉付きの大根を購入した場合、すぐ葉っぱと根を切り離してください。

葉っぱをつけたままで保管をすると、根の栄養がどんどん葉に吸い取られて根がスカスカになっておいしくない大根になってしまいますよ。

 

■葉っぱの活用法

葉付きの大根を購入した場合、葉っぱを活用するのも楽しみの1つ。油と相性が良いので、ベーコンと炒めたりチャーハンに加えたりしてもおいしいですよ。

葉っぱの活用法

画像:大橋千珠

また、塩もみして菜飯用にストックするのもおすすめ。

大根1本分の葉っぱをよく洗い、細かく刻みます。大さじ1の塩でよくもんで袋に入れて、3日間冷蔵庫でおきます。

大根葉に塩が馴染んだら、水洗いして余分な塩分を抜きます。硬く絞って出来上がり。

ご飯に混ぜたら菜飯、納豆に入れても良いし、万能ですよ。

葉っぱの活用法

画像:大橋千珠

シャケフレーク、いりごまと一緒にご飯に混ぜてもおいしいです。

 

■簡単2ステップでできる『大根サラダ』がおすすめ

『大根サラダ』

画像:大橋千珠

大根は煮込んでもおいしいし、サラダやすりおろして生で食べてもおいしいので重宝しますよね。今回ご紹介するのは、大根を千切りにして甘すっぱい味付けで食べる大根サラダのご紹介をします。

<材料>

大根・・・200g

醤油・・・大さじ1

砂糖・・・大さじ1/2

米酢・・・大さじ2

ごま油・・・大さじ1

鰹節・・・2g

板のり・・・1枚

<作り方>

(1)大根は千切りにします。

(2)ボウルに大根、醤油、砂糖、米酢、鰹節、ちぎった板のりを加えて混ぜて完成。

大根を切って材料を混ぜるだけ。あっという間に副菜ができます。冷蔵庫で3~4日保管もできるので、常備菜にもおすすめです。

大根は鰹節と合わせることで、味がまろやかになりますよ。

 

いかがですか?

葉付きの大根の見分け方、葉っぱの活用法、おいしい大根サラダのご紹介をしました。ぜひ大根のおいしい時期にお試しくださいね。

【おすすめ記事】

『Clock 9 CAFE』の大人フレンチトースト!

栄の高級食パン店『京』のレアな絶品ラスク!

スタイリストの「アクセサリー収納テク」3つ

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【画像】
※大橋千珠、freeangle / PIXTA(ピクスタ)

※ この記事は、公開日時点の情報です。