CUCURU(ククル) > グルメ > 行列必至の旨すぎるたこ焼き!愛知・春日井市『たこはん』が大人気

行列必至の旨すぎるたこ焼き!愛知・春日井市『たこはん』が大人気

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

寒い季節に欠かせないアツアツの食べ物といえば、たこ焼きではないでしょうか! 口の中でハフハフしながら丸いたこ焼きを頬張ると、胃袋の底から暖かくなる気がします。

そんな筆者ですが、春日井市のJR 中央線 神領駅すぐ近くにあるたこ焼き屋さん『たこはん』が大人気という話を聞き、さっそく行列覚悟で行ってきました!

■駅から徒歩2分の近さ

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

JR 中央線 神領駅を降りて徒歩2分、新しい住宅街の方へ向かったビルの1階に、たこ焼き『たこはん』のお店があります。

車で行っても、近くの有料駐車場が利用できるので安心です。

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

お店に近づくと、たこ焼きを焼いている“いい匂い”が風に乗って流れてきました。

 

■開店前から行列が!

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

たこ焼きは8個入りで、マヨネーズとネギのトッピングは無料です。

“ソース、しょうゆ、みそ、岩塩”が税込400円。“ぽんず”は税込430円。

お持ち帰りのみなので、全てパックで渡してくれますよ。

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

あまりに人気すぎて、1度の注文で3パックを上限としているのでご注意くださいね。

以前上限を決めていない頃、早くに売り切れてしまい、せっかく注文にきたお客様にご迷惑をかけたので、苦肉の策とのことです。

さらにしばらくの間、電話予約はお休みで、注文と予約は店頭のみとなっています。

 

■次々と焼けていく「たこ焼き」

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

どんどん焼けていくたこ焼き! それでも注文に追いつきません。

並んだお客さんが注文すると、何時に焼き上がるか教えてくれ、その時間にまた取りに来るという仕組みで回転しています。

なので行列が短くても注文でいっぱいという場合が多いので、時間には余裕を持って頼んでくださいね。

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

焼けてはパックに詰め、また新たなたこ焼きを作って……と、息つく暇がありません。

大きな“たこ”や、具材が次々と投入されていきます。

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

両手のお箸でクルクルと手際よく丸まっていくたこ焼きから目が離せません!

 

■早く食べたいパック詰め

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

焼き上がったたこ焼きは、どんどんパック詰め!

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

注文の味付けの上に、トッピングのマヨネーズとネギをたっぷりかけてくれます。

 

■おすすめの味付けは、「岩塩」

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

筆者は、お店の方おすすめの“岩塩”で1パック。ハーフもできるとのことだったので、“しょうゆ”と“ソース”で1パック頼みました。

ハーフの場合、組み合わせは自由。味が混ざらないのか聞いたところ、アツアツのたこ焼きの生地にすぐ味が染み込んでしまうので大丈夫とのこと。

愛知・春日井市『たこはん』

画像:近藤淳子

さっそく、たこ焼きを食べてみました! アツアツのふわふわのトロトロ。たこも大きいです。

“岩塩”味はたこ焼きに合う塩をブレンドしたというだけあって、初めて食べる絶品の味!

これなら1人ですぐに1パック完食です。

“しょうゆ”は癖になるコクの深さ。“ソース”はこれぞたこ焼きという王道路線。いくつでもどれだけでも食べられるような気がします!

“ぽんず”も人気とのこと。見逃せませんね。

 

行列してでも食べたい、たこ焼き『たこはん』! ぜひ、1度食べに行ってみてくださいね。

<店舗情報>
たこはん
住所:愛知県春日井市神領町2-28-3
電話:0568-89-2300
営業時間:11:00~19:00
定休日:火曜日、水曜日(祝日は営業)

【おすすめ記事】

バスクチーズケーキ専門店が名古屋駅に登場

『あんポるて』の炭入り「黒食パン」が話題

美容家イチオシの「プチプラ化粧水」3選

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ 近藤淳子

※ この記事は、公開日時点の情報です。