CUCURU(ククル) > グルメ > ちょっと足を伸ばして…三重・四日市で楽しむ「癒しの素敵カフェ」7選

ちょっと足を伸ばして…三重・四日市で楽しむ「癒しの素敵カフェ」7選

画像:CUCURU編集部

ときには、日々を頑張る自分へのおもてなし。カフェで癒しの時間を過ごしませんか? おしゃれな空間で、おいしい食事やスイーツをいただきたいですね。

今回注目するのは、三重県四日市市。素敵なカフェは愛知県だけではありませんよ。

そこで今回は、以前CUCURUでご紹介したお店の中から、三重県四日市市のおすすめカフェをピックアップしてご紹介します。

■1:haco Green shop & Little cafe(ハコ)

画像:池畑美鈴

最初にご紹介するお店は、『haco Green shop & Little cafe(ハコ)』。

ベージュと緑のコンテナの中は、右手がカフェスペース、奥がグリーンショップのスペースになっています。お店の外も中もグリーンがいっぱい!

画像:池畑美鈴

『サワークリームチーズケーキ』は、人気メニュー。さっぱりとしたおいしさで、口の中で軽く溶けるような食感です。

『珈琲(ホット)』は、味のあるオリジナルのカップで。苦みが少なく飲みやすい印象です。

店長さんと相談しながら、お気に入りのグリーンを見つけるのも楽しいですよ。

<店舗情報>
haco Green shop & Little cafe(ハコ)
住所:三重県四日市市中浜田町3-20
電話番号:080-6962-7628
営業時間:10:00~19:00(※ 日によって変更がありますので、お店のInstagramをご確認ください)
定休日:月曜・不定休(※ お店のInstagramをご確認ください)
駐車場:有(5台)

 

■2:カフェ レコンフォール

画像:池畑美鈴

次にご紹介するのは、『Cafe Reconfort(カフェ レコンフォール)』。

店内は“クール”なイメージを軸としながらも、木材のあたたかみも感じられます。

画像:池畑美鈴

『プレミアムブレンド』は淹れ方をセレクトします。(淹れ方によって価格は異なります。)マグカップにたっぷり入っているのがうれしいですね。

コーヒーと合わせていただきたいのが、季節によって変わる『気まぐれケーキ』。取材した時期は、『パイナップルのベイクドチーズケーキ』でした。

コーヒー豆を購入することもできますよ。豆の種類は30種類以上。生の状態で並んでいるのが、おいしさの秘密なんですって。

<店舗情報>
Cafe Reconfort(カフェ レコンフォール)
住所:三重県四日市市日永西3-3-20
電話番号:059-340-3550
営業時間:10:00~18:00
定休日:火曜・不定休
駐車場:有(5台)

 

■3:アイズカフェ

画像:池畑美鈴

続いてご紹介するのは、『I’s cafe(アイズカフェ)』。

白を基調とした店内で、華やかなドライフラワーの装飾がひときわ目を引きます。色の鮮やかさから、一見生花だと勘違いするお客さんも多いのだとか。

画像:池畑美鈴

定番人気の『I’s ランチ』。沖縄県出身の店長さんの「体にいいものを提供したい」という想いが詰まっています。

ごはんは、沖縄県西表島から仕入れた黒米ともち麦を合わせた雑穀米。お客さんにも食べやすいと好評だそうです。野菜たっぷりのサラダには、ゴーヤも入っていますよ。

ハーブティーは13種類と豊富。リフレッシュに最適です。

<店舗情報>
I’s cafe(アイズカフェ)
住所:三重県四日市市新正3-17-6 1F
電話番号:059-327-5210
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日
駐車場:あり(9台)

 

■4:石窯パン・和みカフェ ゆるり

画像:池畑美鈴

続いてご紹介するのは、『石窯パン・和みカフェ ゆるり』。

昭和元年に建てられた古民家を改修してできたこちらのお店。まるで“おばあちゃんの家”に遊びに来たような、あたたかくホッとする場所です。

石窯パン・和みカフェ ゆるり【三重県・四日市市】

画像:池畑美鈴

『サービスモーニング』は、焼き立てプレーンパン1個とバター、自家製ジャム(あん、またははちみつにも変更可能)にドリンク付き。シンプルなメニューながら、「焼き立てパンがおいしい」とお客さんにも人気です。

厨房の石窯で焼いたパンは、ふわふわモッチモチ! そのままパンだけを食べても、さっぱりとした甘さの自家製ジャムとあわせてもおいしいです。

店内奥には畳の部屋があり、靴を脱いでくつろげば、ついつい長居したくなりますよ。

<店舗情報>
石窯パン・和みカフェ ゆるり
住所:三重県四日市市広永町1153
電話番号:059-364-7765
営業時間:9:00~18:00
定休日:日曜日、月曜日、火曜日(臨時休業はホームページなどでご確認ください)
駐車場:あり(店舗前7台、第2駐車場10台)

 

■5:ペジーブル

flower&cafe Paisible(ペジーブル)【三重県・四日市市】

画像:池畑美鈴

花屋とカフェが一つになった素敵なお店、『flower&cafe Paisible(ペジーブル)』。

入口すぐは花屋のスペース。緑や赤の色彩が目に映ります。奥がカフェスペースです。

flower&cafe Paisible(ペジーブル)【三重県・四日市市】

画像:池畑美鈴

『薬膳ペジメシ』(税込900円)は、食前酢・薬膳菜3種・十六穀米・本日のスープ・1の皿・2の皿・ドリンクと、盛りだくさんの内容です!

メニューは週替わり。それぞれの食材の美味しさを活かしたやさしい味です。素材の甘みや食感に発見がありますよ。

毎月フラワーレッスンを開催していて、パリスタイルを中心としたアレンジメントやブーケを学ぶことができます。チェックしてくださいね。

<店舗情報>
flower&cafe Paisible(ペジーブル)
住所:三重県四日市市西日野町1871-190
電話番号:059-321-2878
営業時間:10:00~16:00
定休日:不定休
駐車場:あり(20台)

 

■6:ハードバップコーヒー

Hard Bop Coffee(ハードバップコーヒー)【三重県・四日市市】

画像:池畑美鈴

続いてご紹介するのは、『Hard Bop Coffee(ハードバップコーヒー)』。

コーヒースタンドと言うと、“コーヒーこだわり派の男性が通う店”というイメージもありますが、女性も気軽に立ち寄れるお店です。

Hard Bop Coffee(ハードバップコーヒー)【三重県・四日市市】

画像:池畑美鈴

こちらは、『ケーキセット』。『クッキー&クリームチーズケーキ』をチョイスしました。

コーヒーは自家焙煎。取材した日の『本日のコーヒー』はコロンビア産でした。とても飲みやすい味です。ソーティングと言って、欠点のある豆を取り除く作業を行っているので、えぐみがないのも特徴です。

コーヒー以外のドリンクも充実していますよ。あなたは何を飲みますか?

<店舗情報>
Hard Bop Coffee(ハードバップコーヒー)
住所:三重県四日市市新正2-15-6
電話番号:059-340-7708
営業時間:火・水・金・土11:00~20:00、月・日・祝11:00~18:00
定休日:木曜
駐車場:有(3台)

 

■7:レコンパンス

画像:池畑美鈴

最後にご紹介するお店は、『RECOMPENSE cafe & cuisine(レコンパンス)』。

店内のインテリア・メニューのラインナップ・料理の盛り付けなど、どれもおしゃれで、女心をくすぐるポイントがたくさん! 実際、お客さんの9割が女性だそうです。

RECOMPENSE cafe & cuisine(レコンパンス)【三重県・四日市市】

画像:池畑美鈴

土日限定のモーニングをご紹介します。一番人気は、『レコンパンスのエッグベネディクト』。

まずは、その見た目の美しさにテンションが上がります。ポーチドエッグをナイフで切ると、黄身がとろーりと溢れ出します。オランデーズソースと絡んで、おいしい!

店名の“RECOMPENSE”は、フランス語で“ご褒美”の意味。週末の朝、ちょっぴり贅沢気分を味わいませんか。

<店舗情報>
RECOMPENSE cafe & cuisine(レコンパンス)
住所:三重県四日市市十七軒町9-1
電話番号:059-351-6333
営業時間:月~金11:00~18:00、土・日8:00~18:00(モーニングは土・日のみ8:00~10:30)
定休日:水曜日
駐車場:あり

 

いかがですか。

日々の仕事や学業・家事を頑張る皆さんにこそ、おすすめしたいお店が揃いました。

三重県へお出かけの際には、ぜひ立ち寄ってくださいね。

【おすすめ記事】

 大須のバナナジュース専門店『モンキーバナナ』

全国で話題のタピオカ店『琥珀』が大須にOPEN

ダイソー『カレンダーシール&ステッカー』が秀逸

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※ 池畑美鈴、CUCURU編集部

※この記事は、2018年12月~2019年10月に取材した情報です。