CUCURU(ククル) > グルメ > お気に入りの1杯はどれ?名古屋にある「丼ランチがおいしいお店」8選

お気に入りの1杯はどれ?名古屋にある「丼ランチがおいしいお店」8選

画像:CUCURU編集部

皆さんはどんな丼が好きですか? お皿1杯で得られる満足感が丼ならではの魅力ですよね。

そこで今回は、名古屋市にある“丼ランチがおいしいお店”をピックアップしてご紹介します。

■1:一力

名古屋・熱田区『一力』

画像:河村弘子

続いては、熱田区に店を構える『一力』。中央卸売場本場内にあるということで、毎日市場で仕入れる新鮮な海鮮メニューが売りです。

麺類や丼などのメニューがなんと100種類以上もあり、どれを選ぶか迷ってしまいますね。

名古屋・熱田区『一力』

画像:河村弘子

そんな方におすすめなのが、コスパ最強の人気メニューである『海鮮ちらし丼』。

15種以上の魚が乗っているだけでなく、すべてのメニューの中で唯一“酢めし”を使っているということで人気なんですよ。海鮮もご飯もたっぷりで大満足の1杯です。

朝6:00から20食限定での販売となっているため、ランチ前には売り切れてしまうそう。食べてみたい方はぜひおはやめに足を運んでくださいね。

<店舗情報>
一力
住所:愛知県名古屋市熱田区川並町2-22 名古屋中央卸売市場内
アクセス:名古屋市営地下鉄名古屋港線日比野駅より徒歩10分
電話番号:052-671-2417
営業時間:4:40~14:30
定休日:日曜日、祝日、水曜日不定休(市場休業日に準ずる)
駐車場:なし(近隣コインパーキングをご利用ください)

 

■2:天ひろ

名古屋・北区『天ひろ』

画像:サリー

北区にある天ぷら屋さん『天ひろ』では、とてもおいしい天ぷらや天丼がリーズナブルに味わえるお店。ランチだとさらにコスパがいいメニューが揃いますよ。

名古屋・北区『天ひろ』

画像:サリー

そのなかでも絶対おすすめしたいのが『上天丼ランチ』。なんと揚げたての天ぷらが2度味わえるメニューになっているんですよ。

このランチは“壱の揚”と”弐の揚”に分かれていて、まず壱の揚である天丼が出てきます。筆者がいただいたときは海老2匹・キス・ナス・南瓜・シシトウが乗っていました。甘辛いタレがご飯に浸みて美味!

天丼の次は弐の揚として穴子・蓮根・大葉・海苔の天ぷらが登場しましたよ。弐の揚も希望すれば天丼にしてくれます。

2度おいしい天丼を皆さんもぜひ食べてみてくださいね。

<店舗情報>
天ひろ
住所:愛知県名古屋市北区上飯田西町2-21
電話番号:052-917-2311
営業時間:11:00~14:00、17:00~21:00
定休日:日曜日

 

■3:白肉屋

大須・白肉屋

画像:大橋千珠

中区・大須にある『白肉屋』は、世代を問わずたくさんのお客さんでにぎわうお店。

おいしいお肉を使った丼ランチが人気ということで早速ご紹介します!

大須・白肉屋

画像:大橋千珠

こちらが特に人気の『ステーキ丼』。追加料金でサラダと味噌汁を頼みましたよ。

大盛りがおすすめということで、筆者も大盛りにしてもらいました(※ 写真は撮影用のためにご飯少なめになっています)。

甘めのタレが使われており、お肉がやわらかくて絶品です。レアで焼かれたステーキの断面が食欲をさらに誘いますね。

他にも『ホルモン丼』や『豚生姜焼き丼』などがありますよ。ぜひ気分に合わせて好きな丼を頼んでみてくださいね。

<店舗情報>
白肉屋
住所:愛知県名古屋市中区大須2-32-24
電話:052-223-1919
営業時間:11:30~14:00、17:30~23:00(L.O.22:30)
定休日:不定休

 

■4:Red Rock(レッドロック)

大須・レッドロック

画像:大橋千珠

『Red Rock(レッドロック)大須まねき猫店』は中区・大須にあるローストビーフ丼のお店。

レッドロックは全国展開もしている超人気店で、お肉もりもりな丼ぶりが魅力です。

大須・レッドロック

画像:大橋千珠

筆者は一番人気の『ローストビーフ丼』。中のご飯が見えないくらいローストビーフが高く積みあがっています。その数なんと10枚!

アメリカンビーフを低温でじっくり火入れしたローストビーフは、旨みを一番感じられる状態で提供しています。玉ねぎが入ったタレと絡んで絶妙なおいしさです。

大盛りでも食べられちゃいそうなほどの味わい深さを、ぜひ皆さんも堪能してくださいね。

<店舗情報>
Red Rock(レッドロック)大須まねき猫店
住所:愛知県名古屋市中区大須3-31-42 ニチユウビル2F
電話:052-251-5300
営業時間:11:30~23:00(L.O.22:00)
定休日:年中無休

 

■5:生姜ダイニング JINGER (ジンジャー)

生姜ダイニングJINGER【名古屋・金山】

画像:minaho

続いては、金山にあるおいしい生姜料理専門店『生姜ダイニングJINGER』。

『木村農園』でこだわって作られた“金時生姜”を使った、おいしい料理が並びます。

生姜ダイニングJINGER【名古屋・金山】

画像:minaho

筆者は『生姜焼き丼ぶり』を注文しました。ボリュームたっぷりのご飯に生姜焼きと生姜もどっさりと乗っています。ボリューミーな丼ですが、ペロリと食べられちゃいましたよ。

自家製生姜ドレッシングのかかったサラダは、ランチ時の注文でついてきます。また、常にあるわけではないのですが、生姜の福神漬けがついてくるときも! 出会ったらその日はラッキーな気分になれそうですね。

金山に訪れた際は、『生姜ダイニングJINGER』の丼ぶりを食べていってくださいね。

<店舗情報>
生姜ダイニング JINGER (ジンジャー)
住所:愛知県名古屋市中区金山1-14-9 長谷川ビルB2F
アクセス:地下鉄名城線・名港線 金山駅直結
電話番号:052-339-5011
営業時間:ディナー17:00~24:00、ランチ(土日のみ)11:30〜14:30
定休日:火曜日
駐車場:なし(近隣にコインパーキングあり)

 

■6:華月 丼丸

華月 丼丸 広路通店【名古屋・川名】

画像:minaho

海鮮丼をお値打ちに食べるなら昭和区・川名にある『華月 丼丸』に。

テイクアウト専門店で、なんと80種類以上もメニューがあるんですよ。

華月 丼丸 広路通店【名古屋・川名】

画像:minaho

筆者は『新どんまる丼』を注文。まぐろ、イカ、サーモン、イズミダイ、ネギトロといったさまざまなネタが乗っていましたよ。

他にも一つの具材だけが乗ったものや季節や期間限定や日替わり、週替わりの丼もあって気分に合わせて選ぶことができます。

赤だしやお吸い物も売っているので、海鮮丼のお供にぜひ買っていってくださいね。

<店舗情報>
華月 丼丸 広路通店
住所:愛知県名古屋市昭和区広路通4‐7 川奈ハイツ107
電話:052-858-3370
営業時間:11:00~14:00、16:00~20:00
定休日:火曜日、第2・第4木曜日
アクセス:地下鉄鶴舞線 川名駅から徒歩5分

 

■7:bistro 那古野

bistro 那古野 【名古屋・中区】

画像:大橋千珠

名古屋といえば味噌カツ! 名物を丼にして味わえるのが中区にある『bistro 那古野』。

地下鉄名城線 市役所駅の近くにあり、店内も落ち着いた雰囲気で過ごしやすいですよ。

bistro 那古野 【名古屋・中区】

画像:大橋千珠

こちらがその『味噌カツ丼』です。臭みが少なく、キメの細かい肉質が特徴の、愛知家田原市の“保美豚”を使用しています。

さっぱりした脂身で肉は歯切れがよく、噛むほどに旨みが口の中に広がります。

味噌カツ丼はランチ限定で、30食なので売り切れることも多々あるそう。食べたい方は、平日のオープン直後を目指して行くのがおすすめですよ。

<店舗情報>
bistro 那古野
住所:愛知県名古屋市中区二の丸1-3
電話番号:052-212-7385
営業時間:11:00~15:00(L.O.14:30)、17:00~22:00(L.O.21:00)
定休日:年中無休(名古屋城の休業日に準ずる)
駐車場:100台程(名古屋城の有料駐車場。東門駐車場がお店に近いです)

 

■8:まち野寿司

名古屋・中川区『まち野寿司』

画像:サリー

最後にご紹介するのは、知る人ぞ知る、創業43年の老舗お寿司屋さん『まち野寿司』。

中川区にあるこちらは、安くておいしいお寿司が食べられるんですよ。古風な外観ですが、インスタの案内が載っていたり、お品書きがタブレットだったりとハイテクな一面もあって面白いですよ。

画像:サリー

筆者は『夏穴子ずくし』を注文。穴子の天とじ丼と穴子握り1貫+他3貫が同時に味わえる贅沢なメニューになっています。

穴子の天とじ丼は、揚げたての穴子がダシの効いた玉子とじの上に乗っていて、サクサクした食感に穴子の旨みが凝縮されてとっても美味!

にぎり寿司も穴子・マグロ・キス・玉子が入っていて、特に旬だった穴子は脂が乗っていてとろけるおいしさでした。

お値打ちでも味は一級品! 職人の技が光る『まち野寿司』の料理をぜひ食べてみてくださいね。

<店舗情報>
まち野寿司
住所:愛知県名古屋市中川区大畑町1-15
電話番号:052-353-0865
営業時間:月~土 11:00~21:00、日・祝 11:00~20:00
定休日:火曜日、月1~2回不定休

 

いかがですか?

がつがつ食べたくなるような、おいしい丼ランチをご紹介しました。

気になるお店を見つけて、足を運んでみてくださいね。

【おすすめ記事】

名古屋駅『カフェロブ』のふわしゅわパンケーキ

愛知初上陸『グラグラナゴヤ』の映えスイーツ

ダイソーの『フォトジェニックシート』が超使える

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ 河村弘子、サリー、大橋千珠、minaho、CUCURU編集部

※この記事は、2018年4月~2019年5月に取材した情報です。