CUCURU(ククル) > ライフスタイル > もはやどうしたらいいか分からない人必見!「部屋の片付け」のやる気の出し方

もはやどうしたらいいか分からない人必見!「部屋の片付け」のやる気の出し方

部屋をきれいに片付けたら、きっと居心地がよくて素敵な時間を過ごせそう。それはわかっているけれど、なかなかやる気が起きない、どこから手をつけたらいいかわからない、といった人は多いのでは?そこで今回は、絶対にやる気になる部屋の片付け方法と、きれいになった状態をキープするコツをご紹介します。

部屋を片付ける気になれないのはなぜ?

散らかっている部屋よりも、きれいに片付いている部屋のほうがいいと、頭ではわかっているのに、なかなかやる気が起きないのは、そもそもなぜなのでしょう?やる気に火をつけようとする前にまずは、その原因から考えてみましょう。

・忙しくて時間がないから
・(時間はあるけど)面倒くさいから
・上手な片付けの方法がわからないから
・片付けてもどうせまた散らかるから

だいたい、こんなところでしょうか?やる気が起きない人は、この理由のあとに、「今じゃなくて、そのうちやろう」「今やらなくてもいいか」という言葉が続くことが多いではないでしょうか。
仕事や食事といった、生きていくために必要最低限のことは、誰でも否応なしにやることになります。でも、片付けの場合は「今すぐにやらなくても困らない」という考えが、心の片隅にあるため、ついつい後回しになってしまう人が多いようです。

部屋が散らかっていることのデメリット

片付けを後回しにして部屋が散らかっていても、本当に問題はないのでしょうか?探しものがすぐに見つからずに時間を無駄にするとか、気分がすっきりしないなどといった、あなたが感じている問題の他にも、実はたくさんのデメリットがあるんです。

・掃除がしづらく埃などがたまりやすい→不衛生で不健康
・ストックを把握できないので同じようなものを買ってしまう→不経済
・心身ともに休まらない→不健康
・人を家に呼べない→人間関係に悪影響
・カビや汚れで部屋が傷んで修理が必要になる→不経済

ざっとあげただけでも、こんなにデメリットがあります。それでも、まだ「やらなくても問題はない」と言えますか?

片付けのやる気を出すための方法

片付けのデメリットがわかったところで、どうやってやる気を出したらいいのか?誰でもすぐにできる簡単な8つの方法をご紹介します。

1.片付けることで起こるメリットをイメージする

誰だって、メリットのないことには腰が重くなります。片付けることのメリットは、デメリットとは反対のことを考えてみましょう。一度片付けてしまえば、時間を有効に使えて、清潔で健康的、しかもお財布にやさしくて、人間関係も広がる。そう考えたら、少しはやる気が出てきませんか?

2.きれいに片付いた部屋をイメージする

自分が何を目指しているのかが分からないと、頑張るのは難しいですよね。自分は片付いた部屋で、どんな暮らしをしたいのか、具体的にイメージしてみましょう。

たとえば、片付いた部屋に友達や恋人を呼んで楽しい時間を過ごす。あるいは、ものがすぐに見つかるように整理整頓をして時間を有効に使う。または、洋服を整理して、欲しかった新しい服を買うとか、買い物のロスをなくして貯金額を増やす、などなど。部屋を片付けることによって、どんないいことが起きるのかをできるだけ具体的にイメージしてみましょう。

3.まず手を動かす

脳は考えるだけで疲労するのだそう。そのため、どうやって片付けるのか、何から始めるのかを考えただけで、どんよりしてしまうのは仕方のないこと。そうならないためにも、余計なことは考えずに今すぐに手を動かしてみましょう。不思議なことに、やる気は、やればやるほど湧いてくるもの。何かを始めること、少しでも成果が見えることで自然とやる気が湧いてきます。

4.やることをリストアップする

一時期、レコーディングダイエットというダイエット方法が話題となりました。人は視覚化することで、頭が整理されると同時に、やるべきことが明確になって行動しやすくなります。まずは、「出しっぱなしの服をしまう」「本を整理する」などと、やることをリストアップしてみましょう。想像していたよりも、案外項目が少なくて、やる気が出るかもしれません。また、すぐにできそうなことがわかって、どこから始めればいいかがわかるのもいいですね。終わったものから線を引いて消していくと、達成感がうまれてさらにやる気がアップするというメリットも。

5.場所を決めて片付ける

ただ漠然と「片付けよう」と考えると、大ごとのように感じてしまいます。まずは場所を限定して片付けてみたらどうでしょう?一般的に一番やりやすくて、達成感があるのは机(テーブル)の上だと言われています。仕事をしたり、食事をしたりと、一日のうちに何度も目にする机の上がきれいになると、やる気も自然にアップするというものです。机の片付けが終わったら、次は本棚、ベッド周りなど場所を決め、さらに1日1箇所などというように頻度を決めて片付けをするといいですよ。

6.時間を決めてやってみる

散らかりすぎた部屋は一日かけても片付かないかもしれません。永遠に終わらないのでは?という絶望的な気持ちになって、結局はまたやる気がなくなるという悪循環に陥ることも。そこで時間を決めて片付けをしてみたらどうでしょう。10分間、タイマーをセットして、片付けを始める。タイマーが鳴ったら終了。もっとやりたければ継続するといったゆるいルールにしておけば、無理なく続けられそうです。

7.ご褒美を設定する

子供の頃、親に宿題が終わったらおやつを食べていいと言われて頑張ったというような、ご褒美でやる気が出た経験はありませんか?それは子供だけでなく、大人だって同じです。キッチンの片付けが終わったら新発売のスイーツを買うとか、テーブルの上がきれいになったら明日は奮発して高いランチを食べるとか。自分のモチベーションが上がるようなご褒美を設定してみましょう。

8.締め切りをつくる

それでもやる気が起きないときは、締め切りを作ってしまうのも手。片付けの締め切りとは、人を家に招くということ。友達や恋人を家に招いて、ホームパーティや家デートをする予定を立てましょう。他人に見られたくない、不潔だと思われたくない、だらしないと呆れられたくないという気持ちは、十分モチベーションに繋がります。

片付いた後の部屋をきれいに保つための方法

片付ける気が起きない理由のひとつに、「片付けてもどうせまた散らかるから」という、後ろ向きな考えがありました。でも、それは、片付けの方法や、片付いたあとのちょっとした習慣で防ぐことができます。

1.モノの定位置を決める
2.使い終わったものは定位置に戻す
3.毎週●曜日は片付けの日など、片付けをルーチン化する
4.帰宅したら座らずに、鞄や上着、買ってきたものなどを定位置に置く

部屋が片付いた状態をキープする一番いい方法は、散らかさないこと。片付けるのに、何時間もかかるような状態になってしまうと、やる気を起こすのが大変なのは、すでに学習済み。だったら、モノを使ったら定位置にしまうなど、1分もかからずにできることを習慣化したほうが断然楽ですよね。

継続がやる気を育てる

片付けは一回やれば終わりではありません。生活をしていれば、自然にものは増えますし、不要になるものも出てきます。それが積もり積もってしまうと、やる気が全く起きなくなるほど散らかった状態に。そうならないためには、一度にやろうとしない、少しずつでも片付ける習慣をつけるといった、長いスパンで考えることが必要です。「いつかやろう」ではなく、「今やれることをやろう」と考えて、雑誌を1冊本棚に戻すだけで、部屋は少しずつでも片付いていきます。その積み重ねが、あなたのやる気を育ててくれますよ。
writer / さっこ photo / Shutterstock

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。