CUCURU(ククル) > グルメ > 味も見た目も文句なし!岡崎市で見つけた「2度楽しめるスイーツ」7選

味も見た目も文句なし!岡崎市で見つけた「2度楽しめるスイーツ」7選

画像:CUCURU編集部

みなさんがスイーツに求めるものはなんでしょうか?

最近では写真映えするような見た目のものも好まれていますが、岡崎市には味も見た目も大満足のスイーツがたくさんあるんですよ。

今回は、岡崎市にあるそんな“2度楽しめるスイーツ”をピックアップしてご紹介します。

■1:パティスリーアルチザン

パティスリーアルチザン【愛知県・岡崎市】

画像:花井ゆり

最初にご紹介するのは、『パティスリーアルチザン』。名鉄 東岡崎駅より徒歩約12分の場所にあります。

地元の方々に愛されながら、スイーツマニアの間でも“職人気質のケーキがすごい”と、もっぱら噂のお店なんですよ。

パティスリーアルチザン【愛知県・岡崎市】

画像:花井ゆり

スペシャリテは何といっても、ドイツ菓子の名店で修行したシェフの作る『ザッハトルテ』。

アルチザンのザッハトルテは、ふわっと軽やかでとても食べやすいんです。驚くことに伝統の配合はそのままに、製法を工夫することで軽い口当たりに仕上げているのだそう。

シャリっとした食感のチョコレート部分、上品でやわらかなスポンジ生地、甘さ控えめな生クリーム。食感も味わいもまったく異なる3つが重なって生まれるマリアージュは、もはや究極といえる一品です!

記念日やサプライズプレゼントに最適な“オーダーメイドケーキ”は、希望のデザインに合わせて作ってくれますよ。

<店舗情報>
パティスリーアルチザン
住所:愛知県岡崎市久後崎町郷東14-1
電話番号:0564-64-2284
営業時間:9:00〜18:00
定休日:火曜日、第1・第3水曜日
駐車場:有(店舗の反対側に1台、近隣に1台)

 

■2:旭軒元直 本店

愛知県・岡崎市『旭軒元直』

画像:Cafeくろねこ

伝統を大切に、季節感と時代のニーズに合わせた商品展開をしている『旭軒元直』。

栗スイーツを求めている人にぜひ食べてほしい一品があるんです!

愛知県・岡崎市『旭軒元直』

画像:Cafeくろねこ

それがこちらの『モンブラン大福』。

食べてみると、栗の香りが口いっぱいに広がります! 大福にも関わらず、甘すぎず、それでいて後からじっくりと栗の甘味を感じました。白あんとクリームベースのあんが見事に調和していますよ。

栗の黄色がきれいな“早生栗”を始めとする、こだわりの栗を使っているため、販売数は毎年限定されます。

シーズンが終わる前に、ぜひ味わってみてくださいね。

※ 取材時の情報のため、秋限定商品の提供期間についてはお問い合わせください

<店舗情報>
旭軒元直 本店
住所:愛知県岡崎市康生通東1-2
電話番号:0564-22-0414
営業時間:9:00~19:00
定休日:無休
駐車場:6台

 

■3:patapouf(パタプフ)

画像:大橋千珠

『いずみや青果店』と併設されている『patapouf(パタプフ)』では、新鮮なフルーツをたっぷり使ったスイーツをいただくことができます!

季節ごとに変わるショーケースには、取材時には秋のフルーツを使ったケーキがずらりと並んでいました。なんと、1房1万円もする『ルビーロマン』を1粒使ったスイーツもありますよ。

画像:patapouf

それがこちらの『ルビーロマン』。超高級ぶどうの味を気軽に楽しめるとあって人気となっています。

秋限定スイーツの代表格である『和栗のモンブラン』も、栗を存分に味わえる一品。

イートイン限定の『プリンアラモード』など、ほかのスイーツにも注目ですよ。ぜひいろいろな味を楽しんでみてくださいね(※取材時の情報のため、秋限定商品の提供期間についてはお問い合わせください )。

<店舗情報>
patapouf(パタプフ)
住所:愛知県岡崎市鴨田南町5-1
電話:0564-25-7553
営業時間:10:00〜19:00(L.O.18:00)
定休日:日曜日・不定休あり

 

■4:ダイワスーパー

画像:大橋千珠

地元で愛され続けてなんと46年目の八百屋さん『ダイワスーパー』。

訪れた際にぜひ食べていただきたいのが、インスタグラムでかなり話題を呼んでいる“メロンを使ったかき氷”!

画像:大橋千珠

『生メロンかき氷』は、東京、大阪、岐阜、静岡など、遠方からその味を求めてやってくるほど。

今回注文したものはタカミメロンが1/2個使われていました。丸くくり抜いたメロンを周りに飾り、削ったメロンをかき氷の上にトッピング。さらに、練乳がたっぷりかかっています。

中にも削ったメロンが入っていて、最後まで果実感を楽しむことができます。

暑い夏に食べて、ほてった身体をクールダウンしていってくださいね。

<店舗情報>
ダイワスーパー
住所:愛知県岡崎市宇頭町山の神37−4
電話:0564-31-3295
営業時間:10:00~19:30
定休日:月曜日
駐車場:15台

 

■5:和亭やなぎ

画像:松岡亜矢子

皆さんはとろろドリンクを飲んだことがありますか?

とろろ汁専門店『和亭やなぎ』では、そのような、ちょっと変わったスイーツドリンクを提供しています。

画像:松岡亜矢子

「和風だしのような味わいなのでは?」と予想する人もいると思いますが、実際は甘くておいしいデザートドリンクとして仕上がっているんですよ。

材料は山芋、バナナと豆乳の3つ。バナナの自然な甘さの中に芋の味わいを感じることができ、さっぱりなめらかな味わいで飲みやすい一品です。

ほかではなかなか見られない一杯をぜひ飲んでみてくださいね。

<店舗情報>
和亭やなぎ
住所:愛知県岡崎市連尺通り3-13
電話:0564-21-2927
営業時間:11:00~13:30、17:00~21:00(L.O.20:00)
定休日:水曜日

 

■6:CAFE Suginoki(スギノキ)

愛知県・岡崎市『CAFE Suginoki(スギノキ)』

画像:大橋千珠

居心地のいい空間に、お客さんたちで常ににぎわっている『CAFE Suginoki(スギノキ)』。

イタリアンの料理人出身のオーナーが手がけるランチ、、こだわりのコーヒー、そして季節で変わるスイーツがとてもおいしいと評判です。

画像:大橋千珠

取材時には、『レインボーケーキ』をいただきました。本来は夏限定のメニューだったのですが、人気が爆発したことを受け通常メニューになったんだとか。

7色のきれいな層になっているチーズケーキは、女性のハートをわしづかみにしているようですね。バニラ風味のチーズケーキで口どけの良いさわやかな味わいです。

元イタリアンシェフの手掛ける本格パスタや、コーヒー豆を漬け込んだ自家製シロップと炭酸で作る『大人の珈琲スカッシュ』もぜひ頼みたい逸品。スイーツと一緒に食べてみてはいかがでしょうか?

<店舗情報>
CAFE Suginoki(スギノキ)
住所:愛知県岡崎市牧御堂町炭焼24
電話:0564-83-8815
営業時間:8:00~19:00
定休日:水曜日
駐車場:14台

 

■7:マコハハ トミティ デザインケーキ

愛知県・岡崎市『マコハハ』

画像:花井ゆり

最後にご紹介するのは、オーダーケーキ専門店『Macohaha Tomiti Design Cakes(マコハハ トミティ デザインケーキ)』。

見た目も味も“最上級”と噂されるパフェ・かき氷に、思わずびっくりするはずですよ。

愛知県・岡崎市『マコハハ』

画像:花井ゆり

こちらはかわいい生クリームの“macoちゃん”が覗いている『プリンパフェ』。

食べるのがもったいないくらいのパフェには、上部と下部に異なる質感のプリンが入っていて、フルーツもたっぷり。見た目も味も100点です。

生クリームでデコレーションしたかき氷やホワイトチョコレートのティアラが乗った『メロンパフェ』など、胸キュン間違いなしのスイーツが楽しめるマコハハ トミティ デザインケーキ。ぜひ一度食べてみてくださいね。

<店舗情報>
Macohaha Tomiti Design Cakes(マコハハ トミティ デザインケーキ)
住所:愛知県岡崎市鉢地町開山22-3
アクセス:本宿駅から徒歩約16分
電話:0564-48-6248
営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日

 

いかがですか。

インパクト抜群で絶品のスイーツの数々をご紹介しました。

岡崎に訪れた際はぜひ食べてみてくださいね。

【おすすめ記事】

 豊川市にティラミス専門店『プティラ』OPEN

レアな動物たちに会える『アニマルクックズー』

素肌っぽさを出せる「プチプラベースメイク」3選

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ 花井ゆり、Cafeくろねこ、大橋千珠、松岡亜矢子、CUCURU編集部

※この記事は、2018年7月~2019年9月に取材した情報です。