CUCURU(ククル) > グルメ > レトロな雰囲気がたまらない!名古屋で見つけた「趣のある喫茶店」9選

レトロな雰囲気がたまらない!名古屋で見つけた「趣のある喫茶店」9選

画像:CUCURU編集部

流行最先端のグルメスポットが次々オープンする中で、変わらず愛され続けている“喫茶店”。

名古屋の喫茶店と言えば、“モーニング”や“小倉トースト”を思い浮かべる人も多いかもしれませんね。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店の中から、名古屋市内の“趣のある喫茶店”をピックアップしてご紹介します。

■1:ブラジルコーヒー

画像:木村純子

最初にご紹介するのは、名古屋・金山にある『ブラジルコーヒー』。創業50年近くになる老舗の喫茶店です。

こちらのお店の魅力の一つは、リーズナブルでおいしくてボリュームたっぷりなモーニング。

画像:木村純子

ドリンク代でついてくるモーニングは、ミニサラダにゆで卵、厚切りトーストと、これだけでも十分豪華ですよね。

名古屋・金山『ブラジルコーヒー』

画像:木村純子

朝からガッツリ食べたいなら、お安く追加できる『ミニカレー』はいかが? ピリリとスパイスがきいた、おいしい自家製カレーです。

一日を通してお得なメニューも豊富です。自家焙煎の自慢のコーヒーもお手頃な価格でおすすめ!

<店舗情報>
ブラジルコーヒー
住所:愛知県名古屋市中区金山4-6-22 コスモビル1F
電話:052-321-5223
営業時間:月~木9:00〜22:00、金・祝前日9:00〜23:00、土8:00~23:00、日祝8:00~18:00
定休日:無休
駐車場:無 ※ 近隣にコインパーキングあり

 

■2:ハセ珈琲店

画像:木村純子

次にご紹介するのは、名古屋駅近くの『ハセ珈琲店』。創業は1954年、60年を超えて多くの人に愛されてきた老舗です。

10年ほど前にビルの改築で立て直しをしているため、店内は比較的新しいです。以前のお店から引き継いだ家具もあり、風格のある落ち着いた雰囲気が漂います。

画像:木村純子

お店の名物は、粒あんたっぷりの『小倉トーストモーニング』。ドリンク代で、トースト・ゆで卵・ヨーグルトがついてきます。

創業から通う常連さんも、昔は、メニューはコーヒーのみで、大人の社交場だったと言います。そんな歴史を感じてみるのもいいですね。

<店舗情報>
ハセ珈琲店
住所:愛知県名古屋市西区名駅3-11-2
電話:052-551-4847
営業時間:7:30~18:30、祝日7:30~12:00
定休日:日曜日・第1土曜日
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■3:コンパル大須本店

画像:木村純子

続いてご紹介するのは、名古屋の大須商店街にある『コンパル大須本店』。創業70年になる老舗です。

画像:木村純子

世代を超えて愛される人気の秘密は、底が見えないほど濃厚なコーヒー。こってりとした赤みそが好きな名古屋人に合わせて、濃い味のコーヒーを出したんだそう。

画像:木村純子

アイスコーヒーを注文すると、氷がたくさん入ったグラスとデミタスコーヒー、クリームがセットで出てくるので、自分で注ぎます。何十年も前からこのスタイルなんですよ。

観光客には『エビフライサンド』や、『小倉トースト』が人気だそうです。常連さん人気は、『ホットドッグ』。

濃厚なコーヒーと昭和の雰囲気を楽しみに、大須まで足を運んではいかがですか?

<店舗情報>
コンパル 大須本店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-20-19
電話:052-241-3883
営業時間:8:00~21:00(L.O. 20:45)、モーニングタイム8:00~11:00
定休日:無休

 

■4:カコ ブチョー コーヒー

画像:大橋千珠

続いてご紹介するのは、『KAKO BUCYO COFFEE(カコ ブチョー コーヒー)』。地下鉄東山線・桜通線 名古屋駅と地下鉄東山線・鶴舞線 伏見駅の間くらいにあります。

甘すぎないこだわりの小倉は、なんと自家製。小倉トーストの他、小倉バナナサンドやバニラアイス小倉添え、コーヒーゼリー小倉乗せなど、意外な組み合わせもありますよ。

モーニングは、セットドリンクに小倉トーストの組み合わせ。トーストは食パンかカイザーパンを選べます。

画像:大橋千珠

取材では、名物のカイザーパンを選びました。フランスパンのようなシッカリした歯ごたえです。たっぷりの自家製小倉とホイップが乗っています。

自家製小倉と、食パンのトーストとは一味違うカイザーパンのおいしさを、ぜひ味わってくださいね。

<店舗情報>
KAKO BUCYO COFFEE(カコ ブチョー コーヒー)
住所:愛知県名古屋市中村区名駅南1-10-9 山善ビル1F
電話:052-582-3780
営業時間:7:30~17:00

 

■5:珈琲門

画像:夏目佳代

続いてご紹介するのは、名古屋市東区の『珈琲門』。

画像:夏目佳代

注文してから1杯1杯丁寧に淹れるコーヒーは、名古屋でもファンの多い『coffee kajita(コーヒーカジタ)』の『珈琲門オリジナルブレンド』。

画像:珈琲門

フードメニューの中でも人気は、『門特製カレーライス』。辛すぎず甘すぎず、毎日食べたくなるやさしい味!

今の場所に移って10年ですが、それ以前は伏見の丸の内エリアに62年前から開業していた老舗。3代目のオーナーが、先代・先々代と変わらず、温かく迎えてくれますよ。

<店舗情報>
珈琲門
住所:愛知県名古屋市東区橦木町1‐15 橦木ビル1F
電話:052‐559‐0759
営業時間:月曜~金曜8:00~18:30(L.O.18:00)、土曜・祝日9:00~18:30(L.O.18:00)
定休日:日曜日
駐車場:なし(近隣にコインパーキング有り)

 

■6:喫茶ライオン

画像:木村純子

続いてご紹介するのは、『喫茶ライオン』。名古屋・東新町で60年愛されてきた老舗喫茶店が、久屋大通に移転しました。

移転後も、お店のレトロな雰囲気はそのまま。以前のお店から引き継いだ家具に合うようにと、アンティークなものを揃えたそうです。

画像:木村純子

人気の『エッグサンド』。ふんわり温かい卵焼きはパンと一緒に口に入れると絶妙な塩加減、毎日食べても飽きないおいしさです。

画像:木村純子

今回のリニューアルを記念し、25年ぶりに復刻したメニューも! 桃1個を丸ごと使った『ピーチメルバ』です。

懐かしい人も初めましての人も、ぜひ足を運んでくださいね。

<店舗情報>
喫茶 ライオン
住所:愛知県名古屋市東区泉1-14-23 ホワイトメイツ1階
営業時間:火~土曜10:30~18:30、日曜11:00~17:00
定休日:月曜、第2・4日曜
座席数:16席
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■7:喫茶ニューポピー

喫茶ニューポピー【名古屋・丸の内】

画像:minaho

続いてご紹介するのは、『喫茶ニューポピー』。古い街並みが残る名古屋の“四間道”にオープンしました。

お店は“蔵”になっています。蔵の中を覗くと、レトロな雰囲気を感じられますよ。

1階のカウンター席付近からは、間近で迫力のある焙煎する様子を見ることができ、こだわり抜かれたコーヒーができていく過程や香りを楽しむことができます。

喫茶ニューポピー【名古屋・四間道】

画像:minaho

ランチメニューの『ポピーのカレーライス』。このご飯、なんとコーヒーで炊いているんですよ! スパイスから作ったピリ辛のカレールーと絶妙に合います。

まるで隠れ家のような場所にあるのに、昔から通っているような気持ちになるお店。近くには円頓寺商店街などもあるので、観光の合間に立ち寄ってみては?

<店舗情報>
喫茶ニューポピー
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-36-52
アクセス:地下鉄鶴舞線・桜通線 丸の内駅 7・8番出口から徒歩5~6分
電話番号:052-433-8188
営業時間:8:00~18:00(しイベントなどで流動あり)※ 公式SNSなどで確認してください
定休日:不定休
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

■8:珈琲家比呂野

画像:minaho

続いてご紹介するのは、名古屋・川名にある『珈琲家比呂野』。

こちらでいただきたいのは、かつサンド。隣接している『とんかつ家比呂野』の揚げたてのかつを使った、贅沢なかつサンドです。

愛知・昭和区の『珈琲家比呂野』でとんかつ屋のカツを使った贅沢かつサンド

画像:minaho

写真は、『ヒレかつサンド(味噌味)』。大きなかつがぎゅっと詰まっていますよ。

取材では、『レギュラーコーヒー(比呂野オリジナルブレンドコーヒー HOT)』とあわせていただきました。コーヒーやドリンクの種類もたくさんありますよ。

かつサンドは提供時間が決まっているので、ご注意ください。テイクアウトもおすすめです。

<店舗情報>
珈琲家比呂野
住所:愛知県名古屋市昭和区山花町116
アクセス:地下鉄鶴舞線 川名駅から徒歩12分、市営バス山花町すぐ、川原通から徒歩5分
営業時間:7:00~21:30(L.O.21:00)、モーニング 7:00~10:00、イブニング 19:00~21:00
定休日:なし
駐車場:有(珈琲家比呂野の敷地内に10台、その他隣接した場所に13台)

 

■9:喫茶まつば

画像:河村弘子

最後にご紹介するのは、名古屋・円頓寺商店街にある『喫茶まつば』。

小倉トースト発祥の店『満ッ葉(まつば)』の暖簾分け店で、昔から変わらない小倉トーストを提供しています。

画像:河村弘子

『元祖小倉トースト』。昔ながらのサンドの形です。シンプルかつボリュームたっぷりなので、老若男女問わず人気のメニュー。

画像:河村弘子

創業以来自家焙煎にこだわるコーヒー。『マイルドブレンド』は、香りとコクのすっきりとした後味が特徴で、初めて来店した方にまず飲んでほしいコーヒーです。

大正時代から受け継がれる元祖小倉トースト、ぜひ食べてみてくださいね。

<店舗情報>
喫茶まつば
住所:愛知県名古屋市西区那古野1-35-14
アクセス:地下鉄桜通線 国際センター駅2番出口より徒歩5分
電話番号:052-551-0669
営業時間:8:00~18:00
定休日:水曜日
駐車場:店舗向かいにコインパーキングあり

 

いかがですか。

初めて入るお店でも、どこか懐かしさを感じる。喫茶店にはそんな不思議な魅力があります。

ぜひお店に足を運んで、ゆったりと時間を過ごしてくださいね。

【画像】
※木村純子、大橋千珠、夏目佳代、珈琲門、minaho、河村弘子、CUCURU編集部

※この記事は、2017年6月~2019年10月に取材した情報です。