CUCURU(ククル) > グルメ > 黒毛和牛丼に惚れ惚れ。名古屋・南区に『富鷹茄(あおか)』OPEN

黒毛和牛丼に惚れ惚れ。名古屋・南区に『富鷹茄(あおか)』OPEN

画像:大橋千珠

名古屋市南区の『富鷹茄(あおか)』は、3年以上続けたラーメン店から、和牛丼のお店に業態変更した一軒。超高級和牛と九州のこだわりの食材、調味料を使った和牛丼を食べられるお店に変わりました。

筆者もさっそくお店にお邪魔しました!

■お店は、名古屋市南区・バロー内田橋店の近く

画像:大橋千珠

内田橋のバローの近くで、名古屋東港線沿いにあります。駐車場はお店の前に共用で6台あるので、車でのアクセスが便利ですね。

富鷹茄は『麺屋又兵衛』の店主のお店。11月24日でラーメン屋を閉めて、11月下旬に新たに和牛丼屋さんをオープンされました。

 

■和牛にこだわった牛丼。メニューは2種類

画像:大橋千珠

九州のおいしい牛肉を使用。九州の赤牛と黒毛和牛を使用した和牛丼です。

画像:大橋千珠

メニューは『赤うし丼』(1,750円)『黒毛和牛ローストビーフ丼』(1,950円)の2種類。数量限定なので、予定分が売り切れ次第終了だそうです。

画像:富鷹茄

写真は赤うし丼。熊本県産の赤身の牛肉に温泉卵が乗っています。ご飯には自家製の蒲焼のタレがかかっているそうですよ。

 

■黒毛和牛ローストビーフ丼をいただきました。

画像:大橋千珠

筆者の伺ったときはA5ランクの宮崎牛でした。仕入れによって黒毛和牛の銘柄が変わるそうですよ。

画像:大橋千珠

薄くスライスされた黒毛和牛はとろける食感。肉の甘みを感じられる絶品の牛丼です。伊豆の天城わさびと、黒毛和牛に合うように調合された店主お手製の特製醤油でいただきます。

画像:大橋千珠

また、小皿に乗っているのは和牛の牛すじ煮。箸で崩れるほどのやわらかな食感。甘口の味付けでご飯が進みます!

味噌汁は米味噌と麦味噌をブレンドしていて、やさしい甘みを感じます。本鰹、ムロアジ、サバ、宗田鰹、ウルメイワシから取った出汁を使用しており、味に深みがあります。

画像:大橋千珠

あと、箸置きも注目です。幸せの象徴“ハト”の箸置きです。とてもかわいいのでぜひ見てみてくださいね。

 

いかがですか?

おいしい和牛を食べて欲しいという店主が作り上げた絶品の和牛丼。

和牛をカジュアルに味わえるお店なので、牛肉が好きな方、ぜひ行ってみてくださいね!

 

<店舗情報>
和牛丼富鷹茄(あおか)
住所:愛知県名古屋市南区内田橋1-14-2 コーポ竹味1F
営業時間:11:30~14:00、18:00~21:00
定休日:月曜日
駐車場:6台(共用)

【おすすめ記事】

バスクチーズケーキ専門店が名古屋駅に登場

『あんポるて』の炭入り「黒食パン」が話題

美容家イチオシの「プチプラ化粧水」3選

豊橋市『ベジマイル』に新メニュー登場(AD

【画像】
※ 和牛丼富鷹茄、大橋千珠

※ この記事は、公開日時点の情報です。