CUCURU(ククル) > 今知りたい情報 > 風情ある紅葉スポット!名古屋・覚王山『揚輝荘』の秋の特別観賞会

風情ある紅葉スポット!名古屋・覚王山『揚輝荘』の秋の特別観賞会

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:揚輝荘

そろそろ紅葉の季節。ということで今回は、秋の散策にぴったりの名古屋・覚王山『日泰寺(にったいじ)』から歩いてすぐの、『揚輝荘(ようきそう)』をご紹介しましょう。

大正から昭和初期にかけて構築されたという『揚輝荘(ようきそう)』は、迎賓館としても使われていた風情ある建築物や庭園を持つ別邸です。

ちなみに今年は、一般公開はされていない『伴華楼(ばんがろう)』からの紅葉を楽しめる鑑賞会も、開催されますよ!

■『揚輝荘(ようきそう)』とは?

『揚輝荘(ようきそう)』は、大正から昭和初期にかけて“株式会社 松坂屋 初代社長 伊藤次郎左衛門祐民(いとうじろうざえもんすけたみ)”によって構築された別邸です。

完成時には約1万坪の敷地に多くの建築物や庭園を持ち、各要人や文化人たちを集める迎賓館としても使われていたそう。

現在は『聴松閣(ちょうしょうかく)』が公開されている南園と、庭園が美しい北園に別れており、見学することができますよ。

 

■多国籍が不思議な魅力の『聴松閣(ちょうしょうかく)』

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:木村純子

『日泰寺(にったいじ)』からすぐの南園では、迎賓館として使われていた『聴松閣(ちょうしょうかく)』を見学できます。料金は、一般(高校生以上)300円、市内在住の高齢者(65歳以上)100円、中学生以下無料。

ちなみに、10月22日(火)は、『聴松閣(ちょうしょうかく)』を無料で見学できるそう。

中に入ると、べんがら色で塗られている山荘風の建物の壁を、見ることができます。当時としては、斬新なデザインだったことでしょう。

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:木村純子

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:木村純子

地下から2階までの各部屋は、各国様式がミックスされ、不思議な魅力にあふれています。

パンフレットや見どころが書かれたチラシが用意されているので、それを参考にしながら回ってみてくださいね。

ガイドさんと一緒に回り、建物にまつわる歴史や意匠をより詳しく知ることもできます。ガイドは毎日10:00~15:00(12:00を除く)の毎時0分スタート、所要時間は40分です。

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:木村純子

1階の食堂では、レトロな雰囲気を楽しみながらコーヒーや紅茶で、ティータイムを楽しむこともできますよ。

 

■秋には紅葉を楽しめる北園が魅力的

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:木村純子

南園から細い通路を抜けてすぐに、庭園の美しい北園があります。

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:木村純子

北園の『伴華楼(ばんがろう)』は、昭和4年に鈴木禎次(すずき ていじ)の設計により尾張徳川家ゆかりの座敷を移築し、洋室等を加えて建築された和洋折衷の建物です。

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:揚輝荘

アールデコ様式デザインの1階など、貴重な建造物のため一般公開はされていませんが、予約見学会を水曜日と土曜日に開催しています。

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:揚輝荘

渡り廊下の引き戸の風通し窓など、趣向が凝らされている『伴華楼(ばんがろう)』。紅葉の季節には、さらに美しい景色を楽しめますよ。

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:揚輝荘

紅葉が浮かぶ池にかかる“白雲橋(はくうんきょう)”や、屋根の下にある“龍の天井絵”、手掘りの“白木疑宝珠(ぎぼし)”など見どころがたくさん。

名古屋・覚王山『揚輝荘(ようきそう)』

画像:揚輝荘

運が良ければ、池に浮かぶ日泰寺の姿をカメラに収めることができますよ。

 

■『南北庭園を巡る秋の特別観賞会』を開催!

『揚輝荘(ようきそう)』特別企画として、一般非公開の『伴華楼(ばんがろう)』2階座敷からの紅葉観賞会が2019年11月26日(火)~12月1日(日)に開催されます。

ガイドと一緒に、南園の『聴松閣(ちょうしょうかく)』と庭園、北園の『伴華楼(ばんがろう)』を巡り紅葉を楽しむ観賞会です。要予約で定員になり次第、受付終了となります。

『南北庭園を巡る秋の特別観賞会』及び、水曜・土曜の『伴華楼(ばんがろう)』見学は、電話にて予約を受け付けているそう。詳しくは、公式サイトにてご確認くださいね。

 

いかがですか。

迎賓館として、華やかな時代を経た風情ある『揚輝荘(ようきそう)』。ぜひ秋の散策に訪れてくださいね!

 

<施設情報>
揚輝荘(ようきそう)
入場料:一般(高校生以上)300円/市内在住の高齢者(65歳以上)100円/中学生以下 無料
住所:愛知県名古屋市千種区法王町2丁目5番地17(南園)、21(北園)
電話:052-759-4450
営業時間:9:30~16:30
定休日:月曜日(祝日の場合はその直後の平日)、年末年始(12月29日~1月3日)
駐車場:無(近隣にコインパーキング有)
公式サイト:https://www.yokiso.jp/

【おすすめ記事】

5つ星級のおいしさ!? 『スピコ』の黒糖生タピオカ

伊勢神宮にも奉納された『穂のか』の食パン

大人も夢中になる『カルテット』の知育玩具とは

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※揚輝荘、木村純子

※ この記事は、公開日時点の情報です。