CUCURU(ククル) > グルメ > 江戸時代の食事処!? 三重・亀山市『喫茶 山石』のわらじかつ重が旨い

江戸時代の食事処!? 三重・亀山市『喫茶 山石』のわらじかつ重が旨い

喫茶 山石【三重県・亀山市】

画像:Miho

江戸時代後期に建てられた建築物が今もなお残る、関宿。まるでタイムスリップしたかのような雰囲気で、観光地としても人気です。

観光地に行くと、どこでご飯を食べたら良いのか悩みませんか?

そこで、関宿で31年続く人気店『喫茶 山石』をご紹介します。

■『喫茶 山石』

喫茶 山石【三重県・亀山市】

画像:Miho

喫茶 山石【三重県・亀山市】

画像:Miho

JR 関駅から徒歩5分です。駐車場もあるので、車での来店も可能です。

お店の目の前には、『百五銀行』があります。大きな看板が出ているので、わかりやすいと思います。

店先の食品サンプルも良い味を出していますよね。

こちらのお店では、和洋中さまざまなメニューが取り揃えられています。何を頼むか悩んでしまいますね。

 

■ノスタルジックな雰囲気の店内!

喫茶 山石【三重県・亀山市】

画像:Miho

喫茶 山石【三重県・亀山市】

画像:Miho

喫茶 山石【三重県・亀山市】

画像:Miho

店内の電球はオレンジ色で、どこか懐かしい雰囲気のお店です。

店内には、たくさんの骨董品が並べられています。椅子や鏡など、どこを見ても味がありますよ。

 

■『喫茶 山石』名物!わらじかつ重

喫茶 山石【三重県・亀山市】

画像:Miho

『喫茶 山石』名物の『わらじかつ重』です。お値段は850円です。

その名の通り、わらじの形をしたかつが2枚乗っています。大きさは15cmほどで、子どもサイズのわらじです。

お肉は三重県津市の人気精肉店、『朝日屋』のお肉を使用されています。程よく脂身がある、とってもジューシーな豚肉です。

うなぎのタレのような甘辛いタレがたっぷりとかかっており、ご飯がどんどんすすみます。

店内にいたほとんどのお客さんがこのわらじかつ重を注文していました。

 

いかがでしたか?

お店の方もアットホームに出迎えてくれ、また帰ってきたくなるような雰囲気のお店ですよ。

関宿に行った際には、『喫茶 山石』で『わらじかつ重』を味わってみて下さいね。

<店舗情報>
喫茶 山石(きっさ やまいし)
住所:三重県亀山市関町中町521
営業時間:月~金11:00~14:00、土・日・祝8:00~21:00
定休日:第三火曜日
アクセス:JR 関駅より徒歩5分
駐車場:あり

【おすすめ記事】

『チャノン』の100万杯売れたドリンクって?

大須『フルーツハウス』の絶品フルーツサンド

美人度UP!「大人の上品カラコン」5つ

ハッピーな商品大放出の通販特番(AD

【画像】
※ Miho

※ この記事は、公開日時点の情報です。