CUCURU(ククル) > 美容・健康 > 姿勢を意識するだけ!憧れの美尻&美脚を目指せる楽々ダイエット

姿勢を意識するだけ!憧れの美尻&美脚を目指せる楽々ダイエット

痩せたいけれど、キツい食事制限や運動は続けられない…。そんな人におすすめなのが、「コア締めダイエット」です。身体のある部分に力を入れるだけで正しい姿勢が保てるようになり、キュッと上がったお尻やほっそりした脚が目指せるのだとか。その方法と仕組みについてご紹介します。

話題の「コア締めダイエット」に挑戦しよう

今回ご紹介する「コア締めダイエット」は、最近テレビ番組や雑誌でも活躍中のボディメイクトレーナー・久嬢(くじょう)由起子さんがおすすめしているダイエット方法です。久嬢さんご自身がー13kgの減量に成功したほか、挑戦したモニターの方もー5kg、ウエストー15cmという驚きの結果を出しているのだそう。

その基本の方法は、肛門に力を入れること。コア締めの「コア」とは「中核」を表す言葉で、ここでは肛門まわりの筋肉「肛筋」のことを指しています。年齢を重ねるごとに気になるお腹のたるみやくびれのなさは、この肛筋が鍛えられていない証拠なのです。

久嬢さんいわく、肛筋を鍛えることでスタイルアップが叶うのだそう。
そこで、肛筋を簡単に鍛えることができる方法をまとめた『見るだけでやせる コア締めダイエット』を参考にいくつかご紹介します。この本には、電車で立っているときやバッグを持つときなど、日常生活で正しい姿勢をとるためのポイントが掲載。一読すれば自然とその姿勢を真似することができ、正しい姿勢が定着。ツラい運動をする必要がなく、お尻や脚を引き締められるほか、腰痛や便秘改善などの効果も期待できます。

立っているときはハンガーに吊られているイメージで

実際に本に載っている、正しい姿勢のポイントをご紹介します。
立っているときは、頭からハンガーでつられているようなイメージで、身体に力が入りすぎないようにするのがポイント。姿勢が整うことで骨盤や内臓が正しい位置に戻り、健康的な身体へと導きます。

立っているときの正しい姿勢

1) 頭の先まで肛門をぐっと引き上げるようなイメージで立ちます。このとき、背中は肩甲骨同士をリボンでキュッと結ぶイメージで内側へ引き寄せてください。
2) 鎖骨は左右遠くに向かって引き伸ばします。耳から肩を遠ざけることで背筋が伸びやすくなるでしょう。
3) 肛門はキュッと締め、肛筋が背骨を通って上に向かっていくイメージで引き上げます。
4) 体重は足裏の真ん中に乗せ、脚は床に対してまっすぐにします。

座っているときは猫背やお尻の血行不良に注意

長時間に渡るデスクワークの場合、長らく同じ姿勢になりがちのため肛筋を締め続けるのは難しいもの。1時間に1回肛筋を締めることや、時々もぞもぞと動いてお尻をマッサージし、血流を促すことを意識してください。

座っているときの正しい姿勢

1) 立っているときと同様に、鎖骨は左右に伸ばします。
2) 骨盤は座面に対して垂直になるように意識します。
3) 肛筋は頭まで一直線に締め上げるイメージをもちましょう。
パソコンの位置は、目の高さに合わせることで猫背解消につながります。また、脚をピタッとそろえると、内もものトレーニングになるのでおすすめ。
正しい姿勢を意識するだけで痩せやすい身体が目指せる「コア締めダイエット」。ハードな運動や食事制限ではなく、日頃ちょっと気を配るだけなので続けやすい方法です。他にも役立つ方法がたくさん紹介されているので、まずは簡単なことからさっそく挑戦してみてはいかがでしょうか?
writer / ミハル photo / 株式会社西東社

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。