CUCURU(ククル) > グルメ > 専門店も新メニューも続々登場!愛知県の「絶品バナナジュースのお店」5選

専門店も新メニューも続々登場!愛知県の「絶品バナナジュースのお店」5選

画像:CUCURU編集部

タピオカブームに続いて話題の一つとなっている、“バナナジュース”。愛知県にも新しく専門店がオープンするなど、今チェックしておきたいところ!

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店の中から、愛知県にあるバナナジュースが話題のお店をピックアップしてご紹介します。

■1:Monkey Banana(モンキーバナナ)

画像:minaho

最初にご紹介するお店は、名古屋・大須にあるバナナジュース専門店、『Monkey Banana(モンキーバナナ)』。

最寄りは、地下鉄 鶴舞線・名城線 上前津駅。万松寺ビルの地下1階にあります。取材した際には、大行列ができていました!

こちらのお店では、『濃厚バナナジュース』、『豆乳バナナジュース』、『ヨーグルトバナナジュース』などが選べます。

画像:minaho

『濃厚バナナジュース』にカスタムの『チョコ』をプラスするのがおすすめ。

容器はジッパーになっているので、食べ歩きにもぴったり。かわいい猿のロゴシールも貼られていて、写真を撮りたくなりますね。

<店舗情報>
Monkey Banana(モンキーバナナ)
住所:愛知県名古屋市中区大須3-30-40 万松寺ビル地下1階めいほうパチンコ入口横
営業時間:12:00~15:00
定休日:水曜日
駐車場:無し(※ 近隣にコインパーキングあり)

 

■2:バナナ専門ショップ@banana(あっとバナナ。)

画像:花井ゆり

次にご紹介するのは、『バナナ専門ショップ@banana』。

販売形態は、主にキッチンカー。店主は、100年続くバナナ店の4代目。“バナナ王子”として積極的にメディア出演もされているんですよ。

画像:花井ゆり

数あるメニューの中でやっぱり外せないのは、『プレミアムバナナジュース』(※ キッチンカーでは、プラカップで提供されます)。

厳選されたバナナがミルクと相まって、とろけて消えるような口当たりです。

ジュースの他にも、バナナメニューのアイデアは無限大! 出店情報は、Instagram及びfacebookでご確認くださいね。

<店舗情報>
バナナ専門ショップ@banana(あっとバナナ。)
住所:愛知県名古屋市中村区松原町2-20-2
電話:090-1748-9266
※ 基本的に実店舗での営業はしていません。出店情報はInstagram及びfacebookから確認できます。

 

■3:Ape Mamma Mia なんてこったバナナ研究所

画像:大橋千珠

続いてご紹介するのは、バナナジュース専門店『Ape Mamma Mia(エイプマンマミーア) なんてこったバナナ研究所』。

金山駅から直結のカナヤマギンザ、地下1階。『spice&herb Epice Mamma Mia なんてこった研究所』 のカフェタイムに間借りしています。

画像:Ape Mamma Mia なんてこったバナナ研究所

取材では、『純生バナナイルカジュース』を注文。かわいいバナナのイルカが付いていますよ!

バナナが一番おいしい状態になるまで追熟し、口どけなめらかなバナナジュースに仕上げています。バナナの甘さがしっかりしていて、でも後味はすっきり。

『バナナシェイク』や『純生バナナチョコミント』などもあります。お気に入りのバナナジュースを見つけてくださいね。

<店舗情報>
Ape Mamma Mia なんてこったバナナ研究所
住所:愛知県名古屋市中区金山1-14-9 長谷川ビルB1F カナヤマギンザ内
電話:052-323-8839
営業時間:14:00~17:00
定休日:月曜日
駐車場:なし(近くに有料コインパーキングあり)

 

■4:タイムスリップカフェ OLD WAYS 三丁目の米乃家

画像:株式会社米乃家

続いてご紹介するのは、バナナジュース専門店『タイムスリップカフェ OLD WAYS 三丁目の米乃家』。

お店の場所は愛知県岩倉市。米乃家の本店に並ぶところにあります。昭和レトロなアイテムが並ぶ店内。懐かしい気分になれますよ。

画像:株式会社米乃家

バナナジュースの種類は、なんと30以上! ブルーベリーやチョコミントなどとブレンドさせたジュースもあります。テイクアウトも可能です。

トレンドのバナナジュースを、昔懐かしい昭和の雰囲気の中で味わいませんか。

<店舗情報>
タイムスリップカフェ OLD WAYS 三丁目の米乃家
住所:愛知県岩倉市下本町下市場111 ※岩倉駅東口 米乃家本店横
電話番号:0587-37-4433
営業時間:9:00~19:00
定休日:木曜日

 

■5:ふる~つ果ふぇ

画像:木村純子

最後にご紹介するのは、八百屋『ぜんめいや』が営む、『ふる~つ果ふぇ』。

地下鉄名港線 築地口駅から歩いて3分ほどのところにあります。

話題のフルーツサンドや、自慢のフルーツを贅沢に使ったパフェ風ソフトが味わえるこちらのお店。バナナジュースが新メニューとして登場しましたよ。

画像:木村純子

『バナナジュース』は、“いちご、チョコ、きなこ、黒ごま、抹茶”の5つのフレーバーが勢ぞろい。

『甘熟王(かんじゅくおう)』を生のまま使用していて、八百屋ならではのおいしさと評判。ぜひチェックしてくださいね。

<店舗情報>
ふるーつ果ふぇ
住所:愛知県名古屋市港区名港1-18-12
営業時間:10:00〜17:00(L.O.16:15)、火のみ10:00〜16:00(L.O.15:30)
定休日:水曜日、日曜日
駐車場:なし(近隣に有料コインパーキングあり)

 

いかがですか。

自然の甘みを楽しみたいバナナジュース。お気に入りのフレーバーやカスタマイズを見つけるのもいいですね。

ぜひお店に足を運んで、チェックしてくださいね。

【おすすめ記事】

 豊川市にティラミス専門店『プティラ』OPEN

レアな動物たちに会える『アニマルクックズー』

素肌っぽさを出せる「プチプラベースメイク」3選

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ minaho、花井ゆり、大橋千珠、Ape Mamma Mia なんてこったバナナ研究所、株式会社米乃家、木村純子、ふる~つ果ふぇ、CUCURU編集部

※この記事は、2019年9月~2019年10月に取材した情報です。