CUCURU(ククル) > グルメ > スガキヤ&岐阜タンメン&ふくろう!有名店「コラボ鍋つゆ」3品食べ比べ

スガキヤ&岐阜タンメン&ふくろう!有名店「コラボ鍋つゆ」3品食べ比べ

有名ラーメン店とコラボした絶品鍋つゆ3選

画像:大橋千珠

このところ一気に寒くなってきましたよね。そんなとき、「温かいものを食べたい!」という方も多いのではないでしょうか?

スーパーにはたくさんの鍋つゆが並びますが、毎年新しい鍋つゆを見かけますよね。

ということで今回は、東海の名ラーメン店『辛みそラーメンふくろう』『岐阜タンメン』『スガキヤ』がそれぞれ監修している3種類の鍋つゆをご紹介します!

■1:スガキヤ監修『和風とんこつ鍋つゆ』

スガキヤ監修『和風とんこつ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

“キャベツ”がおすすめの野菜ということで、土鍋の下にはぎっしりの“キャベツ、水菜、ネギ、にんじん、ブナシメジ”を入れました。とんこつ系には豚バラがよく合いますね。

スガキヤ監修『和風とんこつ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

実際に食べてみると、『スガキヤ』の鍋つゆに豚バラ肉の旨味がしみ込んで、野菜がおいしく食べられました!

日頃は水菜を食べない筆者の子どもたちも、水菜をパクパク食べていました。『スガキヤ』のラーメンが好きな子どもたちに、野菜をたっぷり食べさせるにはおすすめの鍋つゆですね!

スガキヤ監修『和風とんこつ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

シメは、レンジでチンできるタイプの冷凍麺を。

スガキヤ監修『和風とんこつ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

細めのコシのある麺で、スープの絡みがよく、筆者の子どもたちもおいしそうに食べていましたよ。ぜひ試してみてくださいね!

 

■2:岐阜タンメン監修『塩タンメン鍋つゆ』

岐阜タンメン監修『塩タンメン鍋つゆ』

画像:大橋千珠

タンメン専門店『岐阜タンメン』が監修した、『塩タンメン鍋つゆ』。

『岐阜タンメン』といえば、岐阜県をはじめ愛知県にもたくさんお店があります。塩だしのスープがベースで野菜や豚肉、ニンニクの旨味を合わせたタンメンで、人気のラーメン屋さんですよね。

どんな鍋つゆになったのか、気になる方も多いでしょう。

岐阜タンメン監修『塩タンメン鍋つゆ』

画像:大橋千珠

筆者は、おすすめの野菜の“白菜、にんじん、ネギ、もやし”を入れました。土鍋にぎっしりと、野菜を詰め込みましたよ。

岐阜タンメン監修『塩タンメン鍋つゆ』

画像:大橋千珠

いざ実食してみると、濃厚な味わいで、塩ベースなので、濃すぎることなくあっさりといただけました!

でもその中には、旨味がしっかり入っているので、食べ終わったときの満足度が高いですよ。

岐阜タンメン監修『塩タンメン鍋つゆ』

画像:大橋千珠

シメには鍋用のラーメンを入れました。乾燥麺なので、常温で保管できるのも便利ですね。

岐阜タンメン監修『塩タンメン鍋つゆ』

画像:大橋千珠

鍋の後半でラーメンを入れれば、少しするとほぐれます。

岐阜タンメン監修『塩タンメン鍋つゆ』

画像:大橋千珠

鍋つゆにたっぷりの野菜の旨味が染み込んで、ラーメンに絡み、とってもおいしいですよ!

 

■辛みそラーメンふくろう監修『辛みそ鍋つゆ』

辛みそラーメンふくろう監修『辛みそ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

名古屋市北区に本店のあるラーメン屋さん、『辛みそラーメン ふくろう』。

最近では、名古屋駅や栄、八事など今はいろんな場所で、『辛みそラーメンふくろう』のラーメンを食べられるようになりました。

辛みそラーメンふくろう監修『辛みそ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

そんな人気のお店『辛みそラーメンふくろう』の鍋つゆに、筆者は“ネギ、水菜、にんじん、白菜、豆苗”をたっぷり入れました。

辛みそラーメンふくろう監修『辛みそ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

旨味の強い味噌つゆの中に、ピリッとした辛味を感じるおいしい鍋つゆ。

多少クセの強い野菜も、辛みそ鍋つゆの味でコーティングされるので、おいしく食べられますよ!

辛みそラーメンふくろう監修『辛みそ鍋つゆ』

画像:大橋千珠

シメはご飯にしました。野菜や豚肉の旨味をしっかり吸ったつゆが、ご飯に絡んでおいしいですよ!

 

いかがですか?

いろいろある鍋つゆですが、ラーメン屋さんの監修の鍋つゆは、お家でお店の味を思い出せるようなものばかり。

つゆ自体がおいしいため、野菜をおいしく食べられるのもうれしいところ。これからの時期、筆者の家でもこれらの鍋つゆの登場頻度が増えそうです!

ぜひみなさんも、自宅で試してみてくださいね。

【おすすめ記事】

5つ星級のおいしさ!? 『スピコ』の黒糖生タピオカ

伊勢神宮にも奉納された『穂のか』の食パン

大人も夢中になる『カルテット』の知育玩具とは

「御園座」できいた歌舞伎を楽しむ方法(AD)

【画像】
※大橋千珠

※ この記事は、公開日時点の情報です。