CUCURU(ククル) > エンタメ > 木村拓哉に大ピンチが!? 日曜劇場『グランメゾン東京』第4話振り返り

木村拓哉に大ピンチが!? 日曜劇場『グランメゾン東京』第4話振り返り

画像:TBSテレビ『グランメゾン東京』

プレオープン当日を迎えたフレンチレストラン『グランメゾン東京』。しのぎを削って生み出したシェフのおすすめ料理10品を、お客様にもてなします。

インスタ映えを意識したのかな?と思うほど、接近した角度から映し出される料理たちにうっとり……。と、酔いしれたのも束の間、ハプニング発生!

ハラハラドキドキ! 緊張感に包まれました。

尾花(木村拓哉さん)を恨む人たちの闇は思った以上に深く、まだまだ前途多難を予期させる4話でした。

■尾花 VS 祥平、いよいよジャニーズ先輩後輩対決!?

画像:TBSテレビ『グランメゾン東京』

急遽プレオープンに来店することになった尾花(木村拓哉さん)の元恋人で世界的に権威のあるグルメ誌の編集長・リンダ(冨永愛さん)。

影響力を持つ人物だけに、評価次第で店の将来が左右されてしまうため、尾花は突然「デザートを作り直す」と言い出します。

最強のデザートを作るために、元部下・祥平(Kis-My-Ft2・玉森裕太さん)と同じホテルで働くパティシエの萌絵(吉谷彩子さん)をスカウトした尾花。

「ここにいる誰よりもセンスのあるデザートが作れる」と生意気な口をたたく萌絵(吉谷彩子さん)でしたが、「期待外れ。フレンチのコースをしめくくる大事な役割を果たしていない」と尾花と倫子(鈴木京香さん)は萌絵のモンブランを厳しく評価し、突き放しました。

悔しさをにじませて「もう一度作らせて」と食い下がる萌絵。

画像:TBSテレビ『グランメゾン東京』

相沢(及川光博さん)の提案で、プレオープン当日に尾花と萌絵、どちらがふさわしいモンブランを完成させたか対決することに。

その話を聞いた祥平(Kis-My-Ft2・玉森裕太さん)は「やるなら絶対に勝つぞ」と意気込み、萌絵と一緒に珠玉のモンブラン作りに挑みます。

 

■祥平と相沢のグータッチに感動!

プレオープン当日。1品1品手際良く仕上げた料理をお客様のテーブルに運ぶ尾花たち。

順調順調と思いきや、グランメゾン東京を絶体絶命のピンチへと追いやる厨房スタッフの柿谷(大貫勇輔さん)。食材は奇しくも3年前の事件と同じウニでした。

そこへ、客として来店していた祥平が「いざ参らん、戦国のキュイジーヌ!」のごとく出陣し、ピンチを救います!

あんなにも尾花を嫌っていた祥平がグランメゾン東京のために動き、笑みをこぼしながら相沢とグータッチするシーンは感動的で、目頭が熱くなりました。

 

■えっ!京野が犯人!?

画像:TBSテレビ『グランメゾン東京』

4話の最後の最後、3年前にパリの尾花のフレンチレストランで起きた事件のことを電話で話す栞奈(中村アンさん)とリンダ(冨永愛さん)。

と同時に、ゆっくりと京野(沢村一樹さん)の姿が映り、戦慄が走ります!

まさかまさか……京野さんって裏切り者なの!?

 

予告で尾花と倫子(鈴木京香さん)と祥平がカレーを作るシーンがちらり!

まだまだストーリーは二転三転、一瞬たりとも見逃せません。

実際に食べてみたくなる斬新で美しい料理の数々と、尾花を陥れる人たちで交錯する『グランメゾン東京』。

尾花が脇にぐっと手を入れ込む独特の腕組みシーンが出てくると、なぜか心がほどけて癒されます。

文/早川ひろみ

【おすすめ記事】

『フタバフルーツパーラー 』のパフェにぞっこん!

『おばけのアッチCafé』が期間限定OPEN!

カルディ『あんこジャム』がお手軽おいしい

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ TBSテレビ『グランメゾン東京』