CUCURU(ククル) > 美容・健康 > たった2週間でほっそりウエストが手に入る!自宅でできる簡単トレーニング

たった2週間でほっそりウエストが手に入る!自宅でできる簡単トレーニング

多くのモデルやタレントも通う腹筋専門のパーソナルトレーニングジム「BOSTY」。そのトレーニングを自宅で行える『2週間でモデル腹筋』が発売されました。タイトル通り、たった2週間で理想的なお腹を目指せるトレーニングや食生活のアドバイスなどの情報が満載。今回は特別に、いくつか抜粋してご紹介します。

腹筋専門のジムが考案した2週間プログラム

腹筋専門のパーソナルジム「BOSTY」。体重を落とすだけが目的のダイエット法ではなく、体のラインを美しく変えるボディメイクに特化したトレーニング指導を行っていて、多くのモデルやタレント、俳優らが通い詰める人気のジムです。

そのBOSTYが短期間でできるプログラムを考案し、それらを紹介した『2週間でモデル腹筋』がリリースされました。まるでジムに通っているような本格トレーニングが自宅ででき、たった2週間ですっきりとした理想のウエストを目指せる内容に。「スリムにする」、「引き締める」、「タテ線・くびれをつくる」という3つの目標のうちのどれかにフォーカスし、初級・中級・上級のレベルを選んで取り組めるようになっています。どんなトレーニングが掲載されているのか、少しだけご紹介。

インナーマッスルを鍛えて引き締める「プランク」

お腹を引き締めるために行いたい、中級の「プランク」。両ひじを床につけて体を一直線にキープするだけで、お腹を中心としたインナーマッスルに働きかけられるトレーニングのひとつ。じわじわとつらくなってきますが、腰を上げたり反ったり、体勢を崩さないように保つことが最大のポイントです。

プランクのやり方

1) 両ひじと両ひざを床につけ、スタートポジションをとります。このとき、ひじを置く位置は肩の真下になるようにしてください。
2) 腰の位置を安定させたまま、片方ずつ脚を伸ばします。
3) 両ひじで体を支え、体幹がぶれないように気をつけながら体を一直線にします。この状態を30~40秒キープしましょう。この動きを3セット繰り返します。

下腹ポッコリ対策におすすめの「リバースクランチ」

タテ線・くびれをつくるための上級「リバースクランチ」は、仰向けの状態で両足とお尻を上げ、下腹部を鍛えるトレーニングです。脚や腕には力を入れずに、腹筋だけで動作を行うことを意識し、お腹にしっかりと負荷がかかるようにしましょう。

リバースクランチのやり方

1) 腰が浮かないよう地面にしっかりとつけた状態で仰向けになり、ひざを90度に曲げて脚を上げます。
2) 脚をさらに上げ、骨盤から丸めるようなイメージでお尻を持ち上げます。このとき、腰は浮かないようにしてください。
3) ひざを90度にキープしたまま、足裏が地面につかない程度までゆっくりとお尻を下ろします。この動きを20回、3セット繰り返しましょう。

2週間ですっきりウエストが叶うポイントが満載

本には、トレーニングの際に筋肉を使い切るためのポイントのほか、毎日の食事やメンタルを整えるための習慣、ボディチェックの方法など暮らしの中で活かせるメソッドも詳しく掲載されています。短期間ですっきりとしたお腹を手に入れたい方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。
writer / ミハル photo / 小学館集英社プロダクション

※記事の内容(本文・画像など)に関しては、許諾を得て掲載しております。