CUCURU(ククル) > グルメ > フレーバー豊富なスコーン専門店!『キキ』名古屋・本山にオープン

フレーバー豊富なスコーン専門店!『キキ』名古屋・本山にオープン

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

名古屋・本山にオープンした、スコーンと焼き菓子の店『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』にお邪魔してきました。

営業は月に10日だけ、空いている時間も3時間ほどと隠れ家のようなお店ですが、オープンすれば連日完売と大人気なんですよ。早速ご紹介します。

■赤いポストが目印!

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

お店の場所は、地下鉄 東山線・名城線 本山駅4番出口から右へ、川沿いの道を歩いて2分ほど歩いた右手、赤いポストが目印です。

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

営業は不定期で月に10日ほど、こちらの看板が出ているときはオープンしています。

見た感じはお店に見えないので、赤いポストを見逃さないでくださいね!

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

アンティークテイストの素敵なお店で、カウンターに焼き菓子が並びます。

 

■フレーバーは10種類以上!

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

スコーンもマフィンもオリジナル。それぞれに10種類以上のレシピがあるそうで、店頭には3~5種類が並びます。

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

オーナーが1つずつ丁寧に作るマフィン、オープン前から15:00くらいまでずっと焼き続けているそう。

小さなお子さんにも安心して食べてほしいと、小麦粉は国産、砂糖はきび糖、ベーキングパウダーはアルミフリーなど体を気遣った素材を厳選しています。

おうちで子どもたちに向けて作っていたお菓子を、お裾分けするような気持ちで作っているんだとか。

 

■おすすめスコーン3つ

おすすめの定番スコーン3つをご紹介しましょう。こちらは毎日お店に並びますが、タイミングによっては完売しているかもしれません。

(1)リッチ プレーンスコーン

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

シンプルだからこそ素材にこだわったという『リッチ プレーンスコーン』(税込200円)。

発酵バターと生クリームを使っており素材の良さを感じます。そのままでもジャムやバターをつけて食べてもおいしくただけます。

(2)紅茶スコーン

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

こちらは、『紅茶スコーン』(税込200円)。アールグレイの茶葉をたっぷりと練り込んでいます。

筆者もいただきましたが、割ると紅茶の香りが豊かで、そのままでも十分においしくいただけました。シンプルなお味なので、ジャムをつけてもおいしそう。

(3)シュガーラムレーズンスコーン

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

こちらは、『シュガーラムレーズンスコーン』(税込250円)。自家製のラムレーズンを使っています。

グラニュー糖をトッピングして焼いてあり、ザクザクとした食感がクセになる味わいですよ。

 

■マフィンは13:30~

名古屋・本山『スコーンと焼き菓子のお店 キキ』

画像:木村純子

こちらのお店では、マフィンも人気! 13:30頃から店頭に並びます。

完売次第閉店してしまうそう。15:00まではオープンしているので、15:00までに行くのがおすすめです。

 

いかがですか。

オープン前から15:00頃まではずっと焼き続けているいうオーナー。筆者も焼きたてのマフィンを買って帰りました。

日替わりでどのフレーバーが並ぶかはお楽しみ。まだまだレシピは増えていくそうなので通いたくなりますね!

<店舗情報>
スコーンと焼き菓子のお店 キキ
住所:愛知県名古屋市千種区稲舟通1-13
アクセス:地下鉄 東山線・名城線 本山駅4番出口から徒歩2分
営業時間:12:00~15:00頃(完売次第終了)
定休日:不定期営業(月10日ほど)
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
公式サイト:https://www.instagram.com/kikiimotoyama/

【おすすめ記事】

名古屋・中村区の激安八百屋『安兵衛青果』

名東区『エイトサンド』の具材ぎっしりサンド

ダイソー「メイクパフ」最後まで使い倒す方法

プライムツリー赤池にご当地プリン大集結(AD

【画像】
※木村純子

※ 記事の情報は公開日時点のものです。最新の情報は店舗へお問い合わせください。