CUCURU(ククル) > ライフスタイル > デニムウェディングもアリ!? 話題の「イマドキ人気結婚式スタイル」をご紹介!

デニムウェディングもアリ!? 話題の「イマドキ人気結婚式スタイル」をご紹介!

photo by author

即位礼正殿の儀が執り行われ、その古式ゆかしい日本の儀式に世界が注目をしていましたが、結婚式のマナーというものは昔から存在します。

スカートは膝が見えない丈、白の服は厳禁、肩を出すのは控えるなど……。

しかしその一方で、最近はあまり決まりにとらわれないスタイルのカジュアルウェディングをされる方も増えているのも事実。

その中で今、結婚式のテーマに合わせてドレスコードを設定して楽しむカップルのウェディングに注目してみました。

今日は子連れでのファミリーウェディングを挙げた筆者が、今どきのオシャレで楽しい結婚式とドレスコード設定についてお伝えします。

結婚式でドレスコードを設定する時のメリット・デメリット

最近話題の結婚式でのドレスコードですが、筆者も結婚式の時に設定するかどうか非常に悩みました。

筆者が感じるメリット・デメリットはそれぞれ以下の通りです。

◆メリット

・式場全体に一体感が出る

・ゲストにファッションを楽しんでもらえる

・ゲストの思い出に残りやすくなる

◆デメリット

・親族などの年配の方に良い印象を与えないことも

・ゲストに新たに服を買わせてしまうことにも

・変わったドレスコードだとゲストを混乱させる

筆者は悩みに悩んだあげく、来賓者へドレスコードを設定することにしました。最初に考えていたのは“ボーダー”だったのですが、やはり持っていない方には新たに買わせる結果になってしまうので、最終的に“Color”にしました。

黒以外の明るい色で来てほしいという設定です。それなら何かしら手持ちのもので来てもらえるかなと思いますし、式場が明るくなると思います。

子連れウェディングの場合、明るくPOPな結婚式にするとファミリー感が出てオススメです。

 

超オシャレ!デニムウェディング!

photo by author

ビビアンスーのデニムでのウェディングフォトが以前話題になっていましたが、オシャレさんの間で密かに話題になっている“デニムウェディング”。

筆者の友人も最近このデニムウェディングを挙げたとのことで、ご紹介します。

新郎は挙式の時にはタキシードだったようですが、披露宴からこのようにデニムonデニムのスタイルで登場したそうです。

photo by author

photo by author

こちらはフォトブース。アンティーク調の中でのデニムがとても映えます。

photo by author

ゲストのテーブル花ももちろんデニム! ゲストが何気に1番目につくところなので、ここもやはり2人の結婚式のテーマに合ったお花と演出でこだわりたいポイントです。

子連れウエディングなら赤ちゃんの衣装をデニムにするのも可愛いですね!

 

いかがでしたか?

ドレスコードの設定は何にするかでゲストを喜ばせるか困らせるかのどちらかに傾きます。

設定する際の注意点としては、個性が強すぎる変わりすぎた設定は、トラブルの元にになりかねないので避けましょう。

子連れウェディングならやはり明るい方が良いと思うので、“花”とか“キラキラ”というようなものもオススメです!

 

【画像】
※ 著者提供