CUCURU(ククル) > グルメ > こだわりの味を求めて行列必至!名古屋にある「絶品ラーメンのお店」8選

こだわりの味を求めて行列必至!名古屋にある「絶品ラーメンのお店」8選

画像:CUCURU編集部

日に日に寒くなっていき、冬が到来してくる予感がしますね。

そんな季節に、身体があたたまるラーメンを食べたくなりませんか?

そこで今回は、名古屋にある“絶品ラーメンのお店”をピックアップしてご紹介します。

■1:一陽軒

一陽軒【名古屋・天白区】

画像:夏目佳代

最初にご紹介するのは、天白区にある『一陽軒』。

地下鉄鶴舞線 塩釜口駅から徒歩7分のところにあり、連日行列ができている人気店です。

一陽軒【名古屋・天白区】

画像:夏目佳代

こちらは『特上スペシャル』。運ばれて驚くのが山盛りの極太メンマ。1週間かけて作られる自家製メンマはこりこり食感。

スープのベースはとんこつか焦がしニンニクです。

トッピングなども付けて、自分好みの1杯をいただいてくださいね。

<店舗情報>
一陽軒
住所:愛知県名古屋市天白区植田西2-1601-103
電話番号:052-802-5525
営業時間:11:00~14:00、18:00~21:00
定休日:木曜日
駐車場:あり(15台)

 

■2:萬来亭

萬来亭【名古屋・緑区】

画像:川口めぐみ

続いてご紹介するのは、緑区にある横浜家系ラーメン店『萬来亭』。

駐車場完備で車での来店が便利。名鉄 鳴海駅から徒歩かバスで来店も可能です。

萬来亭【名古屋・緑区】

画像:川口めぐみ

一番人気メニューは『ラーメン(並)+のりたま+半ライス』。

ラーメンにチャーシュー1枚、のり7枚、ウズラ卵5つ、ほうれん草がトッピングされており、半ライスも付いてくるという特盛セット。

豚骨醤油味のこってりコクーミーなスープに、中太麺のプリプリとした食感がよく絡んで濃厚。

味付きのウズラ卵は黄身がプチっと溶け出るような感覚がクセになります。

絶品のスープと絡めたご飯の味も楽しんでくださいね。

<店舗詳細>
萬来亭(ばんらいてい)
住所:愛知県名古屋市緑区作の山町230 メゾン作の山1F
アクセス:名鉄バス・市営バス 中旭出すぐ
電話番号:052-892-1110
営業時間:11:00~14:00、18:00~22:30 日曜日のみ~22:00
定休日:月曜日、火曜日
駐車場:道路を挟んだ向かい側に13台あり 左列手前から1台目~5台目(No.1・2・3・5・6)、右列手前から1台目~5台目(No.18・19・20・21・22)、9台目(No.27)、 11台目と12台目(No.29・30)

 

■3:ラーメン力丸 緑店

ラーメン力丸 緑店【名古屋・緑区】

画像:ラーメン力丸 緑店

緑区にある『ラーメン力丸』。

店内はきれいで女性一人でも入りやすい雰囲気。多い日で昼、夜の営業を合わせて、200〜250名ほどのお客さんがいらっしゃるそうです。

ラーメン力丸 緑店【名古屋・緑区】

画像:大橋千珠

おすすめは『味噌ラーメン』。オリジナル配合した味噌を熟成させ、しっかり煮込んで旨みを出したスープは濃厚ながらも軽い口当たり。

特注の麺はもっちりぷりっとした食感でスープとよく合います。

味噌ラーメン以外にも『辛味噌ラーメン』や『カレーラーメン』も人気なんだとか。ぜひ他の味も選んでみてくださいね。

<店舗情報>
ラーメン力丸 緑店
住所:愛知県名古屋市緑区桶狭間清水山1207
電話番号:052-624-2667
営業時間:11:00〜14:30、18:00〜24:00
定休日:火曜日
駐車場:9台

 

■4:一兆

名古屋・昭和区『一兆』

画像:夏目佳代

地下鉄鶴舞線 いりなか駅から徒歩1分のところにある『一兆』。

あっさりめのとんこつスープとオリジナルの細麺のラーメンを求め、遠くからやってくる人もいるほどの人気です。

名古屋・昭和区『一兆』

画像:一兆

一番人気なのは『とんこつ野菜ラーメン』。もやし、玉ねぎ、ニンジン、キャベツ、ネギがてんこ盛りになってラーメンの上に乗っています。

野菜がシャキシャキでスープもさっぱりめなので、山盛りでも女性でもペロッといけちゃいます。野菜がたくさん食べられるところも女性にも支持されています。

スープは『とんこつ』『とんこつしょうゆ』『とんこつみそ』の3種類、それぞれに『野菜ラーメン』『チャーシューメン』『ネギラーメン』『半熟煮玉ラーメン』があります。ぜひお好みの1杯を選んでくださいね。

<店舗情報>
一兆
住所:愛知県名古屋市昭和区隼人町8-15 LS杁中1F
電話:052-832-1233
営業時間:11:30~14:00、18:00~22:00
定休日:月曜日
駐車場:あり(店舗裏に6台)

 

■5:めんちゃや

ラーメンとティラミスが一度に楽しめる!? 守山区『めんちゃや』が女性に大人気の理由

画像:大橋千珠

守山区にあり、カフェのような空間で“ラーメン”と“ティラミス”を楽しめるお店『めんちゃや』。

ゆったりと落ち着けるおしゃれな店内は女性でも入りやすい雰囲気です。

ラーメンとティラミスが一度に楽しめる!? 守山区『めんちゃや』が女性に大人気の理由

画像:大橋千珠

めんちゃやのラーメンは名古屋コーチンの一番出汁を使用した、黄金色のきれいなスープが特徴。写真は『鶏塩ラーメン』です。

細麺のつるっとした食感や、深みのある炙り鶏肉の香ばしさが堪能できます。

お昼にはラーメンとティラミスのセットメニューが登場。どちらも食べたい方にはこちらがおすすめですよ。

うれしいヘアゴムのサービスもあり、女性への気遣いを感じるめんちゃやにぜひ足を運んでみてくださいね。

<店舗情報>
めんちゃや
住所:愛知県名古屋市守山区元郷2-1405
電話:080-4546-0346
営業時間:12:00~15:00、18:00~21:00
定休日:不定休

 

■6:麺屋はやぶさ

大須・麺屋はやぶさ

画像:木村純子

中区・大須にある『麺屋はやぶさ』は、地下鉄名城線・鶴舞線 上前津駅8番出口から徒歩1分。

こちらでは、ビスクのようにまろやかで濃厚な“オマール海老スープ”のラーメンが食べられます。

大須・麺屋はやぶさ

画像:木村純子

こちらがその『オマール海老湯』。ふわふわと泡立ったクリーミーなスープのラーメンで、海老の上品な香りが広がります。

ふわふわのエスプーマは、下層のあっさりスープと合わせることで、深みのあるクリーミーなスープになります。

また、粗目に刻んだ生玉ねぎとオレンジピールが鼻に抜けて、何とも贅沢な味わいです。麺は北海道小麦粉の全粒粉を使っているのでモチモチ。

麺屋はやぶさの上品な味わいのラーメンを、ぜひ皆さんも食べてみてくださいね。

<店舗情報>
麺屋はやぶさ
住所:愛知県名古屋市中区大須3-40-26
電話:052-238-0133
営業時間:11:30~14:30、17:30~23:00
定休日:無休
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)

 

■7:からみそラーメンふくろう

画像:大橋千珠

北区にある『からみそラーメン ふくろう』は、晴れの日も雨の日も常に行列ができている名店。

なんと1日200杯前後食べられているんですよ。

画像:大橋千珠

人気メニューは『からみそラーメン+チャーシューハーフ』。

味噌ラーメンということでこってりしていそうな雰囲気ですが、後味すっきりといただけますよ。

麺は細過ぎず太過ぎず、もっちりとしていて喉越しが良いです。

そして、トッピングの“もち豚チャーシュー”は5時間かけて煮込んでおり、とろっとろ。口に入れるとほろほろ崩れて豚の旨みをダイレクトに感じることができます。

閉店間際ではスープがなくなって食べられないことも。確実に食べたいときは、開店前を目標に行くといいかもしれませんね。

<店舗情報>
からみそラーメンふくろう
住所:愛知県名古屋市北区辻町2-32
電話:052-325-5454
営業時間:11:30~15:00、18:00~21:00
定休日:毎週水曜日 第2・第4火曜日

 

■8:らぁ麺紫陽花

画像:大橋千珠

最後にご紹介するのは、中川区の『らぁ麺紫陽花』。

透き通ったスープは、あっさり系かと思いきや力強い旨みを感じます。

筆者は『特製醤油ラーメン』を頼んだので、豚チャーシュー、鶏チャーシュー、煮卵、メンマとボリューム満点でした。

画像:大橋千珠

麺は中太麺でコシはあるのですが、歯切れが良く、麺自体もおいしいです。

開店時間には常に行列ができており、リピート率も高い『らぁ麺紫陽花』。待ち時間にはラーメン作りの光景も見ることができます。ぜひ目でも口でも楽しんでくださいね。

<店舗情報>
らぁ麺紫陽花
住所:愛知県名古屋市中川区八剱町4-20-1 コーポ源1F
電話:052-355-0787
営業時間:火曜~土曜 11:30~14:30 、18:00~21:00、日曜 11:30~15:00 ※日曜は夜営業はなし
定休日:月曜(祝日の場合は翌日休み)

 

いかがですか。

どのお店も並んだり遠方から来たりするほどのおいしいラーメンばかりです。

ぜひその味を確かめに行ってみてくださいね。

【おすすめ記事】

『フタバフルーツパーラー 』のパフェにぞっこん!

『おばけのアッチCafé』が期間限定OPEN!

カルディ『あんこジャム』がお手軽おいしい

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ 夏目佳代、川口めぐみ、ラーメン力丸 緑店、大橋千珠、一兆、木村純子、CUCURU編集部

※この記事は、2017年6月~2019年5月に取材した情報です。